2009年02月18日

フィギュアスケーターへの敬意

最近、TV の視聴率が伸び悩んでいるらしい。
私自身はそれほど TV が好きなほうではないのだが、それでも以前と比べると、
見たいと思う TV 番組が減ってきているのは確かである。
なにも懐古趣味というのではないが、昔のほうが良い番組を作りたいという、
作る側の気概や想いのようなものが感じられたからに他ならない。

ある程度企画も出尽くして、なかなか新しいアイデアも出にくいのかもしれないが、
どのチャンネルを見ても似たような番組か、
今までにはなかったけれども、ただそれだけ、というような番組ばかりで面白くない。
ドラマひとつとっても、漫画が原作という作品がやたらと目につく。
もちろん漫画にも優れた作品はいくらでもあるだろうから
全面的に否定しているのではなく、TV 化に際しての作り方が安易というか、
こうも溢れかえってくると短絡的に企画しているように感じるのだ。

過去に高視聴率を取った番組をパターン化し、
それがなぞらえているばかりでは見るほうも飽きてきて当然である。
TV が娯楽の主流だった時代なら、それでも視聴率は取れたかもしれないが、
いまや CS やケーブル TV は多チャンネル化し、インターネットでも
動画や番組は配信されている。視聴者の選択肢は格段に増えているのだ。
ところが、地上波民放各局は広告収入の激減から、経費削減だの、
大物タレントのリストラだのと制作費を削ることばかりに躍起になっている。
それでは質の良い番組などできるはずもない。

そもそも、それ以前にもっと早く気づくべきことがあるのではないか。
過剰な、それも不必要な演出にウンザリしている視聴者が増えていることに。

フィギュアスケートの試合の中継に出てくるタレントに、
スケートに対する見識や愛情はあるのだろうか。
大相撲の番組にデーモン小暮氏が出演するのは納得がいく。
デーモン氏は長年にわたって相撲への深い愛情をもち、
尚且つ豊富な見識を持っているからだ。
だがゲストと称して番組の宣伝のためにタレントが出演したりするのはいただけない。
彼や彼女へのインタビューが選手に対してのそれをカットしてオンエアされては
納得のしようもない。

また、野球やラグビー、格闘技などは正に対決し勝敗を決めるスポーツだ。
だがフィギュアスケートは、結果的に順位がついてしまうとはいえ
優勝者以外の選手が敗者というわけではない。
それなのに勝敗のみをクローズアップし、対決ムードを煽る。
優勝争いに絡んでいない選手はまるで無視するかのようだ。
選手に対しての敬意がまるで感じられない。


と、制作者側への不満を述べたが、
本当のところ、視聴者側にも問題があると感じてしまうのは私だけではないだろう。

フィギュアスケートは「勝敗だけがすべて」ではない。
選手それぞれの技量はもちろん、
衣装や音楽、それらを総合した芸術としての楽しみ方がある。
もっと云えば選手の個性やそれまでのドラマ等も合わせて見処はたくさんあるはずだ。
にも拘わらず、誰が優勝するのかと、そのことばかりに関心が傾く視聴者が
増加しているのだとすれば、こちらも短絡的と云わざるを得ないだろう。

「勝つ」ことにしか興味をもてなくなってしまった視聴者にこそ、
本来のフィギュアスケートの楽しみ方を思い出して欲しい。

選手一人ひとりのドラマに愛情をもち見守るように観戦、鑑賞していきたいものである。


来月、世界選手権が開催される。
安藤選手はもちろん、出場するすべての選手がどんな想いでその日を迎えたのか、
勝敗だけではなく、そのことも念頭においたうえで番組作りをして欲しいと思う。



posted by マキティ at 00:02| Comment(8) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マキティさん、はじめました。

2年前からこのブログを拝見させていただいています。毎回、マキティさんのコメントには”おっしゃる通り”と画面をみながら頷いき続けている私です。
私もテレビ等で感じることは、バッシング相手を探して目の敵にしているようにしか映りません。もっと多方面から考える努力をしたほうが幸せな時間を過ごせるんじゃないかなぁなんて考えてしまいますね。

あと一ヶ月ほどで世界選手権ですね、美姫さんには思いっきり楽しんで来て欲しいです。
そして、サイコーに素敵は笑顔が見たいです。
Posted by tomopii at 2009年02月18日 09:48
マキティさん、はじめまして。
フィギュアスケートが大好きで、こちらのブログも以前から拝見していました。
美姫ちゃんの女性らしい演技、私も大好きです!
フィギュアスケーターへの敬意…本当に大切ですね。どの選手も大変な努力を重ね、代表に選ばれ一生懸命頑張っているのですから…。皆を応援してあげたいです。また優勝した選手には素直におめでとうと祝福する気持ちを持ちたいなといつも思っています。最近はオリンピックが近いからなのか、マスコミが対決対決と異常に煽るので真央選手ヨナ選手の気持ちの負担は大変だろうと思うし、トリノ前後の美姫ちゃんを思い出して気の毒になってきます。
さて、世界選手権。美姫ちゃんはもちろんですが、真央ちゃん、村主さん、皆、怪我なくいい演技ができますよに!!しっかり応援したいと思います。
Posted by カブ at 2009年02月18日 10:37
tomopii さん、はじめまして。

TV、雑誌、新聞などのマスメディア、またネットの社会でもそうですが、
偏った、心ない発言ばかりが目につきます。
同じようなインタビュー内容なのに、大仰に誉め称えられる選手がいるかと思えば、
反対に、言葉の揚げ足を取られ不当に非難を浴びる選手もいます。
なぜ公平に、どの選手にも暖かい目で見るということができないのかと、
日々憤りを感じています。

試合やショーの TV 中継だけでも過剰な演出、偏見のない放送をして欲しいものですね。
コメントありがとうございました。

Posted by マキティ at 2009年02月19日 18:00
カブさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

怪我や病気などで長くリンクを離れていたり、不調を克服した選手には、
それだけでもドラマがあります。
たいへんな経験をとおして人間的にも成長された姿には心を打たれるものです。

苦難を乗り越えてきた選手一人ひとりの努力、その心情に想いを馳せて、
もう少し暖かい目で、制作者側は番組づくりをするよう望みます。


Posted by マキティ at 2009年02月19日 18:39
マキティさんこんにちわ。

マキティさんの意見に賛同させていただきます。

美姫ちゃんに関してはすごい誹謗中傷を受けているじゃないですか。それでも頑張っている美姫ちゃんを見ているとすごいなと思いますし、尊敬してしまいます。

テレビの報道に関しては真央ちゃんとヨナちゃんの対決を煽るような報道ばかりしていますが、ヨナちゃんが四大陸選手権終了後のインタビューで『率直に言って、今の状況はお互いに負担になるしかありません』と真央ちゃんを気遣ったコメントを残しています。
このコメントを見ると、ヨナちゃんは今の日本・韓国のマスコミに対して苦言を呈しているんじゃないかなと思います。

もうすぐ世界選手権がはじまりますね。私も美姫ちゃん・真央ちゃんをはじめとする世界選手権に出場するメンバーにはケガなく演技をしてほしいと思います。
Posted by かおちゃん at 2009年02月27日 13:53
かおちゃんさん、こんにちは。

TV 、新聞、雑誌、どれを見ても同じような取り上げ方をするだけの
この国のメディアには、うんざりしています。
どの選手も懸命に努力をして、それぞれにストーリーがあるというのに、
スポットライトを浴びるのは優勝争いに絡んだ選手だけ、という現状。
国内でいうと、浅田真選手だけではなく、
美姫ちゃんはもちろん、村主選手、鈴木選手、中野選手、武田選手、
どの選手も、平等に取り上げて欲しいと思っています。

スケーターに対しての敬意、愛情が感じられる報道のあり方を考えて欲しいものです。

Posted by マキティ at 2009年02月27日 23:33
マキティさん。久しぶりに書き込みさせて頂きます。世界選手権が始まってもマキティさんのメッセージが見られないことに心配しております。暫くブログ更新されていないことにも。余計なお世話ですみません。安藤選手SP良かったですね。感情を抑えている時の彼女は強い。また成長されたと確信しました。私は今回は不思議と落ち着いた気持ちでいます。頑張っている人の結果は感動を与えてくれるものだから、安藤選手の存在自体に感謝ですね。マキティさんの熱いメッセージを多くの方が待ち望んでいると思います。楽しみに待ってます。
Posted by char at 2009年03月29日 01:03
char さん、そろそろ更新しますので、今しばらくお待ち下さい。
ご心配をおかけしましたことをお詫びいたします。
Posted by マキティ at 2009年03月29日 16:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114419594
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。