2009年06月23日

ラウンジ 安藤美姫 #220

「ファンの人の言葉はすごく力にもなるし、
スケートを辞めたいと思った時もネットを見てすごく元気になった。
アメリカには周りに日本人がいないので、
ラウンジを見て、けっこう淋しいのをしのいだこともあったし、
応援していただいてもっと頑張ろうっていう気持ちにもなった。
最近は毎日ラウンジを見てメッセージも書いている。ちょっとお楽しみな時間。」
(フィギュアスケート・オフィシャル応援ブック 2006 の 16 ページから引用)

これは安藤選手がトリノ・オリンピックに挑む少し前に、
フィギュアスケート通信の「ラウンジ」についてコメントしたもので、
後に、07 世界選手権での優勝インタビューにおいても、
応援するファンへの感謝の意のなかに「スケートのラウンジっていうサイト」
という言葉で表現している。

そのラウンジが 5 月 31 日夜、何の予告もなく閉じられ、
アクセスできなくなった。


私が遅いネットデビューでラウンジに初投稿したのは、
優勝インタビューから随分日にちも過ぎた 07 の秋のことだった。
スケートファンが集まる掲示板、
安藤選手への応援メッセージを書き込むためのスレッドに、
その辺りの流儀も知らないで、挨拶もなしにいきなり、
自分の想いをぶつけるような書き込みをしたのが最初だった。

そこは、以前から長く書き込みをしている古参の方々、
優勝インタビューで一気に知名度が上がり集まってきた方々、
そして私のような新参者まで、大勢の安藤選手ファンが集い、
閑散としている他のスレッドを横目に、
それぞれの想いを、キーボードを打つ指に託して文章に仕上げ、
安藤選手のために何かしら力になりたいと綴られた膨大な量のメッセージが
集結するところであった。

純粋な気持ちをストレートにぶつけたもの、
技術や採点の仕方まで詳しく解説されたもの、
また、単純に情報として投稿されてくるもの、
内容は多岐にわたり、時には投稿者同士が互いの意向にそわず
議論に発展しながら、それでも、安藤選手のためにとの想いだけは共有していた。

また、嫌がらせや誹謗などもあり、殺伐とした様になることもあったが、
安藤選手が幾多の試練を乗り越えてきたように、
真摯なファンの多くは、心ない言葉に荒らされても共有した想いを大切にした。

ラウンジは選手ごとにスレッドが立てられていたが、
冒頭で記したように、安藤選手自身が書き込みをすることもあり、
他の選手への投稿数に比べて格段に多かった。
220 にも及ぶ、ブッチギリのページ数で。

安藤選手は忙しい身でありながら、ファンとの交流を大切にし
ジュニアの頃から今年の 1 月 25 日まで、何度となく書き込みをしてきたのだ。
例え心のない言葉に自身が傷つこうとも、それをはるかに上回る、
数え切れないほどの愛情に満ちたメッセージを受け取るために。


サイトを管理する側は並々ならぬ気苦労も多かったと想像がつく。
どういう事情があって、突然閉鎖してしまったのかは判らないが、
あの場を長い間、提供してくれたことへの感謝の気持ちがあるだけで、
それ以上のことを求めたりするのはやめておこうと思う。

ラウンジが無くなって 3 週間程になるが、
誰かが、例えば自分のブログなりホームページなりで、
この話に触れたりはしていないのだろうか。
それとも私はタブーを冒してしまっているのだろうか。

このブログの過去の記事で「某掲示板」と称してラウンジのことに
言及したことがあった。(某巨大掲示板とは別)
今さらだが、触れてはならぬもの、の感があったのかもしれない。
けれど、もはや姿を消してしまったラウンジに「ああ、そうですか。サヨウナラ」
と、あっさり忘れてしまうことが私にはどうしてもできなかった。

ラウンジが姿を消したひとつの伏線として、
「 Miki Ando & Fans 」なる掲示板が出来て、そちらにファンが移ったことも
あるのかもしれない。
その他にもファンが集まって語り合うことのできる掲示板やその類のサイトは、
私が知らないだけで存在しているだろうし、
スケーターを応援しているファンは行き場所を完全に無くしたわけではない。

だが、ラウンジは単なる掲示板を越えた「何か」であった
と云えるのではないだろうか。
そこには、スケーターとファンとの確かな絆があった。
姿かたちは映っていなくとも、それはまるで想い出のアルバムのようなものでは
なかったか。

緊張で身体中が震えた時も、高揚して眠れなかった夜も、
共に流した涙も、唇をかみしめて耐えてきた悔しさも、弾けんばかりの笑顔も、
他愛ないひと時さえも、
そのすべてを愛おしみながら、帰らぬ時を刻みつけた大切な場所。

まだあどけなさの残る可愛らしい言葉で綴ってくれた安藤選手の
一瞬、一瞬の輝きで満ち溢れた大切な場所。


「ラウンジ」〜休憩室、社交室、憩いの場、くつろぐ事のできる空間。

WEB 上ではアクセスできなくなってしまったが、
私たちの心の中から、あの想い出のアルバムが消え去ることはないだろう。

スケーターとファンとの想いが紡ぎだした強い絆だけは、永久に消えはしない。

posted by マキティ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

赤と黒のフォトニュース

12 日発表された、バンクーバー五輪の代表選考基準によると、
男女各 3 枠のフィギュアは GP ファイナルで 3 位以内に入った日本人最上位者を
全日本選手権出場を条件に内定するとのこと。
さらに、12 月下旬の全日本優勝者は原則として選考され、
全日本 3 位以内、GP ファイナル進出者、全日本選手権終了時の
世界ランキング日本人上位 3 人を対象に総合的に判断され選ばれる。
また、過去に世界選手権 6 位以内の実績を持つ選手が
シーズン前半、怪我等で成績不振の場合は選考対象に加えられることもあるという。

このニュースが飛び込んできた時、
いよいよ 09-10 シーズンが始まるんだと実感した。
安藤選手には、是非とも五輪代表に選ばれてトリノの雪辱を果たして欲しい。


さて話は変わって、ドリーム・オン・アイス( DOI )が19〜21 日
新横浜スケートセンターにて行われている。
昨夜からネット上や TV、新聞でも話題になっているのが安藤選手のコスチュームだ。

真っ赤なブラトップに黒いミニスカート、黒革の手袋と黒いオーバーニー。
上半身を包むように身に纏っているのは背中部分が大きく開いた網目状の・・・・
これは何? 楔帷子(くさびかたびら)? 革の手袋は手甲のイメージ?
「Bring In 'Da Noise, Bring In 'Da Funk 」というタップ・ダンスの曲らしいので、
まさかその昔、忍者が防刃着として身につけていた楔帷子なんてことはない(笑)。
それにしても、なんと挑発的で sexy な衣装なのだろう。度肝を抜かれてしまった。
そしてこの姿が、安藤選手の抜群のスタイルを引き立てて、よく似合うものだから
フォトニュースはどれもこれも、一時、このカッコイイ安藤選手で満載だった。

今朝早く TV で少し映し出された、
ちょっぴり日焼けした健康的な笑顔の安藤選手は、活き活きと躍動感に溢れ、
充実したオフを過ごせたようであった。
元気そうで、何よりもそれが嬉しかった。

この DOI の模様は、TV 放映される予定だが、
ジャンプのキレもあり、スケーティングにも力を入れてきた、
となれば来週の土曜日が待ち遠しくてならない。

しばらくはショーが続く安藤選手。
体調と怪我にだけは気をつけて、観客との一体感を存分に楽しんで欲しいと思う。

posted by マキティ at 22:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

My dream is your dreams coming true

09-10 シーズンの GP シリーズは、
第 2 戦ロシア杯と第 4 戦 NHK 杯にエントリーが決まった安藤選手。
今月には DOI、またその翌週にはアイスジュエリー 2009 にも
出演が予定されています。

今回はそんな安藤選手にオリジナルの Lyric を捧げます。


When I was down and out
I found a flower on crystal ice
It took my breath away
and gave me the power to live my life

Sometimes you look like a gorgeous rose
Sometimes you look like an elegant lily
and your smile is always look like a dandelion

You were standing still in a hard rain
Now the sun's gonna shine on you again

You cried so many times
You must hear the voices of someone you love
when you look up the sky
You're not all alone

Sometimes you dance like a cute girl
Sometimes you dance like a glamorous lady
and your smile is always holy like Madonna

You were standing still in the shadows
Now you're gonna catch the rainbow

I wanna do something for you

But I know all I can do is watching you with love
Only one thing I can do is praying for you

My dream is your dreams coming true



posted by マキティ at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。