2008年12月21日

安藤美姫の支えになりたい

21 歳になった 18 日の深夜(正確には 19 日 00:10 〜)
「すぽると」で「安藤美姫 再び輝くために」が放送された。

インタビュー中、スケートに対して
「好きなだけではやっていけない。好きなだけでやっていたいけど」
という言葉があった。
美貌と才能に恵まれ、フィギュアスケートの世界で
今日まで生きてきた選手の正直な、しかしながら考えさせられる言葉だった。

好きなことで、好きな道で自分の存在価値を求め、結果、
それを実感できれば、これほど幸せなことはないであろう。
だが、ただ好きなだけでは誰も、何も成し得ないことは
頭の中で理解はできていても、人がそのことを忘れてしまっているのも事実だ。

憧憬と羨望のまなざしを集めたその裏側には、
それと引き換えに失わざるを得なかったものも、
人知れず涙した苦悩も、たゆまぬ努力も、
期待されるが故の計り知れない重圧があることも、決して忘れてはならない。

某掲示板で、こんな書き込みがあった。
「重荷を軽くしてあげたい。
 日本の片隅でこじんまりと応援している気持ちが何かしらの力になれば」
慎ましい想いが私の胸を打った。

そもそもファンというのは、熱心な支持者や愛好者、fanatic の短縮形をいう。
応援するあまり熱狂的、狂信的なまでに頭に血が上り、
ストーカーまがいな行動をとる者は問題外として
選手の心情や状況を考えもしないでサインを求めたり、
記念撮影を強要したりなど、無神経なファンが少なからずいるようだ。
また愛情も度が過ぎると、ああして欲しい、こうして欲しいと意見を押しつけたり、
自分の理想の型に、はめようとさえする。
その結果、掲示板などで、それぞれの見解の相違から
選手の気持ちそっちのけの言い争いにまで発展してしまったりもする。
期待をしてしまう気持ちは判らなくもないが、
どんな時でも選手の気持ち以上に大切なものはないのだ。

「好きなだけではやっていけない」
期待され結果を求められる選手の重圧を少しでも軽減できるよう、
励みとなって、それを力に変えられるよう、応援する側は心がけなくてはならない。

日本の片隅で、安藤選手のために支えになりたいという慎ましくも
衷心からの想いこそが本来のファンのあるべき姿だと思う。


ファンが、応援という形で間接的に選手を支えているのだとすれば、
選手の身近で、直接支えている方達もいる。
選手のご家族やコーチ、トレーナーの存在はいうまでもなく、
練習場となるリンクのスタッフの方々、関係企業など、枚挙に暇がない。
そして、あまりにも当たり前すぎて見過ごされがちなのが、
スケート靴の職人の方達である。

スポーツ関係の仕事をしている知人によると、
12 月 25 日に発売される「Number 719 号」に特別企画として
別冊「もうひとつの物語り」が入るそうだ。
記事のテーマは「安藤美姫を支える力」というもので、
スケート靴に関する内容ということだが、
別冊の表紙と巻頭記事には安藤選手の写真が掲載されるという。
全日本選手権開催日でもある 25 日を楽しみに待ちたいと思う。



ファンとして、
選手を支えたいという想いは決して傲慢であってはならない。
このことを忘れないようにしよう。

「好きなだけではやっていけない」
例えそうであっても、
「好きだからやっていける」そんな安藤選手でいられるために。


posted by マキティ at 00:03| Comment(16) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マキティさん、はじめまして。
安藤美姫の支えになりたいという題の記事に
惹かれてコメントします。
私も美姫ちゃんのファンです。
決して完璧じゃない彼女を好きになりました。
ファンのあるべき姿についてはいつも
考えさせられます。
特に、何かと批判を受けやすい
彼女のことを思うと…
私はいつも美姫ちゃんには
勝ってほしいと思っていました。
表彰台の一番上で笑顔でいてほしいと。。
でもそれは彼女にとってすべてではないようです。
彼女にとって一番大切なことは
自分の力を四分間で出し切ることのようです。
美姫ちゃんを好きになって、彼女を応援
しながらいろいろなことを教えられている気分です。
マキティさんはそのような経験がありますか?

Numberの情報ありがとうございます。
700号での四大陸選手権後のインタビューが
とても気に入ったのでとても楽しみです。
Posted by MAI at 2008年12月21日 16:50
私も切なさを抱きしめるように舞う彼女のスケートが大好きです。
そんな彼女のすべりが大好きなのに、園半面でどうしても強い彼女を期待してしまいます。
怪我を背負いながら一曲を滑りきることは、爆弾を抱えながら滑るようなもの。
なのにいつも優勝ばかりをねだってしましまいます。
なんて身勝手なふぁんでしょう。
でも、でも、でも、彼女は絶対に絶対にもっと強くなれると想います。
だって、こんな不安定な感情を持っていても、ジャンプはいつだって力強い。コケル時も思いっきり回って、思いっきりコケル。三回転が二回転や一回転になったりしないんですよ。これって私的にすごいって想います(勝手にですが)
うまく書けませんが、彼女はやっぱり、神様に愛された一人なんです。
それが彼女を苦しめたり救ったりしてるのだと想います。
なんか熱く語ってしましました。
ファンて祈ることしか出来ない。
遠くから見守るって本当に難しいです。
あれこれ手をだしたくなるものです。
見守るだけって歯がゆくて寂しいけど、でも
美姫ちゃんのためにはそれが一番なんですよね。
Posted by 美姫ちゃんを応援しています。 at 2008年12月21日 17:55
 こんばんは。「好きなだけでは屋っていけない。」私もその言葉が印象に残りました。私事ですが、仕事で行き詰まりを感じていたときに、美姫さんのこの言葉に出会いました。この言葉には、どんな思いがあったのか、どれだけ彼女が悩んできたのかが、ほんの少し垣間見れた気がしました。              美姫さんがスケーターとして私たちの前に現れてくれていること。肩に故障を抱えている彼女が自分のために、ファンのために舞ってくれていること。そのことは本当に奇跡ですね。ただひたすらに感謝します。どうかどうか美姫さんに、これ以上試練が与えられませんように。祈ることしかできない自分がくやしいですが、毎日祈っています。
Posted by chiapon at 2008年12月21日 20:43
私もすぽると!見ました。「好きだけではやっていけない」と言う発言は安藤選手が大人になって社会人としての自覚のように受け取ったのですが、浅いですか。(笑)想いは深いのですが正直キツくなってくるので、全てを懐広く受け止めるように心掛けています。いつもその時々の心身共に精一杯を魅せてくれていると思うので、もっともっとの期待に「過大評価し過ぎです〜」と余裕で笑って応えてくれる安藤美姫選手でいて欲しいです。いつも熱いマキティさん、全日本まで大丈夫?ですか(笑)心配で〜す。頑張って!私も頑張りますから。
Posted by char at 2008年12月21日 21:10
美姫さんの言葉で「偉いなぁ」と思ったことの一つに、(正確ではないですが)「言葉でなくスケートを通じてファンの方々や支えて下さっている方々ヘの感謝の気持ちを表したい」というのがあります。 分け隔てなくファン全体を思う気持ちが溢れているように思いました。
ファンである我々の側について言えば、ゆえにファン全員の中の自分という視点、つまり節度とでも言うんでしょうか ・・が一番だいじな気がします。
同時に、自分の心に素直に 熱く応援したい。 ・・両立できるのが理想ですよね。

同じように、スケーター本人に伝える(あるいは伝わる)ファンの言葉は、スケーター当人を困惑させたりしないものでありたいと同時に、飾らない、本心からのものでもありたい。 ・・すると たまに悩んだりもします。(笑)

フィギュアスケートを語りあう vs スケーターに言葉を贈る、 フィギュアスケーターとしての選手を応援する vs その選手の私的な全人格を慕う、 これらの間には 曖昧ゾーンがたっぷりあって、だから掲示板などでも色々なすれ違いが起こりやすいのかもしれませんね。

ほんとうは皆、同じ夢を見ている ・・私は楽観主義なので そのことを疑いませんが、なんにせよ美姫さんには、美姫さん自身の夢を達成して頂きたい。 切なる祈りです。
Posted by nefertiti at 2008年12月22日 02:56
MAI さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

選手の支えになりたい、という記事タイトルですが、
本当はそれすら、勝手で傲慢な想いなのかもしれません。
こじんまりと慎ましく、暖かい心で見守るような姿勢が
本来のファンの理想的な姿のように感じます。
私は自分への戒めを含めて、もう一度真剣に考えなくてはならないと
思っています。
それと、「美姫ちゃんから教えられたこと」へのお返事は、
言葉にすると長くなってしまうので、いつか機会があれば!

Posted by マキティ at 2008年12月24日 11:09
美姫ちゃんを応援しています。さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

美姫ちゃんが、神様に愛された一人であることには間違いないですね。
試練を与えられたり、それを乗り越えてご褒美をもらったり、
なにかと注目されているのでしょう。
ただ溺愛されるだけで苦しみを知らない者は、
人間として成長しないものです。
美姫ちゃんは、神様(天)に選ばれた一人なんだと思いますよ。

Posted by マキティ at 2008年12月24日 11:11
chiapon さん、こんにちは。

美姫ちゃんの「好きなだけではやっていけない」という言葉には
いろんな想いが詰め込まれていて、
笑顔の裏側に想像もできないほどの重圧があるのだと改めて感じました。
そして、故障のある身体で、スケートを続けていてくれることに
感謝の気持ちでいっぱいになりました。
私達一人ひとりの衷心からの祈りが幾重にもなり、届けられればと思います。

Posted by マキティ at 2008年12月24日 11:39
char さん、こんにちは。

「過大評価し過ぎです〜」、いいですね、私も美姫ちゃんには
こんなふうに重たくならず、あっけらかんとしていてもらいたいです。
美姫ちゃんはとにかく生真面目すぎますから(笑)。
でも、そこがまた彼女の魅力のひとつでもあるんでしょうね。
いよいよ全日本選手権。
ご心配には及びません。毎試合、確実に寿命は縮まっています(笑)!

Posted by マキティ at 2008年12月24日 11:53
nefertiti さん、こんにちは。

ファン全体として捉えた場合の節度と、
自分に正直な熱い想い、両立することは確かに難しいです。
なにか支えになりたい、少しでも力になりたい。
個の想いが純粋でどんなに強いものであっても、
それをかたちにするのは本当に難しい。
日々、悩みはつきません・・・・。

Posted by マキティ at 2008年12月24日 12:23
マキティさん久しぶりです。そしてメリークリスマス^^
ナンバーのおしらせありがとうございます。ファンブックとあわせて買わなくては!
好きな人のファンであるってことは以外と難しいことだと思います。純粋に応援したり支えになりたいと思ったりするけど、ときには度をこしてしまうこともありそうで気をつけたりしてます。ネットで度々励ましのメッセージを書き込んだり試合やショーで応援したりするぐらいしか私にはできないけど、それでもそれが美しい姫に少しでもちからになれたら嬉しいと思ってます。
それはそれとして毎試合、確実に寿命は縮まっていますのこと、自分も全く同感です。^^; 緊張して試合の当日は全部終わるまでもう水もなにも飲めない食べれない状態なんです。年末年始のダイエットにはちょうどいいかも(笑) 
それではまた素敵な感想まってます^^ 全日本の応援頑張りましょう!
Posted by Yoli at 2008年12月24日 14:08
メリー☆クリスマ〜ス♪
マキティ家のクリスマスディナーはなんでしょう〜?(*^^*)

またもや美姫さんへの思いが伝わる温かい文章。 暖炉の前にいる様な気持ちになります。

「好きなだけではやっていけない」
 charさんと同じく、私もこの言葉を社会人としての自覚に思いました。 そして、人としての成長、そして美姫さんが目指している「指導者」になるためのステップアップの様に思い、なんだかホッとしたんです。(我が家は夫婦共々、子供に携わる仕事をしているので)
 人一倍苦しみ、それと立ち向かい・受け入れ・時に乗り越えた経験は、きっと素晴らしい指導者になる為のパスポートになると思うのです。 未来の日本フィギュアスケート界の希望の光がここに見えた!って感じです。
 あと、氷上で光り輝く素晴らしい演技をたくさん魅せてもらう為には、いい意味での「割り切り」は美姫さんのビタミン&精神安定剤になりますもんね(^^)(マキティさんの言う様に、美姫さんは生真面目すぎるし、ちょっと頑固ですから(笑))
 でも、競技生活を終える頃、「やっぱ好きじゃなきゃー、やってらんないよね〜!」と笑い飛ばす美姫さんでいてほしいです。


 Number情報ありがとうございます。
 年内の楽しみがまた一つ。(ウフフ♪)

 さあ、全日本!
 超手抜きローストビーフの仕込みも終わったので、夕方のニュースに美姫さんが映る事を信じ、テレビの前でスタンバッてます!
Posted by キャリー at 2008年12月24日 16:50
Yoli さん、こんにちは。

Merry Christmas ☆
そうですね、今日はイヴでした!
今年は家の中が寂しいので、クリスマス気分に乗り遅れています。
さて・・
掲示板への励ましの書き込みや、観戦、鑑賞と、
Yoli さんもお忙しく(笑)美姫ちゃんを応援されているんですね。
Yoli さんの純粋な想いはきっと、美姫ちゃんの心に届くと私は信じます。
聖なる夜に、Yoli さんにも素敵なことがありますように。

Posted by マキティ at 2008年12月24日 18:41
キャリーさん、こんにちは。

Merry Christmas ☆
マキティ家のクリスマスディナー?!
今年の我が家はウルトラ手抜きです。寂しいです(涙)。
「好きなだけではやっていけない」・・・・
この言葉からいろんなことを考えて、
少しでも、今後の美姫ちゃんの支えになることが出来れば、
いちファンとしての立場から、微力であっても何かしら力になれれば・・・
と、思うのですが、
本当は美姫ちゃん自身が「好きだからやっていける」というような前向きな、
ある意味、開き直って楽しむくらいの気持ちになって欲しい、
とも思います。
キャリーさんが仰るように、いい意味での割り切りです。
少し図太くなっても、調度良いくらいだと思うんですけれどね(笑)。
・・・あぁ!もう明後日には全日本!
美姫ちゃんファンの願いが、天に届きますように!!!!

Posted by マキティ at 2008年12月24日 19:42
はじめまして。
今までたくさんのスケートブログを拝見してきましたが、これほど胸を打たれるモノは初めてなので、コメントさせて頂きました。

アスリートというと、強靭な肉体に強靭な精神、というイメージですが、彼女は違う。脆いながらも成績を残している。新しいタイプの選手だなと思っていつも見ていました。
ケガが絶えないですが、気持ちがもっと、もっと強くなると減るような気がします。病は気からです!ミキちゃん!「私はケガなんかしないわよオーラ」を出しまくって下さい!

ユーロ解説のペリシエさんが、2008ワールドで言っていましたね。
「彼女が日本人に生まれてきた事には意味がある。そういう精神の中で育てられたはずだ」と。私もそう思います。
スケートをするために生まれたのではなく、スケートを通じて、人として成長する為に生まれたのかもしれない・・・
例え現役選手を退いたとしても、経験は財産になるはずです。
思う存分競技生活を満喫して欲しい。
勝手な妄想ですが、彼女が指導者として楽しそうに子供達を教えている様子が脳裏に浮かびます。

今月は世界選手権ですね。ミキちゃんが、満足できる演技が出来るよう祈っています。
Posted by ポッポ at 2009年03月03日 20:31
ポッポさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

「私はケガなんかしないわよオーラ」って、とてもいいですね。
たとえ何があっても強い気持ちを持ち続けるのは、大切なことです。

世界選手権、強い気持ちで臨んで欲しいですね。
Posted by マキティ at 2009年03月05日 12:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111486182
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。