2009年01月22日

目には見えないものに〜

科学の力によって、私たち人間の暮らしは、ずいぶん便利になりました。
この 10〜20 年だけを見ても、飛躍的な進歩を遂げていると云えるでしょう。
しかし、これをこうすればこうなる、ということを発見しただけで、
「無」から何かを作り出せるようになったわけではありません。
もともと地球上にあったものを利用しているだけです。
人間にわかっているのは、この世の成り立ちや仕組みの、ほんの一部に過ぎません。

科学で証明できない物事は頭から否定するような、傲慢な態度をとる人もいますが、
例えば、そういう人達は今まで何かに祈ったことはないのでしょうか?
お墓参りに行ったことがないのでしょうか?
験を担いだことはないのでしょうか?
これらは、もっともらしい理屈でお茶を濁されていますが、
科学的な根拠、あるいはこれらによる影響や効果等、証明されたものではありません。
にも拘わらず、多くの人がそういう行為をしているのです。
人智を越えた何か大きな力、エネルギーのようなものの存在を100%否定することが
できないからだと思います。

大昔から人はその「目に見えない力」があることを知っていて、
それを「神」と呼んで崇め、畏怖の念を抱いていたのではないでしょうか?

ある意味において、科学と対極の位置にあるのが信仰や宗教で、
日本では八百万(やおよろず)の神々がいると云われていますが、
神様は一人だけ、という宗教もあります。
教えも様々ですし、この世の成り立ちや、あの世の様子も、宗教ごとに違います。
どの宗教も、人々を救うために生まれてきたはずです。
しかし悲しいことに、争いごとや、戦争の原因になることがあるのも事実です。

また、言葉にもなんらかのエネルギー(言霊)があると言われています。
愛でるような言葉をかけながら育てた植物はよく育ちますが、
罵詈雑言を浴びせていると、他の条件は全く同じでも枯れてしまうそうです。
これは言葉のエネルギーだけではなく、植物にも感情があることがわかってきたので、
そのせいかもしれませんが。
言霊の存在を否定してしまうと、応援や声援はあまり意味がない、ということに
なってしまうでしょう。

と、言霊のもつ力や、「目には見えない力=神」を肯定したいがための強引な前置きを
してしまいましたが、 私は、無宗教です。
お宮参りや七五三の時には神社へ連れられ、挙式は教会で行うという、
良く云えば何ものにも囚われない、悪く云えば節操のない人間です。
もっと云うと普段は、信仰、はたまた霊能力や超能力(予言、占いの類)等を
積極的に信じて何らかの行動を起こすということはありません。
信じても、祈っても、どうしようもない現実があるからです。
理不尽なこと、許し難いことが後を絶たないからです。
だからといって「目には見えない力=神」を否定するのではなく、
そういう大きな力の前には、人間の無力を感じてしまう、ということが云いたいのです。

私という、ちっぽけで在りきたりな人間。
とてつもなく大きな目には見えない力の前に、自分の無力さを思い知らされるのです。

どんなに大切に想っていても、自分は何にもしてあげられないんだと・・・・。



それでも。

美姫ちゃんの力になりたい、何としてでも苦境から救ってあげたい。
降りかかる試練、不運を取り除きたい、そう届けられるものなら、
人智を越えたエネルギーのような大きな力に全身全霊を込めてこの想いを届けたい。

美姫ちゃんのスケート人生が成功するなら、
美姫ちゃん自身の人生そのものが幸せになるなら、
私は自分の寿命がちょっとくらい短くなってもいいとさえ思う。



自分の力ではどうしようもない時、
信じる信じないに拘わらず、目に見えない力に頼ってしまうものだと云いますが、
すべての真実、すべての真理は、さて置き。
「美姫ちゃんのためなら」という想いだけは、この胸のなかに確固たる姿で存在します。
そして、目には見えない力に入魂の愛で届けるべく、
今年も美姫ちゃんを応援していこうと思っています。

posted by マキティ at 17:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マキティさんこんにちわ。

マキティさんのそのお言葉は素晴らしいですね。
確かに、中傷めいたコメントをすれば中傷をされた側は傷ついてしまいますし落ち込んでしまいますよね。
された本人だけではなく、本人を応援している人たちは不快に思ってしまうでしょう。

私は美姫ちゃんの応援ブログ(真央ちゃんも応援しています)をYAHOOブログでやっていますが、コメントをする時や記事を書く時も中傷に近いコメントや記事を書かないように心掛けています。

マキティさんの美姫ちゃんに対する愛情は私のものとは比べ物にならないくらい深いですよね。尊敬します。

私もマキティさんと同じくらい美姫ちゃんを応援していきたいと思います。
Posted by かおちゃん at 2009年01月23日 15:26
かおちゃんさん、こんにちは。

今回の記事、ずいぶん悩みました。
元々、信心深くはないですし、神道を勉強したこともありませんから、
非常に中途半端なものになってしまいました。
美姫ちゃんに対する気持ちは、本当に自分の中にありますが、
あんまり熱く語ると、皆さんが退いてしまわないかと、気にもなりましたし(笑)
でもまあ・・こういう熱いファンもいるんだってことでお許し下さい(恥)
2009 年の最初の記事に、決意表明の意味も込めて!
これからもずっと美姫ちゃんを応援していきます!
Posted by マキティ at 2009年01月23日 18:26
マキティさん、お久しぶりです。

とても素敵なメッセージに感動しました。マキティさんの言うとおり、言葉の力って大きいと思います。美姫さんのことをずっとずっと応援しようというマキティさんの温かくて、優しい気持ちがとても伝わってきました。

美姫さんが様々な中傷によって、どれぐらい涙を流したのか、考えるだけで悲しい気持ちになります。だからこそ、私はそんな言葉をどんな時も使いたくないと思ってしまいます。現実には、何気ない一言で誰かを傷つけているかもしれません。けど、そんな自分にはなりたくない!って思ってしまいます。

うまく言えないですが、美姫さんを見ていると、自分もがんばりたい気持ちにさせられます。美姫さんを見ていると、やさしくて強い人間になりたくなります。そんな美姫さんに出会えた奇跡に感謝です。その感謝を込めて、これかも応援し続けていきたいと思います。まとまらない文章になり、すいません。
Posted by chiapon at 2009年01月23日 21:21
chiapon さん、こんにちは。
心温まるコメントを下さり、ありがとうございます。

科学で証明されたこと、人間が解析できたことって、
すべての真実の、ほんの一部にしか過ぎないと思うんです。
(だからといって、未確認飛行物体、未確認生物、超常現象等に
 興味ある派ではありません。念のため)
言葉のもつエネルギー(言霊)を否定したくはありませんし、
胸の中に宿る確かな想いなら、
何らかのかたちとなって美姫ちゃんの力に成り得るかもしれない、
そう云いたかったんです。
ちょっと熱く語り過ぎた部分もあるので、公開するべきではなかったかもしれませんが(笑)
いつもながらの美姫ちゃんへのラブレターということで・・・・。

chiapon さんのもつ優しさと強さで、これからも美姫ちゃんを応援してあげて欲しいと思います。
Posted by マキティ at 2009年01月24日 11:54
お久しぶりです。
私も、な〜んにも信仰してない人間の一人です。 敬虔なクリスチャンの友人(アメリカ人)は「信仰なくして生きている人はすごい!」と驚きます(^^;)

毎年、某大師に車の祈祷に行くのですが、お坊さんの言葉って聞いてるだけで、神妙な心持になるし、「フムフム、良いことを聞けたぞ。」と、温かい気持ちにもなります。(因みに今年の説法は「シートベルトはやらされてると思うのではなく、自分を守ってくれるありがたい物と思えば、いちいち腹が立たずにすむ・・・」という様な事でした。 ン?私が言うと、イマイチ伝わらない・・・。)


人間にレベルは無い。ただ、「信念」の大きさが違うだけ。 人を羨ましがるなら、ひたすら「信念」を持て!と、高名な西洋のお坊さんが言ってました。 そう、私とオバマさんの違いは「信念」の違いがあるだけなんです(笑) (藤原紀香と私の違いは、信念だけでは縮まらないけど・・・。)

「言霊」私も信じてます。
「信じる」思いを「言葉」に乗せて「念じ」続ければ、きっと叶いますよね。 きっと美姫さんの力になると思います。
心無い言葉には、何の力もありません。 もちろん、そんなくだらいない物にも人を傷つけ、人の命をも奪う事はあるかもしれませんが、「愛」のある「言葉」に敵はいないと思います。 マキティさんの「愛」はちゃんと美姫さんの力になると思うし、安藤美姫サポーター皆で、これからも沢山の思いを送り続けて、美姫さんに「自分を信じる力」をプレゼントしていきましょうね。

こちらにお邪魔すると、いつも長くなってしまって。 すみません。
Posted by キャリー at 2009年01月27日 13:43
キャリーさん、こんにちは。

信仰とは縁のない生き方をしてきた私ですが、
礼拝に数回、足を運んだとき、
牧師さんのお話を聴いて思いがけず涙がこぼれたことがありました。
良いお話だったように記憶しています。
また、挙式の後にいただいた書物には、こう記してあります。
「愛には恐れがない」
完全な愛は恐れを締め出す、ということだそうです。うーーん、奥が深い!

いろんなことを突き詰めて考えていると、ちっぽけな自分を思い知らされます。
つくづく無力ですね・・。
そうは云っても、
目には見えない大きな力へ、言霊のパワーが届くまで諦めずに送り続けたい。
キャリーさんも仰るように安藤美姫サポーター、皆さんの心からの想いを
届けたいですね。

Posted by マキティ at 2009年01月28日 13:11
マキティさん、お元気ですか?
エントリーにどことなくもどかしさの言霊を感じてしまいましたが、きっと私の勝手な杞憂でしょうね。(^^ゞ

人世の一番多感な時期をミッションスクールで過ごしてしまった私としては、神というととても西欧的な自我の鏡のように感じてしまいます。何せ神学と称し合理で神を証明しようとし、結婚ですら神との契約にてとり行なわれる文化。
でも、宇宙の成り立ちを想うと、全てを包括する巨大な知性はやはり「神」だろうな、なんて思います。
(受けた教育の影響は恐ろしいですね。(^。^) )

私たち日本人が「神様」というともっとやさしい感じですね。 ホッとします。

いろいろな考え方がありますね。そのホッとする部分を「甘えの構造」と表現する人もいますが・・。
ジョン・レノンが「神とは僕たちが自分たちの苦痛を計る時の観念だ」と歌った時、厳しいことを言うなぁ、と思いました。 願いは神に託すのではなくて、自分の歌に託す、そんな気概を彼はメロディに乗せたような気がします。 決して不遜ではなくて、聴く心に伝えようとする裸の心を感じますが・・・・あれれ、ちょっと脱線しましたね。

みんな美姫さんといっしょにいるよ、最高の演技を待ってます。そんな言霊が、マキティさんとみんなとの間にいつも飛び交うのを感じています。(^^v
Posted by nefertiti at 2009年02月03日 02:41
nefertiti さん、こんにちは。
今回の記事に、もどかしさをお感じになられましたか(笑)
「神」への思想は人それぞれですから、
何が正解とかいうものでもありませんし、一言ではいいきれませんし、
難しいですね。
難しいことを題材にすること、
記事として公開することに、躊躇しないでもなかったのですが、
年明けにちょっぴり神妙な心持ちになる、いい機会になればと思いまして。

はなしは逸れますが、私の兄もミッション・スクールでした。
その影響があったのかどうかは別として、
友人の勧めも手伝って、高校生の時分、聖書を拝することもありました。
きっとその頃の記憶が、心の奥底に残っていたのかもしれませんが、
教会でいただいた
「愛には恐れがない」の言葉が、今の私を駆り立てているのかもしれません。

Posted by マキティ at 2009年02月03日 14:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。