2008年11月25日

天は試練と引き換えに〜 安藤美姫に想う

『天は二物を与えず』 
天は1人の人間にそれほど多くの長所を与えることはしない という意味ですが
安藤美姫という女性に限っては
『天はニ物でも飽き足らなかったのか三物も四物も与えてしまった』
と云わざるを得ない そんな気がします

まず 女優さながらの美貌のもち主であることが 1 つ 
2 つ目として 人として美しくありたいという心の在り方 
さらに 3 つ目には 高い身体能力を持ち合わせていること
そして 4 つ目 これだけは余計でしたが 
天は与えてしまいました・・・・・・幾多の試練まで


まだ就学前と思われる小さい頃の写真を目にすることがあります
どの写真(画像)も目鼻立ちの整った可愛らしいお顔立ちをしているものばかりで
「この娘は美人になる」
と おそらく周囲の誰もが そう予見されたと思います
期待を裏切ることなく成長された この美しい人は
10 代半ばからすでに 日本人離れした手足の長さと共に
女性としての理想的なシルエットまで手に入れていました
光輝くような美しさはオーラを放ち ひときわ存在感があり
羨望の眼差し あるいは軽いジェラシーを含んだ目で
常に注目を集めることとなります

また 身体能力の高さは 超人的なものを授けられたのでしょう
15 歳を迎える直前 女子選手としては初めての 4 回転ジャンプに成功
( ISU 公式大会 )していることをはじめ
5 種類の 3 回転ジャンプを競技用 PG に入れ
難易度の高い 3 Lz+ 3 Lo のコンビネーションジャンプを
公式試合で何度も成功させています
「安藤選手の身体には歪みがない」
と地元のトレーナーのコメントにもあるように
トップ・アスリートとしての素質に恵まれた
まさに「フィギュアスケートをするために生まれてきた」
世界に羽ばたく逸材であると云えます

と ここまでだけなら
女性としての美しさだけでなく スケーターとしても高い身体能力に恵まれ
『天に二物を与えられた』この稀有な存在は
向かうところ敵なしの輝かしい競技生活が保証されたも同然でした

ところが美しいスケーターを待ち受けていたのは思いもよらぬ数々の試練でした

大切な人を失う哀しみは誰であっても辛いものですが
かけがえのない大きなぬくもりが突然消えた時
いつも傍で包み込んでくれていた柔らかな手が消えた時
励まし合い勇気づけてくれた小さな命が消えた時
眠ることも出来ない慟哭の夜が何日も何日もあったに違いありません
試練はそれだけにとどまらず
アスリートに怪我はつきもの では済まされない大きな故障を抱え
心ないバッシングという追い討ちまでかけられてしまいます
日本のフィギュアスケート界で ここまでメディアに翻弄された選手も
私の知る限りでは他に見当たらないほど・・・

しかし 天は
美しいスケーターに悪戯に試練を与えただけではありませんでした
往く手を阻む数々の試練は 歪むことなく卑屈にもならず
真っ直ぐで美しい心を育てる遠因にもなりました
弱者に手をさしのべる優しさや 
困っている人の役にたちたいという思いやりに溢れ
頑固なまでに生真面目で誠実なためか いい加減なことも出来ずに
いつも何かしら気持ちが張りつめている印象すらあります
人として美しくありたいと公言していましたが
人間としての心の在り方に 曇りのない純粋な切ないほどの美しさが感じられます

美貌と スケーターとしてのポテンシャルの高さと
乗り越えようともがいた幾多の試練と 自身と向き合ったからこそ磨かれた心と・・・

『天は試練と引き換えに より多くの恵みを授けた』

こうして安藤美姫は地上で最も魅力的な女性として
秘めた可能性を信じ 高みを目指して挑戦し続けようとしています


ひとつだけ美姫ちゃんに進言しておきたいことがあります

自分を磨くことに没頭しすぎて心身の疲労も多いと見受けられますので
過酷な競技生活で疲れた身体と 美しくも繊細な心を
労わってあげることを忘れないようにしていただきたいのです
故障した右肩のケアと 怪我をしない身体づくりが出来る環境を整え
心にも身体にも パワーの充電を怠らなければ
必ず思い描いた未来が待っていてくれるはずです

今季 そして来季に向けて

〜眩いばかりに輝きますように〜

posted by マキティ at 23:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは☆

私が小さい頃、同級生に脚の不自由な男の子がいました。 ある日母に「あの子はどうして脚が変な方向に向いてるの?」と聞いてしまった時・・・。 母は「神様は世の中の人みんなに平等なの。 あの子がみんなと同じように歩いたり走ったり出来ないのは、皆よりもずっとずっと強い子だから、神様があえて他の子より辛い試練を与えたの。 だから、自分より大変な思いをしてがんばってる方に出会ったら必ず尊敬しなさい。」というような事を言われました。(すっごい小さい頃なので、言葉はうろ覚えですが) 
 その頃の母は、私より年下でした。 
 そして、無宗教だし本もあまり読まない女性なので、小さい娘に大きな問題を突きつけられて、一生懸命自分なりに知恵を絞って話してくれたんだと思います。
 その母の言葉が強烈で、障害者の方に対してだけでなく、私の物事の考え方の基本になってます。(ただ、悲しい事件や恐ろしい争いetc…をニュースで見る度、母の理論では説明のつかない事がたくさんある事も事実ですが。)

 突然こんな話、なんだ?と思われますよね(^^;) すみません。
 マキティさんのブログを読んで、若かりし頃の母をふと思い出してしまって。

 ただ、美姫さんの与えられた数多くの試練が神様からの「君なら乗り越えられる、やってみろ!」という物なら、美姫さんに変わって一言言いたい…「神様、もう、いいっしょ〜!!! いくらなんでももう充分です(TT)」

 心にも身体にも、パワーの充電・・・。
 本当に、そうですね。
 この言葉、どなたか美姫さんの見える所に、常に貼っといて頂きたいです(笑)
Posted by キャリー at 2008年11月27日 23:52
こんにちは

キャリーさん いいお母様ですね
私の母なら何て応えてくれたのか
また私だったら息子にどう応えただろうかと考えてしまいました

〜強い子だから神様があえて辛い試練を与えた 君なら乗り越えられる〜


ただ キャリーさんも仰るように
現実には説明のつかない事 納得のいかない事が多すぎて
世の中の不条理が悔しくて腹立たしくて やりきれなくて
無力な自分と人間の悲しさを感じるばかりです・・・

もうこれ以上 試練はいりません
美姫ちゃんには誰よりも誰よりも幸せになってほしい
Posted by マキティ at 2008年11月28日 18:15
マキティさんこんにちわ。

マキティさんの文章を読んですごく感動しました。
07年の世界選手権の優勝はオリンピックシーズン後の辛い試練を乗り越えた美姫ちゃんに神様が与えたプレゼントだったのかなと思いました。

復活のシーズンとなったこのシーズン(06−07シーズン)のSP・シェヘラザードはすごく印象が残っています。

GPファイナル出場が決まった美姫ちゃん。順位や点数を気にすることなく、美姫ちゃんには美姫ちゃんの会長さんのワルツとジゼルを演じてほしい(滑ってほしい)と思います
Posted by かおちゃん at 2008年12月03日 13:48
かおちゃんさん こんにちは

美姫ちゃんの試練 苦悩には
私達ファンの知っているものだけではなく
見えないところで誰にも気づかれることなく流した涙も
笑顔の裏側に そっと隠されていると思います

神様からのご褒美を何度も何度も欲しがったりはしないから 
美姫ちゃんが 本当に望んでいるものだけは
必ず手にすることが出来るよう心から祈っています

Posted by マキティ at 2008年12月03日 19:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。