2008年10月29日

2008 スケートアメリカ

GP シリーズが始まりました
美姫ちゃんは初戦アメリカ大会(エバレット)から参戦です

SP は映画「 SAYURI 」より「 The Chairman's Waltz 」
8 月に Home of Champions Ice Show( 8月24日/ NJ )で披露した PG です
衣装は この時とは違うロイヤルブルーにピンクをあしらったものでした
儚げな花のなかにある芯の強さを
しなやかに たおやかに また凛とした美しさで演じきっていました
SlSt で転倒した時には昨年とよく似た状況でしたので驚きましたが
何よりも驚かされたのは 57.80 という得点の低さでした
転倒したことにより減点(ー1 )はあったものの ステップは Lv3 でしたが
ジャンプは回転不足とされ 思ったように点が伸びなかったようです

翌日の FS はバレエの代表作 「 Giselle 」(ジゼル)
中野選手と同じ PG を演じることは判っていましたが
異なる印象を受けるものでした
中野選手の「 Giselle 」は 3A を 2A にし 
コンビネーションジャンプのセカンドを 2 回転に抑えて手堅くまとめ
また 表現力においてもバレエのレッスンの成果が存分に発揮された
素晴らしい PG でした
一方 美姫ちゃんの「 Giselle 」はというと
「ジャンプの安藤復活」を感じることができ嬉しかったのですが
冒頭の 3T+3Lo が回転不足ととられ 初めのスピンの Lv は 1
スパイラルでも体勢が崩れ Lv2
表現力では「技のつなぎ」が 5.65 という低い評価になり
総合 168.42 で銅メダルという結果でした
Judge の判定に素人の私がどうのこうのと発言する資格などありませんが
エッジの正しい使い分けの厳格化は何処吹く風
回転不足に厳しい大会だという印象をもちました

さて 4 回転回避については 私の中に 2 つの本音があります

「全試合に 4 回転を入れていくつもりでいる」として
練習量も増やし 成功する確率も高まり
順調に迎えたこの大会で挑戦して欲しかったという思い・・・
バンクーバーまで 公式試合は あとどれだけあるでしょう
試合で挑んでいく機会は何回も何回もあるわけではありません
GP シリーズに参戦する 2 試合は 大技の封印を解く
貴重な機会であったと思います

それに反して もう 1 つの思い
モロゾフコーチに「初戦は無難にいこう」と諭されたといいます
ファイナル進出に向け表彰台は譲れないということでしょう
試合で入れていくか回避するかの難しい選択は
信頼するコーチの考えが「絶対」であることは想像できます
コーチの戦術に納得したのであれば悔いも残らないかもしれません
そして クタクタに疲れきって泣きながらも
練習し続けていた美姫ちゃんの姿を想う時
あの姿を知っているから
4 回転への挑戦は 機が熟すまで待つことができる
とも思うのです

( 勝手な先入観だけかもしれませんが
4 回転を跳ぶには 勢いのある「 Fire Bird 」っぽい楽曲の方が
 合っているような気もします・・・もう 1 度観たい願望も含めて)

ともあれ
あの涙の 3 月から よくリンクに帰ってきてくれたと痛感します
美姫ちゃんは「リンクに立つのが当たり前ではなく演技させていただく幸せ」
ということを口にされました

これはファンからの お返しの言葉です

「安藤美姫は絶対美を体現する唯一無二のスケーターであり
 安藤美姫ほど魂を揺さぶられるスケーターはいない
 安藤美姫そのものが芸術なのだからその存在を抜きにして
 フィギュアスケートを語ることなど 到底できない」


中国杯まで僅かしかありませんが 疲れを溜めないように 
何よりも右肩のケア及び強化を きちんとされますように

あれほど 辛い想いをして這い上がってきた今・・・・
私は今季を「リハビリシーズン」と位置付けしています(笑)
焦ることなく大舞台が待つ来季に向けて 
じわりじわりと逆襲態勢を整えていって下さい(笑)

posted by マキティ at 00:04| Comment(16) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マラリアス、マキティさん

SP「会長さんのワルツ」は最高でしたね、衝撃的な執念と気迫を感じました。

友加里姉さんと「ジゼル」でブッキングしたことですが、美姫さんは曲のイメージを自分なりに解釈して表現するタイプ(そこが美姫さんの一番好きなとこですが!!!)ですし、友加里姉さんは世間一般のイメージに忠実なタイプなので全く別物に魅えましたね。

四回転回避の経緯は、出来ればニコライ・モロゾフコーチから公表して欲しかったですね、あれではまた美姫さんが非難を浴びるに違いないですよ、どうも美姫さんの歴代コーチ達はマスコミ対応がずさんですね、そこもしっかり戦略に入れて頂きたいと切に願います。
モロゾフコーチとの四回転をめぐる意思疎通ですが美姫さんも、もう立派なプロフェッショナルだと思うので、それはプロの選手とコーチのまさに二人の問題、納得出来ないからどうこうなんていう低いレベルでもないし、外野もとやかく言うべきでないと自分は考えます。

「成長した滑りを見せたい」のコメント、勝敗ではなく成長を一番見せたいという心、これが今回一番感動しました。
中国杯では今度こそ納得の演技をしてくれると確信しています。

Posted by WILD TURKEY at 2008年10月29日 02:31
こんにちは。

とりあえず今シーズンの初戦、美姫さんが「無事」に滑り終えたことにホッとしております。
4回転に関しては、私も2つの心で揺れ動いています。「4回転やって欲しかったなあ」という気持ちと「回避したことによって美姫さんがまた非難の声を浴びることから庇ってあげたい」気持ちとで。

実は私もマキティさん同様、4回転は勢いある曲のほうが合っているような気もします。

そして、本当にマキティさん仰るところの“焦ることなく大舞台が待つ来季に向けて
じわりじわりと逆襲態勢を整えていって下さい”はファンとして共通の思いでありますよね。
次回の中国杯でももちろん美姫さんを(静かに見守りつつ)たくさん応援します!
Posted by まこっちゃん at 2008年10月29日 10:42
 4Sへの挑戦、会場の観客もTVの前の私達も夢を見るような気持ちで期待していました。そんな夢をいともたやすく打ち砕いてしまう現行の採点制度を恨めしく思います。美姫ちゃんには、点数や順位などこだわらずに4Sに挑戦させてあげたい気持ちでいっぱいです。右肩の怪我から、バランスを崩すことが多かったようですが、滑り込めば絶対よくなります。Sayuriはすごく良かったですよ。次の中国ではもっと期待しています。
Posted by マコ at 2008年10月29日 13:25
こんにちは。 いつもロムらせて頂いてましたm(_ _)m 

マキティさんに色々話したいと思ってたので、一気に書いたら凄く長くなっちゃった! なんなら承認はして頂かなくてもマキティさんが読んでくれればOKです。
勝手ですみません(TT)

最近はスポーツ選手であれ好きなアーティストであれ、それぞれのファンサイトで不快な書き込みを目にすることが多く、その書き込みによってファン同士もギスギスしたりして・・・。 
ロムるにしても自分の中でルールを決めて、できるだけストレスをためない様にしてますが、こちらのブログは空気清浄機(しかもイオン機能付)が作動してる癒しの空間って感じですね〜。 マキティさんの美姫さんを大切に思う気持ちが現れてますね。 そして、ご苦労もお察しします。

美姫さん、前向きにがんばっておられるといいですね。 今回のフリー「ジゼル」、素晴らしい物を作り上げてほしいと思っている事を前提に語らせて頂きます。
「ジゼル」はその作品事態にファンが多く、絶対的イメージは他のクラシックバレエ作品より強いものがあるので、<自分なりの解釈・表現>は想像以上に大変かと思います。 ましてや、同じ作品をスタンダードな解釈で表現し、素晴らしい作品を作り上げようとしている選手と(中野選手はこの作品が彼女のスケート人生の代名詞になるかもしれないですね。)一緒に戦うのは、う〜ん、冒険です。 ジャッジの心象も考えると・・・。
実は私、美姫さんがクラシック・ロマンチックバレエに向いてないとは思っていません。 4Sの事を無視したとして、<レ・シルフィード>をそれこそ美姫&モロゾフの解釈で作ったら面白いんじゃないかと思ってます。 まっ、言うのは簡単なんですが(^^;)
そして、「火の鳥」「ボレロ」「ウェストサイドストーリー」等、もう一度見てみたい、又新しく作ってほしい物がまだまだたくさんあるのに、正直「もったいない・・・」と思ってしまいます。
こんなモヤモヤした気持ち、早く吹き飛ばしてほしいので、モロゾフコーチ頼んだぞ!!!って感じです。

あと、美姫さんの発言に対して日頃思っている事があります。
美姫さんて、とっても素直で正直ものですよね(笑) シーズン前にコーチに「今期は全試合4Sに臨もう! その為にがんばろう!」みたいな事を言われると(まあ、普通指導者はそれぐらいの事普通に言いますが)、そのままインタビューで言っちゃうのでしょうね。
今はどうかわかりませんが、昔からフィギュアは情報戦。 私の大好きなクワンもそうですが、その他の選手達も試合前のビッグマウス合戦はそんなに珍しくなかった記憶があります。
ただ、日本でこれだけフィギュア人気がたかまると、その世界の今までの常識以外の対策を考えなければならないのかな・・・と。 モロゾフコーチは日本人を甘く見てる気がします。 日本人の「アスリートはこうあるべき!!!」的考え方が、時にどれだけ粘着質に選手を傷つけるかをわかってない気がします。 
真央ちゃんは注目され始めた頃はまだ幼かったので、発言はある程度容易された物の中から真央ちゃんなりに頑張ってチョイスして話してたのが、ある意味可愛かった記憶があります。今は、分で上手に対応できるようになりましたよね。 中野選手や村主選手は、まだ若いのに大人な対応されてて、これまた感心。 
美姫さんは、素直だけど頑固なのかな? 自分の言葉で正直に全てを伝えたい考えをどうしても曲げる事ができないのかもしれないですね。 そういう彼女が大好きです。 でも、もうわかったから、程々でいいよ〜・・・というのが、おばちゃんの素直な思いです(笑) 真っ直ぐにしか進めない美姫さんに、上手い事手を引っ張ってくれるマネージャーさんの様な方がいるといいですね。 世界のTOYOTAさん、頼んだよ〜って感じです。

本当に長くなっちゃってごめんなさい。
マキティさんに一度話を聞いてもらいたいと思ってたので、しつこくなっちゃいました(泣)
次回からは程々にしますので、これからも宜しくお願いします(^^)v

さっ、夕飯作んなきゃ・・・。
Posted by キャリー at 2008年10月29日 17:43
マキティさん、こんにちは!いつも掲示板のほうご利用させて戴いてますー。
マキティさんの、美姫ちゃんへの想いには、まったく頭が下がる一方です。『安藤美姫という芸術』という言葉には、『ああ、本当にその通りだなあ』と、感服しました。

…そしてジャッジの判定基準は私にもよくわかりません……納得もいきません…スケアメで不満なのは、その点だけです。本当はこんな事いいたくないんですけれどもね…(苦笑)真剣勝負の場、選手の方々皆、いい演技をしているのだから、公平に点数をつけて戴きたいデス…

と、厭な話はここまでにして!美姫ちゃんの今季プログラムです。Fansの掲示板や、ラウンジにも書きましたが、SP.FP.EXを通して、何だか全てひとつの物語―安藤美姫という名の― に思えるのです。例えば『カルメン』の様に何かの役を演じるのではなく、現在の美姫ちゃんの想いや存在、人生…そういったものを、『チェアマンズワルツ』や『ジゼル』、『ボレロ』といった曲にのせる様にして、『演じていながら演じていない』のだと……。ニコライコーチが『ジゼルは美姫に似ている』と言ったからかな?
そして(今回は回避しましたが、)『ジゼル』に組み込まれた4S。
最初に『ボレロ』を見た時も『ああ、これは美姫ちゃんだな、美姫ちゃんそのものだ』と『命』『生』というものを感じたのですが…。
中野友加里ちゃんは『狂乱のジゼル』を演じていると聞きましたが、私には美姫ちゃんのジゼルにも、演じているのではない哀しみや耐え切れぬ苦痛、狂乱…を感じました。
ある意味、今季のプログラムは美姫ちゃんの全ての原点なのではないかなあ、なんて…。恐らく4Sを失敗したにせよ成功するにせよ、跳んだ時に、三つの物語が完全に繋がり、完成するのだと勝手に思っています。
勿論それは順位や点数とは関係無しにです。
ひとつ我が儘をいうなら、美姫ちゃんの『ジゼル』のラストは、幸せなのがいいかなって(笑)
Posted by みさみさ at 2008年10月29日 19:09
WILD TURKEY さん こんにちは

SP で美姫ちゃんが表現した花は
ヒマワリやバラといった存在感のある花ではなく
可憐で儚い それでいて強く根を張る桔梗のようなイメージを受けました 
賛辞として「美しい」の一言でも
聡明な美姫ちゃんになら伝わりますよね

ただ FS に関しては ファンの皆さんの間でも賛否両論
某掲示板では ああでもないこうでもないと盛り上がっています(苦笑)

4 回転回避のことについては 
WILD TURKEY さんが仰るようにコーチからの公表があれば
少しは非難の声も 防げたのかもしれませんね
 
戦術的なこと 選手自身の当日の調子 
直前の感覚さえも微妙に影響するであろう大技なのであれば
氷の状態ひとつとっても(硬いか軟らかいか
 今大会では新しい靴のせいかもしれませんが つまずくことが多かった
 6 分間練習でリンクから下がる時に しりもちをつくなんてことさえあった)
4 回転に挑むか 3 回転で抑えるかの選択は想像以上に難しいのだと思います
仰るとおり外野が無責任な発言をするべきではありませんね・・・・

さて次は中国杯
重苦しい空気を吹き飛ばすような会心の笑顔を
楽しみにしたいと思います
Posted by マキティ at 2008年10月29日 19:47
初めてコメントさせて頂きます。
私自身はやはり四回転跳んで欲しいという気持ちが強かったですね。
美姫さんの発言を聞いて理由に納得はしましたがやはり私もまた非難されるのではないかと心配で。
ラウンジでは予想通りの反論もありましたね。
ジゼル賛否両論のようですが私は結構好きですね。
確かにスパイラルなんかでレベルが取れなくて若干精彩を欠いたのは事実だと思いますが。
もう少し調子が良くなればまた違ってくるのではないかと期待しています。
Posted by ゆみえ at 2008年10月29日 20:45
まこっちゃんさん こんにちは

仰るとおり
今季初戦を無事に滑り終えたことに心底ホッとしました
今しみじみ感じています

4 回転については美姫ちゃんが初めて成功させて以来
女子選手ではただ 1 人のジャンパーとして
美姫ちゃんにとって誇りでもあり 
また何かと苦しめてきた「代名詞」でもあり
ファンの間でも それぞれの想いがあるようです

心身を削るように練習を重ねる選手の
見えないところでいっぱい流した涙に対して
心ない言葉や無責任なメディアに翻弄される現実を思うと
どうしようもなく やりきれなくて  
ただただ 美姫ちゃんの涙が報われるよう願うばかりです

Posted by マキティ at 2008年10月29日 20:52
マコさん こんにちは

失敗すれば大きく減点されてしまう今の採点制度では 
大技へ挑む者にとって 難しい選択が常につきまといます
それでも挑戦したいという前向きな気持ちが
今シーズン中に報われることを祈っています

中国大会では会心の笑顔の花が咲きますように

Posted by マキティ at 2008年10月29日 23:14
こんにちは 
キャリーさんに ご覧いただいていたとは! 
率直なご意見をお寄せいただき嬉しいです ありがとうございました

PC 初心者の私が blog を始めて そろそろ 10 ヶ月になりますが
その間にだけでも美姫ちゃんには次から次へと難題が発生して その都度 
ファンの間にも見解の相違から良からぬ感情が生じてしまう現状には辛いものがあります
ラウンジでは新参者の私でさえアンチに反撃の書き込みをしたり
またそれを注意されたり(T T)
幸い こちらの blog には今のところ酷い嫌がらせは来ていませんが
それでもストレスは感じます
私のなかの正直な気持ち 本音で発言することを自粛せざるを得ない場合もあるからです
キャリーさんの正直なコメントを拝見して グッと胸に迫りました
胸の内を正直に語ることに臆病になっていてはファンとして失格ですね(^^ゞ

さて美姫ちゃんの「 Giselle 」ですが
私はバレエそのものに疎いものですから偉そうなことは云えないのですが 
キャリーさんが仰るように中野選手と同じ PG で勝負するには
今のままでは少しアピールが弱いように感じました
「ジャンプの安藤」プラス「表現力の安藤」としては
まだ なりきれていないというか 憑依しきれていないというか(笑) 
Judge がどう判断するかを見極めた上でモロゾフコーチも今後 手直しされるでしょう
スケアメは初戦であったということで 次回以降に期待したいと思っています
個人的には記事中にもあるように
4 回転成功を今季の重要な課題にするのであれば
「 FireBird 」を FS にすることも御一考いただければ などと思ったりしています

それから今回の 4 回転回避のことは
「初戦は無難にいく」というモロゾフコーチからの公表が欲しかったですね
もともと「全試合に入れていく」ではなく
「全試合で挑戦できるようにしたい」くらいに発言しておいた方が
良かったのかもしれませんが
美姫ちゃんの純真で正直で可愛い人柄のなかに
これだけは譲れない みたいな部分もあって
宣言することで自分自身を奮い立たせようとしていたのかもしれませんね

と お返事をしながら まだ何か正直にさらけ出せない自分があって・・・
美姫ちゃんの正直なところが本当に眩しく感じます
もしまたコメントを下さるのなら次回はメールでお応えしようかな・・・(笑) 

Posted by マキティ at 2008年10月30日 19:47
みさみささん こんにちは

「 SP FS EX を通じて 安藤美姫という名のひとつの物語に思える」
・・・奥の深い言葉ですね

たしかに「 Bolero 」には美姫ちゃんそのものの「生」というか
「魂」を感じる舞であったと思います
ジュニアの頃から滑りたかったという美姫ちゃんの想いが込められた
私も大好きな PG のひとつになりました

「 Giselle 」に関してですが お恥ずかしいことに
バレエのことを よく知らない私には解釈のしようがないのです
記事中では採点のことを記したに留めましたが 正直な感想としては
何かが物足りないというか まだ演じきれていなかったのかなと・・・
それは私が「 Giselle 」を理解していないからだと思います
バレエのことを知りもしないで記事にするなんて
美姫ちゃんをはじめ他の選手の方々にも大変 失礼なことですよね
本当にゴメンナサイ・・・・

ただ 美姫ちゃんというスケーターには他の誰にもない表現力がある
だからきっと今後「 Giselle 」にも美姫ちゃん独自のドラマを
魅せていただけるのではないかと期待しています

4 回転を跳んだ時に 3 つの物語が繋がり完成するという
みさみささんの解釈が 私にも感じられることを願って
中国杯 一緒に応援させて下さいね!
Posted by マキティ at 2008年10月30日 20:33
ゆみえさん 初コメントありがとうございます

4 回転回避には記事中にもありますように本音が 2 つありますが
スケアメが無事に終わった今
リンクに帰ってきてくれた事実こそが嬉しいと感じているので
ただもう怪我なくシーズンを過ごせることを祈りたい
改めてそう思っています

そして間近に迫った中国杯に向けて集中して練習していただきたいですね
ファンとしては心からの声援を送るだけです
 
Posted by マキティ at 2008年10月30日 21:43
マキティさんおはようございます。

美姫ちゃんが初戦を終えて今はホッとしています。

私も4回転を回避したことで美姫ちゃんに対する非難が起こらないかがちょっと心配です。YAHOOのコメント欄は美姫ちゃんに対する酷いコメントばかりが目につきますから。

FS・『ジゼル』に関しては、中野選手と同じプログラムということで世界中から注目を浴びていたようです。私はスケートアメリカの試合を見ていないのですが、美姫ちゃんはすごく頑張ったんじゃないかなと思います。浅田真央選手も美姫ちゃんと中野選手のプログラムが同じ『ジゼル』であることに関してすごくビックリしていたようですし。

美姫ちゃんは『言い訳』をしているというコメントをYAHOOのコメ欄で見ますが、私はそうとは思いません。美姫ちゃんは正直に自分が伝えたいことをインタビューで話しているだけであって決して言い訳などとは思いません。

次は中国大会。心の底から笑っている美姫ちゃんを見たいですし、ケガをしないで頑張ってほしいと思います。

一ミキティファンとして応援していきたいです
Posted by かおちゃん at 2008年10月31日 09:09
かおちゃんさん こんにちは

同国のトップスケーターが
同じ PG を初披露することとなった この度のスケアメは
滑走順の悪戯か 続けて登場するという
中野選手 美姫ちゃんにとって 何とも云いようのない雰囲気のなか
お 2 人とも大きなミスもなく滑りきり
揃って表彰台に立つことができ 良かったなと思っています

次の中国大会 
かおちゃんさんも一緒に応援して下さいね
Posted by マキティ at 2008年10月31日 18:39
お返事ありがとうございます(^^)

全てを正直に…それは無理ですよ〜。本音と建て前、あって当然ですよ〜。
上手に使い分ける事は、私もまだまだ未熟者…下手っぴーです(_ _)
顔の見えない不特定多数の人たちが言葉を交わすのだから、相手がどう思うかをイメージしながら言葉を選ばないと、あっというまに炎上しちゃいますもんね〜(恐)
先日書かせて頂いた内容も、本音とまではいえません…。 あれでもオブラートに包んでます(恥) 一応、よそ様のお家にお邪魔させて頂くのですから、お行儀良くしないと…と思ってm(_ _)m でも、私のオブラート、どうやら少し裂け目があって、漏れ気味らしい(笑) あれで、言いたい事の腹八分目…いや、六分目くらいかも(爆)

今日、久々に「社交室」に行ってきました。
相変わらず、あちらは熱いっすね〜!!!
試合前になったら応援メッセージを送ろうと思って、そそくさと退散してきました(^^;) 最近は「見たことのあるお名前の方の書き込みだけ読む!」というコツ?を覚えたので、比較的心かき乱されなくなりました。(ただ、その方達の内容で、前後の流れがわかっちゃう場合もたま〜にありますが(苦笑)
まあ、こんだけの人気者だし、この時期はしょうがないのかな〜。

どうぞどうぞ、メール下さい♪
毒でも薬でもなんでも受け付けますよ〜!
Posted by キャリー at 2008年10月31日 20:09
キャリーさん こんにちは

本音と建て前ですか・・・
私は基本的に建て前で話すことが出来ないんです
嘘も苦手です
心の扉を少ししか開けないか 半開きにするか
稀に全開にするか っていう感じです
ホントに心を許せる人であれば 扉ごと取っ払うんですけれどね(^^ゞ
ネットでは 自分が立ち上げた blog 上でさえも
言葉に気を遣いますし本音全開の記事は なかなか・・・

美姫ちゃんを想う気持ちに何ひとつ嘘などありませんが
何かを伝えるって本当に難しいものですね

お返事のお返事 ありがとうございました

Posted by マキティ at 2008年11月01日 18:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。