2009年09月26日

強い気持ちで〜安藤美姫

今年は冷夏といわれた。
さほど気温が上がらなければ、そういうことになるのだろう。
だからといって、暑さが凌ぎやすかったわけではなく、
鬱陶しくジメッとした、梅雨のように蒸し暑い日が続いた。
わが家では、私が腰を痛めたり愛犬がヘルニアになったりで、
これといったイベントもなく静かに「らしくない夏」が過ぎ往くのを見とどけた。

9 月も終盤になると、さすがに朝や夜は涼しくて秋の訪れを感じるが、
そうなってくると、いよいよ来るべきシーズンが目の前に迫ってきて、
胸の奥がザワザワ騒がしく、何ともいえず落ち着かない。

辛い結果に終わった 07〜08 シーズンも
どん底から這い上がった 08〜09 シーズンでも
ここがゴールではない、全てはまだこれからと、
心のどこかに、ほんの僅かながら余裕のようなものが私の中にあった気がする。
だが、今季はそうは云っていられない。
待ったなしの、オリンピックシーズンが廻ってきたのだから。 

カウントダウンで息苦しくなった胸を、メディアが挙って逆なでしてくれる。
些細なことに、見えない何かに、わけもなく脅えてしまう。
得体の知れない恐怖に押し潰されそうで何処かへ逃げ出したくなる。
ときおり、そんな気分に苛まれるのは私だけであろうか。
今季を楽しみにしているとファンの声が聞こえてくる中で、
臆病で心配性の私だけが、この時期になっても、いまだ臨戦態勢をとれずに
とり残されている気がするのだ。

選手を応援するブログで、こんな弱気なことを呟いていいのか。
何故、不安を煽るようなことをわざわざ発言するのか。
その答えはいたって簡単。
今ここで、胸の内のネガティブな部分を吐き出しておきたい、それだけだ。
本格的にシーズンが始まれば、
(あの時に何をすべきであったかなどと後ろを振り返ることも)
逃げ出すことも、弱音を吐くことも出来ないからだ。
私はこれを自分自身にいい聞かせておきたいと思う。

安藤選手には千載一遇の好機を逃すことのないよう、
残り僅かとなった貴重な時間を大切に、
大切に過ごしていただきたいと心の底から願う。
来るべきシーズンへ向けて、
準備万端ぬかりなく、強靭な身体と誰よりも揺るぎない精神で臨んで欲しい。


さて。
先週末( 9/19 )ISCC(コネティカット国際スケートセンター) での
New England Competitor Exhibition において
安藤選手は今季の SP を披露したとのことである。
続いて今週末( 9/26 )には、
Stars, Stripes & Skates( Danbury Ice Arena )への出演。
さらには、さいたまスーパーアリーナにおいて
カーニバル・オン・アイスに出演が予定されている。( 10/3 )

競技やショーの前には、選手の談話を耳にする機会も多く、
安藤選手はオリンピックに対する意気込みを「前回より何百倍も強い気持ち」
とし、また、
「大事なシーズン。しっかりとした気持ちでハードに練習しないといけない」
との言葉もあった。

振り返れば、主力選手として注目を浴びるようになって以来、
その発言にも多くの関心が寄せられ、
嬉しくない事態に陥ることも少なからずあったように思う。

思っていることと、咄嗟に口をついて出た言葉が上手くかみ合わなかったことも。
考えぬいて選んだ言葉がマスコミによって捻じ曲げられて悔しい思いをしたことも。
不器用なまでに正直な性分が、裏目に出ることもあった。

トリノオリンピックの頃、「笑顔で滑れるように」とのコメントが多かったのは、
追いつめられても屈しない心、負けない自分自身への、
半ば無理やりに作った「笑顔」のようにも見えた。
無論、安藤選手にしてみれば「笑顔」に嘘があったわけではない。
会心の笑顔でトリノの地で輝きたかったはずだから。

ひとつの言葉にも様々な解釈の仕方があるし、
自ら発したコメントでさえ、その時には気付かなかった本心というのもある。
注目される立場、重責を負わされた者として、
万人から好ましいと感心される発言を求められるが、
並外れた能力をもったアスリートといえど、人であることには違いなく、
飾らない性格な上に、どちらかといえば饒舌であることが多い安藤選手は、
その分、余計な誤解もまねいてきたようだ。

だが、周囲の声に恐れることはない。
シナリオどおりにしか発言しない優等生である必要もない。

感情をコントロールすること。演技に感情を込めること。
スケーターとして大きな武器を手に入れた安藤選手が、
他の誰にもない表現力で観衆を魅了するように、
人間味あふれる愛すべきキャラクターのまま自分らしくあればいいのだ。

これから本格的にシーズンが始まれば、取材に応じる機会も増えるだろう。
どんな言葉を聞かせてくれるのか、どんな安藤選手に会えるのか、
ファンは心待ちにしている。

「前回より何百倍も強い気持ち」で、
「会心の笑顔」は、バンクーバーで見せてくれればいい。


posted by マキティ at 23:02| Comment(10) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりにコメントさせていただきます。

たった一つの言葉で振り回されたり、人々の共感を得ることがあるとマキティさんのブログから感じました。

でも、シナリオ通りの言葉では美姫さんじゃない!彼女らしくあればこそ私たちは救われるのだから。応援したくなるのだから。そんなことを強く思いました。
Posted by chiapon at 2009年09月27日 22:52
chiapon さん、お久しぶりです。

自分の気持ちを、そっくりそのまま言葉にするのは難しいものですね。
語り過ぎると誤解をまねき、
言葉足らずだと余計な詮索をされてしまいます。
ですが、美姫ちゃんは美姫ちゃん。
すべてを受け入れた上で、これからも彼女らしくいて欲しいと思います。

Posted by マキティ at 2009年09月28日 18:42
マキティさん。お久しぶりの、あっという間に秋になってしまいました。私はこれからを楽しみに時が止まって欲しい感覚です(笑)ダメですね〜。新プロについては賛否両論の予感がして、心配事がまた一つ?強い気持ちを持つことは難しいことですね。安藤選手は安藤美姫のフィギュアを魅せたいのであって、型にはまった王道はいかない。五輪でも五輪だからこそと私は思うのですが。正式発表はまだなのに、勝手に騒ぐなって事ですね。季節の変わり目には特にお体ご自愛下さい。戦いはこれからですからね。
Posted by Char at 2009年09月29日 00:18
Char さん、こんにちは。

全国的には、もうすっかり秋ということですが、
大阪は昨日も小雨が降ったかと思えば日が射したりで、蒸し暑かったです。
さて、
ネット上では新 PG を拝見できますが、安藤選手からの正式な発表があるまでは、
コメントは差し控えておこうと思っています。
というより、楽しみは少しでも、先延ばしにしておきたい。
もう間もなくでしょうけれど(^^;

いよいよのシーズンですね。仰るように、「本当の戦い」はこれからです!
Posted by マキティ at 2009年09月29日 12:17
マキティさんこんにちは。

いよいよシーズン開幕ですね。
マキティさんのブログやファンサイトのメッセージを拝見すると、みなさん同じ気持ちで日常を過ごしているのだなと安心したりします(苦笑)

トップスケーターの中で唯一、新プロの詳細が明らかになっていないのもモヤモヤの要因でしょうか。
ただ、新しい曲と共に更に逞しく美しく成長したスケーターであり表現者安藤美姫に会える予感がして楽しみな気持ちも大きいです!

その後リンダちゃんのご様子はいかがですか?
マキティさんもお体大切になさってください。
2月まで一緒に応援がんばりましょうね!
Posted by LOVEMIKI at 2009年10月01日 11:41
LOVEMIKI さん、こんにちは。

恐ろしい(笑)10 月になってしまいましたね。
皆さん、楽しみにされているようで、お心が強いんだなぁと敬服いたします。
とはいうものの、私も士気が高ぶるのをジワジワ感じて参りました。

リンダですが、まったく動かなかった脚はふらふらしながも立ってはいます。
ただ、そこから先がなかなかで、気長にいくしかないようです。
LOVEMIKI さん、私への心温まるお言葉、ありがとうございます。
何かと神経を使うこの時期、心底嬉しかったです。(T T)
2 月はもちろん、ワールドも見据えて春が訪れるまで応援頑張りましょう!!!!
Posted by マキティ at 2009年10月01日 16:38
>何かと神経を使うこの時期、

ごめんなさい
神経使わせちゃいましたね(>_<)
本意ではなかったんですが・・・・

なんかこの歳になって、また、娘を育てているような気持ちになっています^^;

親の心、子知らず・・・・って感じですかね?
でもなあ、その「娘」は「世界一の娘」だからなあ。
神経使うのは当たり前か^^;
Posted by Go! Miki at 2009年10月02日 21:00
マキティさま

本当におっしゃるとおり!
マキティさまは、いつも私などよりひとまわり大きな考え方をしていらっしゃる!!
マキティさまのお書きになったものを拝見すると、私、ほっとします。

今回のプログラムも素敵なものに仕上がっていそうな予感がします。
年々レベルアップしていますよね(^o^)

でも、自分を飾らない正直な安藤選手のインタビューは、私、ドキドキハラハラしてしまうんです。
「あ、そんなふうに言って大丈夫かな?意地の悪い人なら、わざと発言をねじまげて取るかも…」
「あ、そこで、ちょっとニッコリした方が印象がいいかも」
とか、(思いきって書いてしまいますが) 心臓によくないんです。

だからバラエティー番組に出演した安藤選手の、よく笑う自然体の様子を見て、ほっとするんですよ。

この間の某三流週刊誌の記事には、心底腹がたちました。どこからお金が出て、こんな面白半分のいいかげんな記事を書かせたんだろうと…
でも、まあ相手にしないことですよね。
…なんですが、また心配になって… 傷ついてないかな?とか…
私、母親気分をとおりこして、おばあさん気分になっているような気がします〜〜(^_^;)

(ずっと以前、授業参観の静かな教室で、お行儀の悪い娘が椅子ごと後ろに倒れたときは、大声で笑ったいいかげんな母親ですのに…)

ああ、でも考えても心配してもしかたない!
安藤選手の力を信じて!!!!!!!!
私はひたすら娘と応援します!
Posted by 瑛日 at 2009年10月03日 05:17
Go! Miki さん、こんにちは。

息の詰まるような思いで今季を迎えました。
このところブログの更新も滞りがちです。
皆さんの本音までは知りませんが、私自身はそんなに強い人間ではありません。

人の心の中にある良い部分、ダメな部分。
美姫ちゃんの強いところも弱いところも、すっぽり包み込むような愛で見守りたい。
すべてを受け止めるとは、そういうことなのだと思っています・・。
Posted by マキティ at 2009年10月04日 12:40
瑛日さん、こんにちは。

>「あ、そんなふうに言って大丈夫かな?
> 意地の悪い人なら、わざと発言をねじまげて取るかも…」
>「あ、そこで、ちょっとニッコリした方が印象がいいかも」

同じです。ついつい、余計な心配をしてしまいがちです。
でも、繰り返しになりますが、
強いところも、弱いところも、美姫ちゃんのすべてを受け止めて愛していきたいですね。

>授業参観の静かな教室で、お行儀の悪い娘が椅子ごと後ろに倒れたときは、
>大声で笑ったいいかげんな母親ですのに…

(爆笑)楽しいエピソードありがとうございます。
普通なら居心地が悪い場面で、明るく大声で笑える素敵なお母さまなんですね。
お嬢さまも、のびのびとお育ちになられたことでしょう。

今シーズンも色々あるかもしれませんが、2 月には嬉し涙で笑いたいですね。
Posted by マキティ at 2009年10月04日 13:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。