2009年03月31日

安藤美姫の不死鳥伝説

ここ 1 ヶ月、何に焦点を絞って記事にすればいいのか迷いに迷った。
頭の中のキーワードは、次から次へと浮かんでは消えの繰り返しで、
結局、前回から今回まで大きく間隔が空いてしまった。
確信がないから決めかねる、迷いの構図にすっぽりハマってしまった 1 ヶ月だった。


2009 世界選手権( LA 開催 )女子 SP は日本時間 28 日早朝に行われた。
「 The Chairman's Waltz 」(映画「 SAYURI 」より)
冒頭の 3 Lz+3 Lo に手痛いダウングレードをとられるも、
その他のエレメンツには取りこぼしがなく、
チェンジフット・コンビネーションスピン、
スパイラルでは Lv 4 というほぼ完璧な演技。
なかでもステップは今や云い尽された感もあるが、
儚くも懸命に生きる花の芯の強さを、
女性らしい柔らかな腕の使い方と表情で情感たっぷりと表現してみせた。
静かな、少し暗いイメージさえある「 The Chairman's Waltz 」を
ここまで見事に表現できるのは安藤選手をおいて他にないだろう。

内なるものを表現するには、人としてそれ相当の経験がなければ難しいものだ。
技術面で壁に当たったり、思うように評価されないことくらいで、
外野は簡単に「試練」などと大袈裟に云うが、
そんなことはアスリートなら誰でも、多かれ少なかれ味わう洗礼のようなものだ。
だが本当の「試練」というのは、大舞台での惨敗や、
選手生命の存続に影響を及ぼすような大きな怪我などをいう。
そんな試練を、慟哭の暗い闇を、幾度となく乗り越えてきた安藤選手だからこそ
表現し得た「 The Chairman's Waltz 」であったと思う。
滑り終えた安藤選手の気品に満ちた穏やかな横顔は最高に美しかった。

翌 29 日(日本時間、午前)FS 。
前日の SP で 4 位につけた安藤選手の PG は「交響曲第 3 番オルガン付き」
3 Lo が回転不足になった以外は、すべてのジャンプを完璧にこなし、
スピン、スパイラル、ステップも Lv 3 〜Lv 4 を並べるノーミスの演技。
SP 同様、ステップでの気迫のこもった表情に引き込まれた。
何よりもジャンプには安定感が感じられた。
ヴァイオリンの旋律にのって、荘厳な楽曲に負けない圧巻の演技は、
最後のポーズをとり終えた時、
昨年の悔しかった想いを振り払うように少し涙を溜めた目で笑顔になった。
本当に嬉しそうな笑顔だった。

当初予定された 2 連続 3 回転と 4 回転は回避したが、
PCS では 5 項目中、3 項目で 8 点台という高い評価を得て、
FS の SCORE を 126.26 とし SB を出した。
結果、190.38 となり銅メダルを獲得し、表彰台に上ることができた。
今大会では来季のオリンピック出場枠がかかっていたのだが、
安藤選手は日本人代表としての重責を果たし、バンクーバーへの「 3 」を確保した。

さて。
今シーズン、改めてつくづく感じたことは PG における楽曲の重要性だ。
SP でいうとキム・ヨナ選手の「死の舞踏」
FS であれば浅田選手の「仮面舞踏会」などは、面白い CHOICE であったといえる。
音楽だけでも聴き応えがあり、観衆を味方につける。
judge に対してもまた然りで、演技だけではなく
楽曲もまた PG というひとつのパッケージで見た場合、非常に大切なのだ。
来季の安藤選手の PG がどうなるかが、興味深いところだが、
「 Bolero 」が今シーズンの EX 、ショーで見納めとなってしまうのは、
たいへん残念で、もったいないように思えてならない。


安藤選手が今季、大崩れすることなく、
GP ファイナルを除いた試合すべてで表彰台に立てたのは、
「日常の感情の浮き沈みをスケートに出さないこと」を心がけたからだという。
よく、心の弱さがリンクの上で出てしまうと口にしていたが、
感情を抑えて、心をコントロールできたから、安定した成績も残せたというのだ。
だが、こうも云っていた。
「滑っていて何も感じない」
「自分の心が見えて、それを演技にするのが生きがい」

私はこの言葉を聞いてから、ずっと考えていた。
安藤選手は今もまだ暗闇の中で、もがいているのではないかと。
「光」はまだ遠くにしか見えないのではないかと。

人は迷う。
迷いの中に光を見つけ出そうと懸命にもがく。もがき苦しむからこそ強く成長する。
この先、「迷いのない 1 年にしたい」とつぶやいた瞳の奥に、
不安と向き合いながら、闘いに挑む安藤選手の本当の強さを見たような気がした。


私は今季を、どん底から這い上がる「リハビリシーズン」と勝手ながら位置付けした。
そして、4 回転の練習が報われることと、
大きな怪我をせず無事にシーズンを過ごせることを願った。
結果、GPF でダウングレードをとられたとはいえ 4 回転を見事に着氷してみせた。
怪我はなかったとは残念ながら云えないが、
それに負けないトレーニングの成果もあった。

正念場である来シーズン。
さらに成長し続ける安藤選手の本物の「不死鳥伝説」を見たい。


posted by マキティ at 00:02| Comment(14) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

2009 世界選手権

2009 世界選手権( Los Angeles 開催 )安藤選手の結果

SP 64.12 で 4 位

3 Lz+3 Lo <
3 F
2 A
SpSq 4
FSSp 3
SlSt 3
CCoSp 4
LSp 2


FS 126.26 は 2 位

3 Lz+2 Lo
2 A+3 T
3 S
CCoSp 4
SpSq 4
3 Lo <
3 Lz
3 T+2 Lo+2 Lo
2 A
FSSp 3
SlSt 3
FCoSp 4

TOTAL SCORE 190.38 となり銅メダル獲得
2010 オリンピックの出場枠「 3 」を確保することに貢献した

詳細は後日に



posted by マキティ at 15:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。