2009年08月15日

HACHI 約束の犬

来年か再来年には TV で放映されるだろうから、その時でいいと思っていた。
予告編だけで泣きに泣いた話を映画館まで足を運んで観る、
などという勇気のいることはとても出来ないと思っていた。
「 HACHI 約束の犬」
今週はじめ、 劇場で鑑賞することになろうとは、
我ながら、思いがけぬ行動をとったものだと感心している。

1987 年に公開された「ハチ公物語」は、
忠犬と呼ばれた秋田犬(あきたいぬ)ハチの物悲しい姿をかわいそうに思ったのか、
ポロポロ泣いていた息子に少々気をとられた感もあったが、
物語が淡々と描かれていたからこその、切々と胸に迫るものがあった。

「 HACHI 約束の犬」は、舞台を東京からアメリカ東部の架空の街へ移し、
時代設定も、現在より少し前の話としてつくられている。
かつて忠義心の象徴として描かれていたハチの姿は、
国境を越え時空を越え、さらに種を越え、家族愛のひとつとして描かれていた。

大学教授パーカーと彼に育てられたハチとの、愛と絆を軸に、
パーカーとその妻、娘との愛もふんだんに描かれているあたりは、
さすがにアメリカナイズされた、解かりやすく受け入れやすいものだった。


ベッドリッジ駅で迷っていた秋田犬の仔犬を保護する場面から物語りは始まる。
連れ帰った仔犬を拒む妻ケイトのために、飼い主を探すこととなるが、
ハチにボール遊びを教えようと夢中になって地面に這いつくばるパーカーの姿を見て、
ケイトの頑なな態度も一転、ようやく家族の一員となる。
ハチを可愛がるパーカーの優しさは、
先住犬を失い、それ以来閉ざされていたケイトの心も解してしまった。

パーカーは、時に困った行動をとるハチに振り回されながらも
細やかで、暖かい愛情をハチに注ぐ。
成長したハチは、大学勤めのパーカーを誰に教わるということもなく
毎日駅へ、送り迎えをするようになるのだった。
駅周辺の人々もそんな「ふたり」を優しい目で見守っていた。

ところがある朝ハチは、駅までの見送りを躊躇する。
怪訝に感じるパーカーだったが、しかたなく駅へと向かう。
少し遅れて、ボールをくわえたハチが駆け寄ってきた。
これまで何度試みても「とってこい」をしなかったハチが、
ボールを投げてくれ、というのだ。
初めての出来事に喜ぶパーカーだったが、
ハチはこの日、何かを感じていたのだろう。
家を出るときためらったのも、ボール遊びをして気を引こうとしたのも、
パーカーをこのまま行かせたくなかったからに違いない。
いつものように、夕方にはハチに出迎えてもらう、そんな笑顔を残して
パーカーを乗せた列車はゆっくりとハチから遠ざかっていった。
その日、午後 5 時を過ぎ辺りが暗くなって、一人ぽつんと待っていたハチを
連れ戻しにきたのはパーカーの娘夫婦だった。

パーカーが亡くなった後、娘の家族と暮らすことになったハチは、
その家を飛び出し、ベッドリッジ駅へとパーカーを迎えにいく。
何度季節が移り変わっても、
「パーカーに会いたい」ただその想いで待ち続けるハチの姿は、
10 年という長い歳月に、ほこりにまみれ、うす汚れた老犬となっていた。
ある寒い冬の夜、ハチは夢をみた。
目の前に懐かしい靴。見上げればずっとずっと会いたかったパーカーがいる。
「ハチ、ずいぶん待たせたな」
愛するパーカーと、やっと会えたのだった・・・。


と、ストーリーを思い出しながら振り返ってみたが、
映画を観て驚いたことがあった。 
わが家には私が溺愛する猫、「 RONNIE(ロニー)」がいる。
ロニーの母猫の名前は「レイラ」、父猫の名前は「ルーク」、
うんと遡って小学生の頃に飼っていた雑種犬の名は「ケン」だった。
ここへきて「 HACHI 約束の犬」の裏方の話になるが、
ハチを演じた秋田犬(あきたいぬ)の成犬は 3 頭いて、
それぞれの性格から場面に応じて、つかいわけていたそうだ。
そのうちの 1 頭の名前は「レイラ」、
劇中、パーカーの孫の名が「ロニー」、
ケイトが可愛がっていた先住犬の名が「ルーク」、
パーカーの友人は「ケン」、
ここまでくると、何だか遠い親戚、身近にあった話のような気がしてくる。
だからかどうかは別として、
「 HACHI〜」を観てから、どうにも切なくてしようがない。


昭和のはじめ、実存したハチには忠犬説に対し異論があるという。
主人の死後も渋谷駅に現れる本当の理由は、
駅前の焼き鳥屋からのご馳走が目当てだった、あるいは、
ハチを可愛がる駅周辺の人達から食べ物をもらうため、というのだ。
私はこの説に、云いたい。
ハチは主人である大学教授の上野英三郎氏が亡くなってから、
落ち着き先を転々とすることになるが、最終的には、
上野宅出入りの植木職人、小林菊三郎氏のもとへいくことになった。
安心して眠れるであろう寝床も、食べる物にも困ることはないはずだ。
それでも上野氏が帰ってくる時刻にわざわざ渋谷駅まで出向いたのは、
ハチが上野氏に会いたかったからに他ならない。

人間はどこへ行ってもそれなりに、その場その場で付き合いもでき、
愛する人も含めて大勢と関わりをもって生きていくが、犬は違う。
自分を可愛がってくれる人、
本当に愛してくれる人がたった一人いれば幸せなのだ。
例えその人がいなくなっても、
強い絆で結ばれた愛が、心の中にありさえすれば幸せなのかもしれない。
その幸せを忘れたくないから、いや、忘れられないから、
ハチはあの場所に居続けたのではないだろうか。
上野氏、パーカーの愛を受けとるために。


11 日は結婚記念日だったので、夫婦で「 HACHI〜」を鑑賞した。
暗い映画館から明るい照明のところまで出て、お互いの顔を見て吹きそうになった。
「どんだけ泣いた?!」
私のメイクは見るも無残なことになっていた。
                             (コメント欄に補足あり)
posted by マキティ at 23:50| Comment(7) | TrackBack(0) | 可愛いモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

HACHI とリンダ

「ベッドリッジ駅、午後 5 時。駅にはいつも君が待っていた。」

このコピーで始まるわずか 1 分ほどの予告編を観て、涙が溢れた。
あまりに感動したものだから、家族にも観るようにすすめ、
家の者と一緒に、再度観ることとなったのだが、この時も涙が出た。
結局、予告編だけで 5〜6 回も泣いてしまった。

映画「 HACHI 約束の犬」は、
日本人なら誰もが知っている忠犬ハチ公の実話を、
1987 年に松竹が映画化した「ハチ公物語」のハリウッドリメイク版である。

8 月 8 日の全国公開を前に、7 月 7 日、
渋谷駅前において記念セレモニーが行われたが、
犬好きの私は、主演のリチャード・ギアが好きな俳優ということもあって、
片っ端からネットのニュースをチェックした。

オフィシャルの写真ギャラリーをながめているだけで、
すでに物語の内容を知っているだけに、またまた涙にくれてしまった。
こんなふうに私は、犬・猫が登場する話にめっぽう弱い。
映画やドラマを観ていても、主役そっち退けで端役の犬とか猫に気をとられ、
肝心のストーリーが頭に残っていないことさえある。

過去においても、例えば「禁じられた遊び」を
子供の頃に学校の映画鑑賞会で初めて観た時、
冒頭で、戦闘機からの銃撃で命をおとした仔犬?小型犬?のことが、
かわいそうでかわいそうで結局、戦争の悲惨さも何も理解できなかった。

地中から巨大なモンスターが出現し人々を襲う、
という、ある映画でも、登場していた 1 頭のワンちゃんが気になって、
話の展開も結末も、何という映画かさえ憶えていない始末なのだ。

こんなことを云いだすとキリがないので、「 HACHI〜」に話を戻そう。

毎日しごと帰りの主人を駅で迎え、亡くなってからも待ち続けた、
「ハチ」と名付けられた秋田犬(あきたいぬ)と、
ハチを可愛がっていた大学教授の愛と絆を描いたこの物語は、
22 年前、日本で「ハチ公物語」として映画化され、私はそれを TV で観た。
仲代達矢さん演ずる大学教授が帰らぬ主人となってからも、
そのことを理解できずに待ち続けるハチの晩年は哀れで、
健気な姿が愛おしく、胸が締めつけられるような切ない感動があった。
いっしょに TV を観ていた、まだ会話もままならないほど幼かった息子は、
ポロポロ泣きながら、しまいには号泣していたが、
ハチの姿は、こんな小さな子供の心までも動かしてしまうのだと、
私の記憶のなかで、感動の後押しになっている。

「 HACHI〜」の記念セレモニーがあった 7/7 は、
秋田犬の愛情深さや、犬と人との絆の普遍的な素晴らしさを、
あらためて想いおこしたり、
主演のリチャード・ギアの暖かい笑顔と人柄に惚れ直したり(笑)、
心優しい青年に成長した息子の、可愛い泣き顔を思い出したりして、
ひとり感慨にふけっていた。

犬の健気な可愛さに浸ったその翌日、
わが家のペキニーズ「リンダ」( 6 才、オンナのコ)に異変が起きた。
腰が立たず、後ろ足が麻痺してしまったのだ。
レントゲンを撮って見てみると、
本来ならば軟骨なので何も写らないはずの背骨と背骨の間の部分が、
1 個所だけ、うっすらと白くなっていた。
獣医師によると、おそらく椎間板ヘルニアではないかということだった。

応急処置としてレーザーを当て、神経を活発化させるビタミン剤をもらい、
数日は家でようすを見ることになった。

リンダは、自分に起こった異変に戸惑ったのか、痛みがあったのか、
初めのうちこそ大人しくしていたが、
足を引きずって移動することに慣れてくると、
それなりにピョンピョン跳ねたり、普通に食欲もあり元気なようすだった。
(安静にするよう云われていたのに、はっきりいって動き回っていた)

しばらく何度か通院し、今では麻痺していた足も徐々に動きだして、
幸い回復に向かっているようでホッとしている。

実は、6 月の半ば頃に遡るのだが、
猫のトイレの掃除をしていた私は、ギックリ腰になってしまい、
元々腰に疾患がある私は結構、ビビッていた。
悪くすると将来、下半身不随になる恐れがある、要は爆弾を抱えた腰だからだ。
今のところ日常生活に支障はないし、
ギックリ腰もずいぶん良くなってはきているが。

こんな話を聞いたことがある。
飼い主に降りかかるはずだった災いを、そこで飼われている犬や猫が
身代わりに受けるというのだ。

いつもはほったらかしにされて、
きちんとした世話もしてもらっていないリンダなのだが、
ペットショップで売れ残っていたリンダを私が気に入って
連れて帰ってきたことへの「恩返し」なのか。
私のギックリ腰が大事に至らなかったことと、
リンダのヘルニアのタイミングが、その話を思い出させた。

リンダは身を挺して私の痛みを引き受けてくれた、と云うと、
考え過ぎだろうか。

posted by マキティ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 可愛いモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

REQUIEM

ああ、何ということだ。
何が起こったというのだ。
今日も空には太陽が輝き、雲はゆっくりと流れ、
鳥は木漏れ日の中で楽しげに囀っているというのに、
あなただけがいなくなってしまった。

信じられない。
こんなことは起こるはずもない。
そうか、誰かが悪ふざけをしているのかもしれない、
そうでなければ私は夢をみているのだろう。

嘘だと思いたい、何かの間違いだと。


あなたは何処へいった。
あなたは今、何処にいる。

いつも一緒に歩いたこの道。
木枯らしに冷たくなった私の手を暖めてくれた大きな手は、
もう、ここにはない。
日が暮れるまで遊んだ広場。
夢中で追いかけたあの背中は、もう見えない。

昨日の優しい微笑みに、もういちど会いたい。


激しい雨が窓をたたく夜が恐い。
心臓の音だけが聞こえる深い深い闇の夜が恐い。
恐ろしくて心細くて、あなたを求めるけれど、         
暗闇の向こう側に、一筋の光さえ見えない。                    
                              
運命は何ゆえに愛する者たちを分かつのか。            
大切な人を奪って、満ち足りた時を引き裂いた、
私に絶望だけを残して。

どうして、こんなことになった。
どうして私はこんな想いをしなければならない。
誰が悪かった、何がいけなかった。
わからない、わからない、わからない、わからない。


肉体がいつか滅びさってしまうのならば、   
魂は何処へ向かっていくのだろう。
安息を求めて天へと旅立っていくのか。
そこに痛みや苦しみのない、
安らぎに満ちた世界が待っているのであれば、     
私は祈る。
どうか、私の愛する人を受け入れて下さいと。


厚い雲が空を覆いつくし、雷鳴が轟いても、
いつかはその雲の切れ間に、眩い光が射す。
やがて、夜空には星が姿を現し、
生まれたての朝が訪れる。

今日をはじめる朝の光に、静かに眼を開ければ、
全てを受けとめた新しい私に気づくだろう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

PG の振り付けとは感じさせずに、
楽曲そのままを体現してみせた安藤美姫の「 REQUIEM 」。
そこには決められたエレメンツを、
教えられた通りにするだけのスケーターではない安藤選手の姿があった。


暗めの照明にピンスポットで浮かび上がった安藤選手の端正な顔立ちを
影が縁取る。神々しいほどの美しさだ。

Jr.時代の EX、恐らく「カルメン」だったと思うのだが、当時の、
無垢で恐いもの知らずの眼ぢからに、はっとさせられたことがあった。
「 REQUIEM 」では、
絶望の淵から幾度も這い上がってきた者だけが持つ、
凄みさえ漂わせるその眼に、哀しみや怒りが感じられた。
そう、観ているこちらが息苦しくなるほどの圧倒的な力で。

自信に満ちた、というと安藤選手は謙遜するかもしれないが、
少なくとも揺るぎない何かを得たようにみえたのだ。


心の奥底から湧き上がる感情。
それを演じきらせた、安藤選手のなかにある揺るぎない想い。

安藤美姫の「 REQUIEM 」は創られるべくして創られた、崇高な作品だといえる。

空高く、天へ捧げた祈りとして。

posted by マキティ at 23:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。