2008年12月29日

安藤美姫は強くなる

2003 年 12 月、前日の SP で 2 位につけた安藤選手が
FS では 4 回転に成功して逆転の初優勝を飾った長野ビッグハットが
今年の全日本選手権の舞台となった。

先日のグランプリファイナルでは 4 回転サルコウに挑み見事に着氷するも
回転不足をとられ得点は伸びなかったが、
確かな手応えを掴んで臨んだ今大会であった。
27 日の練習ではジャンプの調子も良く、想い入れの深い長野の地で
5 年前の逆転優勝の再現を期待したファンも多かったはずだ。
しかし、
FS 、第 4 グループの 6 分間練習でまたしても不運が安藤選手を襲った。
各選手が最終チェックをする緊迫した空気のなか、
村主選手の進路上を安藤選手が後ろ向きに滑走していた。
とっさの出来事に避けられなかったのか、
そのまま衝突して両者とも激しく転倒した。
村主選手は瞬間の痛みだけですんだようだが、
安藤選手は怪我を負ったのか、脚をかばうようにしながら
明らかに狼狽したようすだった。
その後、ジャンプを試みるが脚に不安を抱えた状態で、
練習時間を少し残し、早めにリンクから引き上げたのだった。

不意を襲った衝突事故は、
この大会に向けて集中してきた心にも傷を負わせた。
村主選手にも、安藤選手にも。

安藤選手の演技は、終盤 1 つ転倒こそあったが、
大きく崩れることのない気迫に満ちたもので、
何が何でも次の舞台に繋いでみせるという強い想いが感じられた。
そして、 見事に滑りきった。
TV を観ながら私は泣いた。
あまりの出来事を目の当たりにして、
何故こうも安藤選手には悲劇がつきまとうのかと、ただただ嘆いた。
だが、いつもなら涙が尾をひいて、
あのアクシデントさえなければ、4 回転を成功させて
優勝できたかもしれないと悔しい想いが頭を支配していたであろう私が、
まったく違う感覚を覚えたのだ。

試合直後のインタビューで
「不安な気持ちで臨んでしまった」
と反省の言葉を口にしていた。
試合直前に思いもよらぬ怪我を負っても、左右されない精神力で
FS に向かいたかった、と安藤選手本人は思っているようだが、
痛みと不安のなかで大崩れすることなく、よくぞ滑りきったと思う。
また、Sportsnavi のコラムで
神様からご褒美がもらえるとしたらという問いに、
「自分を信じる気持ちを持たせて欲しい」と応えているのを目にした。
自分を信じる強い気持ち。
アスリートとしての大切なものが今はまだ備わっていない、
あるいは、「自分を信じる」ことができない、というのだ。
できないもの、足りないものに、はっきりと気づいているのであれば、
精神的な強さにもまだまだ伸びしろがあると云えるのではないか。

トリノオリンピックでの惨敗は
「しーちゃんと同じやつ獲りたい」の想いを心に刻み、
06 全日本では、肩の痛みに耐えぬいたからこそ
翌年の世界選手権で優勝することができた。
今年 3 月世界選手権での途中棄権からは、
故障と向き合ったからこそのスケートへの強い想いで這い上がってきた。
今回の全日本も右脚の痛みと闘いながらも、
結果 3 位を死守して、来年 LA での世界選手権の切符を手に入れた。

安藤選手はどんな状況に追い込まれても、必ず何かを掴む。
ひとつひとつ、本当に不器用なまでにゆっくりとした歩みではあるが、
確実に大きく成長し続けている。
どん底からリンクへと何度も何度も帰ってきてくれるのだ。
心を揺さぶる鮮やかな復活劇となって。


私は確信している。


安藤選手はこれからもっと強くなる。



posted by マキティ at 00:15| Comment(10) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マキティさんこんにちは!
2回目のコメントです!!
ミキティは素晴らしかったですね
アクシデントはあったものの
それでも滑りきって終わった後も
少し首をかしげるなどやりきった
ミキティは美しかったです(^-^)
エキシビジョンを見ていて終わった後
ジャンプなしときいて驚きました・・・
気付かなかったんです!
それだけスピンとステップだけで
会場を魅了したミキティはすごいと
感動してしまいました!
しかしEXのニュースにコメントを書こうと
思ってみたら・・・
泣くなんて最低とかたくさんのひどい
コメントがたくさんありました・・・
気づくと一生懸命、削除要請を出している
自分がいました・・・
ショックでしたがそういう人も
いるということを知らされました

だからその分僕たちファンが一生懸命
ミキティを応援していかないと
いけないと感じました!!

これからもミキティを一生懸命
応援してあげましょうね(^-^)v
Posted by コアラ at 2009年01月05日 19:01
マキティさまはじめまして!
いつも素敵な愛あふれるメッセージに癒されています!読んでいて涙がでることも多々あり、マキティさまのブログに出会えた事に感謝しています。私も安藤選手の大ファンですが、マキティさまには負けそうです(笑)。
世界選手権では安藤選手の笑顔がみれるといいなぁぁぁ、と期待してしまいますが、きっと、安藤選手にとっての晴舞台はバンクーバーオリンピックなんですよね。
それまで怪我なく過ごせるよう祈ってます!
もちろん、マキティさまの素敵な記事も期待しちゃってます!
Posted by akiko at 2009年01月05日 20:58
コアラさん、こんにちは。

全日本選手権、美姫ちゃんは本当に立派でした。
アクシデントによる脚の怪我と、
呼吸も乱れるほどの動揺があったはずなのに、
よくぞ滑りきったと思います。
調子が良かっただけに、
納得のいく演技が出来なかったのは残念でしたが、大きく崩れないで
世界選手権への切符を手にすることができ、
救われる想いがしました。


世の中には心ない人間も大勢います。
私はそういう方々の思考まで理解するほどの寛容さは持ち合わせていませんし、
人として、ただただ嘆かわしいとしか云えません。

コアラさん、これからもずっと美姫ちゃんを応援していきましょうね!

Posted by マキティ at 2009年01月06日 11:27
akiko さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

いきなりですが、
私のブログは何のとりえもありません(笑)。
美姫ちゃんを応援する気持ちだけで綴らせていただいています。
「出会えた事に感謝」だなんて、お恥ずかしいかぎりです。
でも、そんな風に思って下さって嬉しくて、私のほうこそ感謝です!

美姫ちゃんには、これからも色々なことがあるかもしれませんが、
最高の舞台で最高の笑顔となるよう、祈っています。
Posted by マキティ at 2009年01月06日 11:53
マキティさんこんばんわ。

私は今、こうやって美姫ちゃんを一生懸命応援しているマキティさんに出逢えたことが何だかすごく嬉しいのです。マキティさん同様、私も一生懸命美姫ちゃんを応援しています。

美姫ちゃんはすごく頑張り屋さんですよね。全日本選手権のフリーの6分間練習でのあのアクシデントの中での3位。そして、浅田真央選手・村主章枝選手とともにアメリカ・ロサンゼルスで行われる世界選手権の代表を確定させたのですから。すごいですよ、美姫ちゃんは。

ぜひ、今年も訪問させてくださいね。
Posted by かおちゃん at 2009年01月06日 20:34
かおちゃんさん、こんばんは。

ありがとうございます。
私もかおちゃんさん、そして美姫ちゃんを応援されている方々に出会えて、
本当に嬉しく思っています。

哀しみ、痛み、いくつもの苦悩を乗り越えようと懸命に頑張る美姫ちゃんを、
皆さんと共に応援していきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いします!



Posted by マキティ at 2009年01月06日 23:00
マキティ様

こんにちは!またまた訪問させていただきました。
何度も何度もビデオを見返して、全日本の女子ショートは、安藤選手の演技が一番すばらしいということを、再認識しました。

3-3ですが、ジャンプは±90度ならばOKなんですよね? どう見ても回っているように思えるのですが… 回転不足をとられてしまいましたね…
でもステップもすばらしかった!情感あふれる、はかなげで美しい『SAYURI』でした。この衣装も素敵ですね。濃いピンクと群青のコントラストがとても綺麗で、よく似合っています。

転んだとき、村主選手はお尻からだったのでたいしたことはないと思ったのですが、安藤選手はひざから落ちたので、あっと思いました。
あの緊張ただよう時間に、ショートを見ても調子が良さそうだったのに、どれだけショックだったでしょうか。そのあと、サルコウを試してみて転んだときには、娘も心配そうに黙り込んでしまいました。
でもフリー、よく滑りきりましたね。見事でした。

後で娘と話したのですが、あれが逆の立場であれば、安藤選手はすぐ村主選手に駆け寄ったのではないかと思われました。もちろん駆け寄ったからといってどうなるものでもないのですが、安藤選手は人のことをとても気遣う女性のような印象を受けます。
もっとドライで鈍感なほうが、アスリートとしてはいいのかもしれませんが、私はそれが安藤選手の人間としての美点ではないかと思っています。
Posted by 瑛日 at 2009年01月08日 01:00
瑛日さん、こんにちは。

全日本の SP 、演技を終えてキスクラで採点待ちをしている時の美姫ちゃんを今、
思い出しました。
バラの花束を抱えて、胸の前で小さく手を叩いた嬉しそうな笑顔。
あの笑顔が物語るように、
「 The Chairman's Waltz 」は、本当に素晴らしかったです。
それだけに、
翌日の 6 分間練習での衝突事故は、悪夢のような出来事としか云いようがありません。
本っ当に悔しい想いをしたであろう美姫ちゃんが、
あの「痛み」から完全に立ち直って、目には見えないものを恐れたりすることなく、
美しくも力強い演技で、輝くような笑顔を取り戻してくれるよう切に願います。

心優しい美姫ちゃんのこれからが、暖かい光に包まれますように☆

Posted by マキティ at 2009年01月08日 13:11
マキティさん、昨日は一周年記念日だったんですよね?おめでとうございます!一年前の今頃は?を知りたくてマキティさんのメッセージを読み返していました。熱かったですね。今も変わらずにあり続けることは大変な能力と精神力が必要なこと思います。お陰様で私は安藤選手を応援する思い喜怒哀楽を共有出来る事に感謝しております。本当に悲しいこともありましたね。すみません。<涙>これからもバンクーバーまで、ソチまで?いけるとこまで綴って下さい。お付き合いさせて頂きます。(笑)
Posted by char at 2009年01月12日 04:00
char さん、こんにちは。
そうなんです、1 月 11 日で開設して丸 1 年になりました。
char さんだけです、気づいて下さったのは(笑)

始めた頃は、とりあえず記事数を増やそうと、躍起になっていたり、
現在に追いつこうと、過去を振り返る作業を端折ったりして、
まったく内容のない幼稚園児レベルの作文で、
今となっては削除してもいいようなものでしかありませんが、
まあ、なんというか・・それでも記事には罪がないというか(?)
公開した状態のまま放置してあります(笑)

私事になりますが、昨年はおみくじで云う「大凶」のような 1 年でした。
別離の涙に明け暮れた、なにも良いことのない悲しい 1 年だったように思います。

今年がどんな年になるのか、誰にも未来のことは判りませんが、
美姫ちゃんが、楽しく笑顔で過ごせるよう、遠く離れた地から、いつもいつも祈っています。


Posted by マキティ at 2009年01月13日 13:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。