2009年11月10日

夜の女王とレクイエム

過去の嫌なジンクスを破り、念願であった NHK 杯を制したことと、
五輪選考にも影響する GP ファイナルへの出場資格を得たことに
安堵した優勝だった。
大切な試合、大きく崩れることもなく結果に繋がり、良かったと思う。
ただ、課題も多々残された、苦い優勝でもあった。

安藤選手の談話に度々見受けられる「自分らしく」という言葉。
この「自分らしく」とは、一体何であろうか。

NHK 杯、SP では気持ちが入らなかったことを悔やんでいたが、
それには 3 回転の連続ジャンプを控えたことに気持ちの揺れがあったと聞いた。
大会前、スピンやスパイラルを重点的に練習し、
さらには表現力に磨きをかけて Program Components の強化に取りくみ、
結果、おおむね 7 点台という評価も得られた。
確かに現行の採点方式ではリスクの大きい高難度ジャンプに執拗に拘るよりも、
POS で高い評価を得ることは重要だし、
芸術性の優れた演技は、フィギュアスケートの魅力ともいえる。

だが安藤選手には、安藤選手にしか出来ない高難度ジャンプがある。
トリプルルッツ、トリプルループの連続ジャンプ。
そして、4 回転も。
そう。「ジャンプの安藤」を忘れないでいて欲しいのだ。

このたびの大会の消化不良は自分らしさに欠けた演技。
自分らしさとは何であるか、安藤選手が一番よく知っている。
その上で、技術、芸術性、両方を兼ね備えなければならないこと、
その難しさを今まで以上に、より現実的に、認識できたことは安藤選手にとって、
課題が明確である分、良い収穫だったといえるのではないか。
曖昧な気持ちを引きずったままにせず、
コーチとよりいっそう真剣に向き合って自分らしさを追及していって欲しい。


さて。話は変わるが。
ロステレコム杯直前に SP が変更されて以降、
私の中では思考が止まり、煮え切らないまま、悶々としたものを抱えたまま、
この 2 大会を見守ることとなった。
それこそ消化不良をおこした状態で観戦するに至ったのだ。

「Queen Of The Night」から「REQUIEM」への変更。
「Queen Of The Night」(夜の女王)では、
観客の理解を得るのが難しいのではないかという懸念と、
楽曲よりも安藤選手のインパクトが強すぎるからとの判断で変更されたと聞く。
私は首をひねった。
解り易さやストーリー性の有無が、それほど重要だろうか。
本人のインパクトが強すぎると曲の「面白さ」まで台無しにしてしまうだろうか。

昨シーズンの「交響曲第 3 番オルガンつき」は、明確なストーリーが
あったわけでもなく、特段に解り易い曲というものでもなかったはずだし、
曲よりも選手のインパクトが強いという点に、問題があるとは思えない。
楽曲を安藤選手の想いのままに、大胆に創り上げていく、そうすることで、
「夜の女王」がもつ独特な個性も引き立たせることができるのではないか。

単調に繰り返される不気味な旋律を上手く利用して、安藤選手の色に染め上げ、
妖艶な魅力を最大限に活かすことができれば、
これほどカッコ良くて、強烈な PG はないだろうと思う。
さらに「夜の女王」なら、決められたエレメンツを
余裕をもって組み込めるのではないだろうか。
想像力を膨らませ、安藤選手の想うがままに、思う存分演じきることが出来る曲。
そう思えてならないのだ。

それと「REQUIEM」もまた同様に、もったいないと思った。

Ice Jewelry 2009、あるいは THE ICE で魅せた「REQUIEM」。
あの感動の演技を採点の対象 にしてしまうことに少なからず抵抗を感じた。
ショーで魅せた、冒頭の頭を抱えて 5 回まわり、両手でバンッと決めるところ。
空に向けた両手を広げながら走るところ。
倒れこんだのち、右手で何かを追うようなしぐさ。
安藤選手の驚愕や哀しみや追憶の感情が込められていた振り付けが、
2 分 50 秒の SP では端折られてしまった。
「REQUIEM」は鎮魂の楽曲だ。
髪は下ろしたまま。スカート部分は長め。照明はピンスポット。
そのすべてが先のショーで素晴らしかっただけに、もったいなくて仕方がない。

judgment すら及ばない領域。安藤選手の神々しいまでの美しさ。
私は五輪の EX で、最後の最後に、この「REQUIEM」を観たい。
安藤選手が競技を超えて、魂を込めた祈りを捧げる、感動のステージで観たいのだ。


・・・・と好き勝手なことを書いてしまったが、
悩みに悩んだ末、恐れながら進言しておきたかった。
ファンの声に耳を傾ける心優しい安藤選手に、戸惑いを誘うようなことを
云いたいわけでは、決してない。
SP に迷いがあるのなら、原点に戻って考えてみて欲しいのだ。
ジャンプやスピンといった各要素を無理なく組み込める PG 。
「REQUIEM」に込めた特別な想い。
心から滑るとは、どういうことか。
もういちどコーチと、戦力も含めて考えてみることも必要だと思う。


安藤選手が自分らしく、リンクの上で笑顔をみせてくれることを願って。

posted by マキティ at 23:22| Comment(13) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
いつも読まさせていただいてます。
マキティさんは、本当に安藤さんのファンですね。
私も、トリノの惨敗から懸命に復帰している姿に感銘を受けてずっと、応援していました。
安藤さんは誤解されやすい性格です。
子供のように素直な性格と表現はともすれば、自分勝手と取られて
損な報道に結びついたことがとても多かった。
豊の部屋で「しーちゃんと同じやつ獲りたい」と言ったこと、忘れてましたよね。
彼女らしいなあ、と思いました。
レクイエム、好きなプログラムですが、EXで演じた夜の女王は血気迫るものがあり(本気だったからでしょうが)
私が、いつも彼女に求める迫力は、競技では
夜の女王の方がいいのかもと思いました。
長かった4年間を経たOPシーズン。好きなようにやらしてあげたいと思うのですが。
戻さないかなあ・・夜の女王に・・・
Posted by むっか at 2009年11月11日 11:01
マキティさん、こんにちは。
Fansから来ました★名前が同じなので、わかっていただけると嬉しいです(^^)
こちらにコメントさせてもらうのは初めてです。

ですが、美姫さんに対する温かい思いを綴られた素晴らしい文章にいつも感動して読んでいました。

「夜の女王」「レクイエム」、どちらもそれぞれの感動がありますよね。レクイエムは最初みた時は、次元が違うというか、もう衝撃的で、ステップから涙が止まりませんでした。

夜の女王は聴き慣れない音楽でしたが、曲を自分に引き寄せて自分のものに出来る、そして音楽と一体化できる、という美姫さんの魅力を存分に生かしてくれるプログラムだと思います。
そして、モロゾフコーチが、数多ある曲の中からこの曲を美姫さんに託したということは、必ず意味があるはず。そしてそれを伝えるだけの力が美姫さんにはあります。

美姫さん自身も、夜の女王から何かを感じ取っているはず。

それを一度試合の場で見られたらな・・・と思います。全くファンはわがままですね(笑)
あと、もう1つ。ファイナル真っ盛りの12月5日はモーツァルトの命日です。そしてEXは6日。運命的なものを感じました。

でも、どんな決断を下されたにしろ、全力で応援することに変わりありません。美姫さんが思い切って演技できますように・・・

また来ますね(*^^)vでは♪








Posted by あき♪ at 2009年11月11日 16:56
マキティさま、こんばんは!

お元気だったのですね、良かった!
安藤選手が2大会で優勝して、ファイナル出場が決まり、きっといろんな思いをかいてくださるに違いないと思って、こちらに何度もクリックしていました。
娘は、「ご病気にでもなられたのでは?」と言い、二人で案じ申し上げておりました。
いろんな思いが交錯しておられたのですね。

私も『Queen of The Night』をショートで見たかったです。そして『レクイエム』はEXで。…今、検討中のようですね。
今回のEXで見せてくれた『Queen of The Night』は迫力のある素晴らしい演技でしたね。

実はゆうべ、娘と私で、安藤選手の演技のマネをしてみたんです。『クレオパトラ』や、『Queen of The Night』の蜘蛛が糸を手繰り寄せるような「ふり」です。
氷の上でもないのに、難しいこと!
「似て非なるもの」という言葉がありますが、とんでもない、「似ても似つかぬもの」となりました。
「そんなんじゃないわよ!全然似てない!変だよ、姿勢悪いし」
「お母さんこそ、それじゃ妖怪みたい!」
…結局できたのは、『クレオパトラ』の最初のポーズだけ。それも私が鏡の前でやってみると、ただの「歯痛に苦しむおばさん」でした。
やはり、安藤選手のような踊りごころがないと無理なんですね。
…それに手足の長さが決定的に違うような気がします(T_T)
Posted by 瑛日 at 2009年11月12日 00:10
マキティさん、こんばんは。私もファイナル「夜の女王」が観たいです。気持ち強く持って、攻撃的に成れると思うのは「蜘蛛」がいいかと。あの旋律は戦闘モードになった時に私の頭の中で鳴り始め、落ち着くと何故か「クレオパトラ」のステップの曲調がスタート!可笑しいのかな〜?私(笑)。選手の皆さんは五輪に繋がる試合だから、凄く人間味が出ていて、マキティさんの仰る原点が勝負の鍵を握っているのかと想像します。 どうぞファイナルの最初のチャンスで五輪の切符手に出来ますように。
Posted by Char at 2009年11月13日 02:49
マキティさん、お久しぶりに書き込みさせて頂きます。
随分ご無沙汰してしまいましたが、いつも拝見させて頂いていました。

今期のSPの曲ではたくさんの意見が飛び交っていますね。これもOPシーズンを迎えているからなのでしょうね。でも、みんな安藤選手を思ってのこと。一番良い安藤選手がみたいからなのだと思います。

そして、私は・・・「レクイエム」を最初に見た時は涙が出るほど感動しました。スケートというのではなく、まさに芸術!それに、安藤選手の気持ちが、痛いほど伝わってきて。そう言ったこともあって、わたしも「レクイエム」はEXで見たいし、SPでは伝えきれないと思っています。

「夜の女王」。最初はえっ!と思いましたが、先日のNHK杯のEXはすごかった。妖しげな美しさ。あの旋律。マキティさんが当初から言ってたように安藤選手しか使えない曲、と改めて感じました。さすが、マキティさん!

ところで、NHK杯、観戦してきました。競技は初めてで、安藤選手の番が近くなるともうドキドキして。今年はどうしても1度は観たかったのです。抽選にははずれ、少し出費してしまいましたが、オークションで手にいれて。
行って良かったです!やはりアイスショーとは違った気魄が感じられて。表彰台に立った安藤選手が見られるなんて、すごーく幸せでした。安藤選手は自分では納得出来ない演技、ということもあって表彰式で出てくるときも満面の笑みではなかったと思うけれど、「おめでとう!」と最初に声を張り上げてしまいました。

今年はOPシーズンということもあって、この4年間の安藤選手の思いを扱った番組が多くなってきました。涙しながら見ていますが、よくやめないでいてくれたなあ、と感謝の気持ちでいっぱいです。
今になっても自分の演技がしたい、と思い悩んでる安藤選手が昨シーズンのGPファイナルの時のように点数に関係なく、自分で拍手出来る演技が出来るように応援していきたい、と思っています。
ただ、今年は安藤選手が出る試合が終わる度に何だか寂しく(?)感じでしまうのです・・・。
久し振りのコメントで長文になってしまってすみません<(_ _)>
Posted by ミキティ大好きママ at 2009年11月13日 11:35
マキティさんこんにちは。

今回の内容に全くの同感です!
私もSPが夜の女王から変更とのニュースを知った時、とてもショックでした。
何故か怒濤の如く押し寄せたファンの意見が却って素直な美姫ちゃんを迷わせてしまったのではないかと悶々とした気持ちで初戦を迎えていました。

レクイエムに関してもマキティさんの仰る通りだと思います。
私の勝手な想像ですが、レクイエムは美姫ちゃんにとって心の中に生き続ける大切な人達に捧げる特別なプログラムなのではないかなと思うのです。
競技ではどうしても技をカウントしたりしなければならず、表現だけに集中するのは難しいと話していました。
EXでの素晴らしさを知っているだけに、技の出来重視のSPで滑るのは本当にもったいないですね。

しかし、ネットの情報によるとファイナルはおそらく夜の女王でいくみたいですね!
ジャンプさえ決まればヨナ選手に迫れると信じています!
あとクレオパトラの衣装がまた新しくなるみたいです!
Posted by LOVEMIKI at 2009年11月13日 18:34
むっかさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

安藤選手には、胸の内から溢れ出すような想い、
迫力のある演技を魅せて欲しいですね。
ファンにとっても長かったこの 4 年間。
いよいよかと思うと、感慨もひとしおです。


あき♪さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
Miki Ando & Fans の掲示板では「お顔見知り」(笑)ですね。

「夜の女王」ですが、このまま EX 用 PG にしてしまうのは残念ですし、
どう評価されるか、ファイナルで是非とも観てみたいですね。


瑛日さん、こんにちは。いつもありがとうございます。

安藤選手の振り付けをお嬢さんとされたエピソード、爆笑してしまいました。
「似ても似つかぬもの」「妖怪」「歯痛に苦しむおばさん」(笑・笑・笑)
私もマネてみたことはありますが、決定的に違ったのは、
顔とスタイルと年齢でした。要するにすべてです。傷ついただけでした(泣)


Char さん、こんにちは。

「夜の女王」は戦闘モード。落ち着いた時には「クレオパトラ」。面白い表現ですね。
でも日常で戦闘モードに入るのは出来れば避けたいです(笑)
ファイナルまでの時間は短いですが、
どちらにしても安藤選手自ら、納得のいく演技が観たいです。


ミキティ大好きママさん、お久しぶりです。

NHK 杯を観戦されたんですね!表彰台の真ん中の安藤選手!
消化不良の演技だったのかもしれませんが、
「おめでとう!」の声はきっと、今度の試合の励みになったと思います。
・・・試合が終わる度に寂しく感じる・・・
考えないようにしていますが・・そうですね・・胸がしめつけられる想いです。


LOVEMIKI さん、こんにちは。

同じような感じ方をされてらしたのですね、なんか嬉しかったです。
グランプリシリーズもあとはカナダ大会を残すだけとなりましたが、
安藤選手には自分のしたいように、試すべきことは試して、
このファイナルでは思う存分弾けて欲しいですね。
Posted by マキティ at 2009年11月16日 19:45
ミキティーファンですのでこれからみます。
ブログなんかたのしいね^^
他のブログはぜったいヨナって内容だけど・・世界@のジャンプでファイナル初優勝だ〜。
Posted by 50おじ at 2009年11月25日 10:57
マキティさん、こんにちは♪

確かに、いろんな意見がありますよね。『夜の女王をEXにしておくままじゃもったいない。夜の女王をSPにしたほうがいい。』という意見もあれば、『ヘタに変えるよりもレクイエムをもっと磨いていくほうがいい。』という意見も聞きます。

実は私は、どちらにも賛成です。NHK杯EX夜の女王はさすがでした!あれは美姫ちゃんにしかできない独特のプログラム。

そしてレクイエムはちょっとフィギュアにはめずらしい曲。こちらも美姫ちゃんにしかできませんよね。しかし、これはEXの時の方が、照明も暗く、衣装も素敵でした。

しかし、曲の変更というのはとても勇気がいることです。
今まで練習してきた振り付けも、変わってしまうのですから。

レクイエムをこのまま磨いて、『安藤美姫』を表現したいというのなら、それを応援します。
夜の女王という迫力のある曲で『安藤美姫』を表現したいというのなら、それを応援します。
どちらにしても、美姫ちゃんの最高の演技、そして最高の笑顔を見たいですね。
Posted by やっほー at 2009年11月26日 16:58
マキティさん、こんばんは。
大変ご無沙汰をしてしまいました。

GPファイナル、
代々木第一体育館で美姫さんを応援してきました!

公式戦の会場観戦は、2007年の世界フィギュア以来。
「今日も素晴らしい演技が絶対見られる!」
そう勝手に確信して、その時を待ちました。

SB! SP1位!
泣きそうです!

こんな瞬間をまた間近で見られるなんて…
本当にラッキーです。

スタンディング・オベーションに
精一杯の感謝を込めて…
「美姫さん、ありがとう!」
また、美姫さんにお手紙を書かかないと(笑)。

FSもEXも、もちろん会場観戦したくて
懸命に手は尽くしたのですが…
全くチケットが取れませんでした(笑)。

明日はテレビの前で
「勝手に確信」して美姫さんを応援したいと思います。

P.S.
高橋大輔選手は圧巻でした!
織田選手、鈴木選手も素晴らしかったです。
Posted by Larme at 2009年12月04日 22:03
五輪内定良かったです!!マキティさんのブログ待っていたのですが、嬉しくて先にコメントさせて頂きます。負担に思わないで下さいね。私が勝手に好きでお邪魔しているのですから。もう、緊張で翌日に筋肉痛になりました(笑)。ファンの方々からの「おめでとう!」の後に続く言葉が「ありがとう!」って素晴らしいことですね。謙虚すぎるなどと批判も目にしますが、「いいじゃん。性格なんだからむかっ(怒り)」と独りツッコミしてます。 自分の演技に納得していない事と残り2枠獲得に自分と同じ様に頑張っている選手に対しての配慮では?と思っています。これまでの道程を想えば言いたい事!沢山ありますが、でも今回は叫びません(笑)全て呑み込んで感謝、感謝、全てに感謝です!! EX放送の深夜に全日本ジュニアの特集があり、そのナレーションで「全てを出し切るとどうしてこんなに嬉しいのだろう。負けるとどうしてこんなに胸が苦しくなるんだろう。リンクに立つとどうしてこんなにワクワクするんだろう。」とあって、その初々しい姿に感動しました。 安藤選手もそんな時を過ごして今、成長されて、強くなって、大人になって。涙腺緩み放しです。長文失礼しました。礼。
Posted by Char at 2009年12月10日 01:03
コメントをお寄せ下さりありがとうございます。
また、お返事が遅れましたことを心よりお詫び申し上げます。

50おじさん、はじめまして。
ファイナルは優勝ではありませんでしたが、初の表彰台が眩しかったです。

やっほーさん、こんにちは。
最高の演技はまだまだこの先のお楽しみにということで・・。

Larme さん、本当にご無沙汰をしてしまいました。m(_ _)m
代々木での生観戦、生応援、お疲れさまでした。
TV を通じてですが、
Larme さんをはじめ、心温かい方がたの声援が私も嬉しかった!

Char さん、お待たせして申しわけありません。ホントごめんなさい。
彼女の謙虚な姿勢、心の美しさはファンなら誰もが知っていることですが、
最近になってそれを知り、ファンに逆戻りした、なんて声も聞きましたよ。
>言いたい事!沢山ありますが、、まったく同感です。
Posted by マキティ at 2009年12月14日 18:48
ですね・・GPF惜しかったTT。でも私の中では金メダル。本番では3×3(セカンドTじゃないぞ)で金射程範囲になりましたな^^クワッドなくてもいける予感あり。
日本選手権では内定者の余裕で3回目V(久し振りTT)。しかしジャンプは金さん以上は此度確信しましたです。
Posted by 50おじ at 2009年12月18日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。