2009年12月30日

09 全日本の安藤美姫

12 月 26 日 全日本選手権 SP の日。
関西国際空港の対岸に位置する、りんくうタウン駅から程近い駐車場に車を停めて、
JR 、地下鉄と乗り継ぎ、門真南駅で下車。開催地は、なみはやドーム。
ここまで辿り着くのに 2 時間半もかかってしまい、
女子選手の練習には間に合わず、
会場入りした時には男子選手が FS の曲かけをして練習をしていた。
私と夫の席はスタンド S 席 E-17 列 36 番 37 番。
ジャッジ席とは反対側のかなり後ろのほう。
モニタースクリーンを横から覗く位置なのでスコアが非常に観づらく、
キスクラも同様に横側からなので選手の表情どころか、
姿さえも目にできない席だった。
ただ幸か不幸かリンクからは距離があるため
想像していたほど、寒さに震えることはなかった。

安藤選手の登場は 28 番目。
この席からだと遠目でしか観ることができないと思い、
6 分間練習だけは、関係者席に近い通路で立ったまま応援することにした。
この日の最終グループ、レクイエムの衣装を身に着け、
先頭を切ってリンクに飛び出してきた安藤選手が
凄いスピードで私の前を滑走していく。
その表情は穏やかに落ち着いていて、事も無げにジャンプを決めていた。
大丈夫。調子は悪くない。そう確信して競技本番のために私達は席に戻った。

安藤選手の SP。
冒頭のコンビネーションジャンプはセカンドが 2 Lo になり、
レイバックスピンとステップでレベルを落としてしまったが、
その他のエレメンツは綺麗に決めて、PCS でも 8 点台が多く、
結果 68.68 で首位とはわずか 0.44 差の 3 位という位置につけた。

「レクイエム」を初めて生で観た私は、
安藤選手が滑り終えた瞬間からポロポロと涙がこぼれて、
隣にいた男性に顔を覗き込まれるほど、しゃくりあげるように号泣してしまった。
何故だか解らない。
無事に滑り終えた安堵感からなのか、
遠目でも安藤選手の笑顔を感じることができたからなのか、
荘厳な PG に圧倒されたせいなのか、
とにかく猛烈に感動して、一時その余韻に何もかも忘れて浸っていた。

女子の SP が終わったあとは男子の FS を観戦するつもりでいたのだが、
安藤選手の演技に満たされたままでいたい、そんな衝動は拭えず、
余韻に浸ったまま、その日は岐路に着くことにした。

翌日 12 月 27 日 FS の日。
実を云うとこの日は当初から予定していたわけではなく、
ある方のご厚意で急遽、観戦することになったのだった。
嬉しいサプライズと共に手にした「プラチナチケット」で。

一般道を走ること 3 時間半。
3 時間 30 分といっても途中、寄り道をしたり休憩をとったりしたので
実際に所要した時間は 2 時間ちょっとだったのかもしれない。
それでも大阪の南のどんつきからでは、随分と時間を要するものだ。
やはり練習時間に間に合わせることができなかった。
この日の私達の席は、スタンド SS 席 A-2 列 18 番 19 番。
ジャッジ席のすぐ後方、解説の荒川静香さんの綺麗な横顔まで楽しめる、
私達にとっては非常に有難い「特等席」での観戦となった。

最終グループの 6 分間練習も終り、いよいよ安藤選手が登場した時は、
前滑走者、中野選手が演じた「火の鳥」の、この大会にかけた熱い想いが
いつまでもリンクから消えず、何かざわついた、ちょっと異様な雰囲気に私は
少なからず不安を覚えた。

安藤選手の FS。
得意のルッツでは回転が足りず、
トーループからのコンビネーションも着氷が乱れ、単発になってしまう。
ダブルアクセルも回転不足になり、後半の得点源でのミスがこの日は痛かった。
ステップでは観客から手拍子をもらい、後押しされながらも何かしら元気がなく、
スコアも 116.76 と伸びなかった。
その結果トータルで 185.44 となり最終順位は 4 位。
五輪前の大切なこの全日本で、表彰台を逃してしまったのだった。
中野選手と鈴木選手の熱い熱い想いと、
すでに五輪に内定している安藤選手の違った緊張感には、
微妙な温度差があったのかもしれない。

バンクーバーへは安藤選手は勿論のこと、鈴木選手も代表に選ばれた事は嬉しい。
選手生命も危ぶまれるような怪我、あるいは摂食障害で、
リンクに立てない辛さ、思う存分練習できない苦しみを乗り越えてきた選手にこそ、
ドラマがある。スケートを諦めなくて本当に良かったと、
心からの拍手をもって五輪へ送り出してあげたい。


さて。

この度のなみはやには生涯忘れることのない出会いが私達を待っていた。

「安藤美姫物語〜I believe 」を執筆された漫画家の折原みと先生が
バナー持参で応援に駆けつけてこられていた。
いきなり話しかけたにもかかわらず、
優しい微笑みを絶やすことなく気さくに応じて下さった。
その傍らには、難病に苦しみながらも懸命に生きた
各務宗太郎くんのお母様も安藤選手の激励のためにこられていた。
そして云わずもがな、安藤選手のご家族の方がたも。
その皆さんが、こちらが恐縮してしまうほど、とても優しく接して下さった。

表彰式をはさんで、代表選手の正式発表がリンク上で行われていたが、
私達は時間の都合もあり、安藤選手の挨拶だけを聞いて、
誰ひとり席を立つ者もいない中、ひとあし先に表に出た。
誰もいないはずのロビーに、
たった一人ぽつんと佇んでおられる女性がいた。
私達はそれが誰なのか瞬時に理解できた。
そして何故そうされているのかということも。
安藤選手のお母様は、顔見知りになったファンの人たちを
丁寧に丁寧に一人ずつ見送るために、待っておられたのだ。
正面の扉から冷たい風が吹き込む寒いところで。

「代表おめでとうございます」と御挨拶をして、
その場を離れ振り返ったら、こちらを向いておられた。
そして最後にもう一度頭を下げてくださった。
その姿に思わず涙が溢れ、胸がしめつけられるように、私の心が泣いた・・。

安藤選手のスケートには心がある。

どうしてそう感じるのかが解ったような気がした。

posted by マキティ at 20:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マキティさんが教えてくれた安藤選手のお母様の姿に涙が出てきました。会場に行かないと、いや行っても気づかないかもしれない知られざる事実。ご家族ということは弟さんもみえたのでしょうか?
安藤美姫にはスケートがある。その言葉の意味をまた深く味わいました
Posted by まい at 2009年12月30日 22:38
マキティさんこんにちは。
マキティさんも会場にいらしたのですね。
私も3日間素晴らしい時間を過ごすことができました。
回りからもこんなに愛されているみきちゃんだからこそ、表現できるものがあるのですね。
本番は、回りの人のためだけでなく、自分自身のためにも思いっきりやってほしいです。
Posted by はぴらき at 2009年12月31日 10:52
マキティさん、こんにちは。

読ませていただいて、グッときました。
とても心があたたまりました。
素晴らしいレポートを本当にありがとうございます。

今年の5月に私は大好きだった義母を亡くしたのですが、そのこともあって安藤美姫選手の「レクイエム」はとても心に響きます。

美姫さんの周りには、とてもハートの暖かい方々ばかり居られますね。そして、もちろんマキティさんもそのお一人だと思います。
Posted by まこっちゃん at 2009年12月31日 11:02
マキティさま、こんにちは。

実はこちらがアップされてすぐ拝見したのですが、マキティさまの思い、ご家族の思いに涙してしまい、ゆうべは何も書けませんでした。

マキティさまは、会場で観戦なさったのですね。ご主人さまもお付き合いくださったのですね。お二人ともお疲れ様でございました。
今回の全日本は生観戦をしたかったのですが、ことごとく抽選にはずれてしまい、テレビでの観戦となりました。(EXは仕事で、テレビ観戦さえできませんでした(T_T) 安藤選手のEXは鳥肌がたつほど素敵だったようですね)

折原みとさんが描かれた、安藤選手の物語、買いに行き娘と読みました。
スケートのことだけではなく、一部のいいかげんなマスコミにはご家族まで大変な思いをされたようですね。
ご家族はどんな思いで娘を姉を応援しているかを思うとき、今もマスコミの興味半分の記事や何の根拠もない記事、誤解(それもわざと!)にもとづいた記事には心底怒りを覚えます。

安藤選手、新しい靴はだんだんなじんできているでしょうか。
「今度のオリンピックこそ」という思いもあるでしょうが、あまり思いつめると自分を追いこんでしまい、出口が見えなくなることがあってはいけないので、雰囲気にのまれないように、どうか平常心で、と祈るような気持ちでおります。

Posted by 瑛日 at 2009年12月31日 23:52
マキティさん、はじめまして。
初めてコメントさせていただきます。
マキティさんの美姫ちゃんへの思いがあふれ、温かくて私も思いが伝えたくなりました。

私も全日本はSP・FSの2日間現地で見ることができました。レクイエムに感動し、はじめてみたクレオパトラは結果的に残念でしたがオリンピックを戦うプログラムとして素晴らしいプログラムだと改めて思いました。

折原先生のバナーは気づきましたが先生ご本人が来られていたなんて全く知りませんでした。
またご家族も来られていたのですね。
本当に寒かったあの日お母様の姿、目に浮かびました。涙があふれました。

「美姫ちゃんのスケートには心がある」
私も同じことずっと感じ応援しています。

はじめは天真爛漫な笑顔、スケートが好きで楽しそうで見ているものまで笑顔にしてしまう明るい女の子。
トリノでは転んでも転んでも立ち上がりジャンプし最後まですべりきったあとの何とも言えない表情。
数えきれないほどのいろいろな美姫ちゃんが心に焼き付いてますが、やはり天真爛漫の笑顔が見たくて、彼女の持っている力すべてを出し切った滑りが見たくて応援しているのかも知れません。(ファンとは勝手なのもですね)

ただ今は怪我をすることなくバンクーバーを迎えてほしい。そして悔いなく滑れる様準備に専念してほしい。そう願います。

美姫ちゃんにはどうか自分自身を信じて、自信を持ってほしい。それだけの力を持っているのだから。

そして心から応援している人たちがこんなにたくさんいること忘れないで・・・(美姫ちゃんはきっとわかっていますね(*^_^*)
Posted by あっきぃ at 2010年01月05日 12:51
マキティさま
いつも楽しく拝見しております。
安藤さんへのメッセージがいつも温かくうれしくなります。
わたしも安藤さんのファンですが、トリノで安藤さんが思うような結果を出せず、バッシングも酷かったときからです。
4回転が騒がれていてそんなすごい選手が日本にいたのかあという程度だったのですが、トリノの後、こんな才能をもった選手をこのまま終わらせられないと思ったんです。
とにかく4回転をしたのは女子では彼女だけですし、いまだ女子選手では彼女だけです。
安藤さんのオリンピック後の上手になった演技を見て涙したこともあります。
怪我つづきでワールドを棄権したときはついてないなあと思ったと同時に、安藤美姫はこれでまた強くなるっと確信めいたものを持ちました。
彼女は個性が強いので好き嫌いが人によってはっきり分かれますが、わたしは日本人にはちょっとないタイプの安藤さんを大事にしたい気持ちです。
賛否両論ですけど、あの衣装は安藤さんしか着れないですよね。
FSの衣装は試合のたびに違いますがわたしはどの衣装もOK派です。
他の選手で着てなるほどと思う人はいないと思うんです。
ネガティブな意見でなく、真央ちゃん向きではないでしょう?
真央ちゃんはピンクとか薄いきれいな色が似合うわけです。
でも安藤さんは妖しい雰囲気が合うと思います。
あの蜘蛛の衣装も安藤さんだから着れると思ってます。
そして演技はその妖しさでぞくぞくするようなオーラを感じます。
わたしはワールドで優勝したときの演技はすばらしかったけれど、満足していません。今季もすばらしくなったけど、安藤さんは今の演技からもっと上の演技をできると思っています。
安藤さん自身が満足する演技をした時、結果はついてくると思っています。
長々とかいてしまいましたが、マキティさんはバンクーバーに行かれるのですよね?
事故なく楽しんできてください。
Posted by kotarako at 2010年01月09日 10:58
マキティさん、おはようございます。
全日本観戦、そして素敵な出会い、本当に羨ましいです。きっとマキティさんのいつも真っ直ぐに美姫さんを応援する思いが実ったんでしょうネ(^^)v

今回のレクイエムはいつにも増して素晴らしかったですね。
FPはご本人も悔いが残る結果と出来だったかもしれませんが、「残念な美姫さん」の後には「唯一無二なアーティスト美姫」に変貌する事が多いので、バンクーバーに向けて既にゾクゾクワクワクしてしまってる私って暢気でしょうか? 美姫さんは良い緊張感を保ってトレーニングされてるといいですね。

美姫さんのお母様、やっぱり素敵な方なんですね。
私の母は昨年のクリスマスに脳梗塞で入院したのですが、全日本のSP・FP・EX全てしっかり病院のベッドで観戦した様です。(口には出さないけど、母はたぶん真央ちゃんファン(笑)) FPの翌日、血色良くルンルンな母の顔に、事情を知らない兄達は「???」って感じでした(^^;)。 
去年は私も病を再発したりで「世界で一番私が不幸」的なモードに入る事が多く、大好きなフィギュアにも心が躍らない事があったのですが、母のフィギュアへの思い&お気に入りの選手を応援する時には自分の病気さえどっかへ行っちゃう熱〜いハートには本当に感服させられました(◎◎) 私なんて足元にも及びません!!
美姫さんのお母様も、ここ何年も自分の事は二の次で美姫さんの事やご家族の事の為に奮闘されてきたんでしょうね。 考えるだけで胸が熱くなります。 バンクーバーまであと少し。 美姫さんの戦いの総仕上げ。 お母様やご家族の皆様も緊張の1ヶ月半でしょう。 本当にあともう少し、皆さんがんばってほしいです。 そして全てが終わったら、ご家族皆さんでゆっくり旅行でもして頂きたいな〜。
私も、母が完全復活したら、アイスショーに連れていってあげたいなと思います。 もちろん真央ちゃんと美姫さんお2人が出演するショーにネ♪

最後になりますが、2010年が美姫さんとマキティさんにとって素晴らしい年になります様に!!!
Posted by キャリー at 2010年01月15日 08:50
マキティさん、こんにちは。インフルエンザにかかられたとサイトで拝見しましたが、体調いかがですか?復活まで時間かかりますよ(笑)私も体験しましたから。お元気になられるのを待ってま〜す。マキティさんのブログで失礼致しますが、キャリーさん良かった!! 暫くファンサイトでお見かけしなかったので、お元気になられたのですね。誰もが何かしら何かを抱えて日々を過ごしているってことですよね。 私も頑張ろう!今日は大学センター試験の日。昨年息子で経験しましたが、受験生の皆が実力発揮出来ますように。そして私達の「姫」も五輪で輝きますように。笑顔で帰って来てね〜です。 みーんなで元気になりましょう!!
Posted by Char at 2010年01月16日 15:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。