2010年02月05日

空に向かって

このブログを始めて丸 2 年が過ぎた。
当初は、スケーターを応援するサイト「ラウンジ」が存在していて、
そこで書き足りなかった想いを自分のブログで表現したいという単純な動機と、
安藤選手を応援するサイトがいちファンの稚拙でちっぽけなブログであっても
少ないよりは多いほうがいいだろうという、これまた短絡的な発想から始めた。

ラブレターの如く想いを綴りだしたのはいいが、始めてすぐに気がついた。
云いたいことが云えないのは、
不特定多数の人間が書き込む「ラウンジ」だからではなく、
名の知れた掲示板だからでもないということ。
そんな至極当然なことを私はブログを始めてしまってから気がついたのだった。

勇んで取り組んだブログだったが思うように書き記したい衝動と、
ネット社会に潜む恐ろしさや様々な難しい問題とのはざま、微妙なバランスに
神経をすり減らすようにして綴らなければならなかった。
ただヤミクモに安藤選手を持ち上げたいだけではなかったが、
それでも時には注意をいただいたり、書き直しをしたことも幾度かあった。
本当に云いたいことは胸の内にしまい込み、
本心とは距離をおいた、何処かで借りてきたような言葉を並べて今日まで続けた。

ブログを始めてからの 2 年間、いや、あのトリノから 4 年、
この 4 年という月日に重ねてきた想いは到底ひと言では語り尽くせないが、
振り返れば、辛い涙を1つずつ1つずつ乗り越えてきた毎日だったように思う。
安藤選手にとっても、私自身にとっても。

私的な話になるがこのブログを始めたちょうど 2 年前、
最愛の息子の親友が 21 歳という若さで他界した頃、
大切に想っていた或る女性との別離もあった。
当事者である息子も春から東京の学校へと行ってしまい茫然自失状態の私。
そんなことがあったからか、あちこち悪いところが出てきてしまった。
年齢のせいにしたくはないが体調の良い時のほうが今では少ないくらいだ。
また、この年末年始には新型インフルエンザに感染し、
それ以来すっきりしない状態がダラダラと続き
キーボードを触ることすら億劫になってしまった。

人の心と肉体との相互作用は切っても切り離せないとはこのことで、
嬉しかったり楽しかったりすると俄然、身体中にパワーが満ちてくるものだが、
哀しみや怒りの感情からは心地良いものは何ひとつ生まれてこないどころか、
塞ぎこんで精気を失い、どうかすると何も手につかない状態に陥る。

一般人の私でさえ数年のあいだにイロイロと経験せざるを得なかったのだから、
世界を相手に闘うトップアスリートの安藤選手とそのご家族のこれまでの心労は、
筆舌に尽くし難いものがあったに違いない。
それでも安藤選手は降りかかった哀しみを乗り越え、痛みを克服し、
不当な評価にも耐えて、何度も何度も何度も甦ってきたのだ。
私の流した涙など、安藤選手が辛酸を舐めて流した涙とは比べものにもならない。



人は心の傷をどんなふうに癒し、乗り越えていくのだろう。
米国に発つ前、安藤選手は荒川静香さんに「トリノのトラウマを克服したい」
と TV のインタビューで打ち明けた。
これを受けて掲示板では励ましの書き込みが多く寄せられ、それぞれが
それぞれの考え方で、安藤選手のためになるならと親身になって
精一杯の想いを込めて書き込んだ。
先のオリンピックで経験したもの。
トリノ五輪での結果から生じた、風評で傷ついた心。
安藤選手の心に刻まれた傷口は計り知れないほど大きなものだったのだ。

トラウマを克服するのは容易ではないだろう。
振り払おうと、もがいたところで、
そのことに執着したばかりに這い上がれない状況に陥るかもしれない。
時にフラッシュバックする根深いトラウマならば
無理に克服しようとは考えずに全てを受け入れて、
結果、今の自分があるのだとは思えないだろうか。
哀しみも痛みも、流した涙さえも、
今の自分がこうしているための必然だったのだと思えないだろうか。

私は未だ、もう逢うことのない人への惜別の想いのなかにいる。
忘れようにも忘れられずに、涙のなかにいる。
辛くて辛くてどうしようもないが、
きっとこの先も、その面影が消え去ることはないだろうから
上手く付き合っていこうと思っている。

安藤選手の場合、そう簡単なことではないと察するに余りあるが、
悔やむ気持ちも、過ぎた日を愛おしむ気持ちも、
今の自分を育てたのだと受け入れ、ありのままの自分を愛すればいいと私は思う。
幸い渡米してからは、環境にも恵まれ心身の充実もはかれたようで、
気をもんだファンの多くは一様に胸を撫で下ろしただろう。

一般に、私たちが報道を目にする頃には、
当の本人は次のステップ、さらなるステージへと移動していることが多い。
ファンが心配している時には、選手はすでに力強く先へと歩み出しているようだ。
また、期待を膨らませ過ぎたファンがテンションを高くしていると、
選手の方では、新たな問題を見つけてしまっていたりするのかもしれない(笑)
それでも、悩みに悩んだ末には新たな 1 歩を踏み出しているのだろう。

話は変わるが、
ここへきてニコライ・モロゾフコーチの「キス・アンド・クライ」が出版された。
それによると安藤選手は 4 年後のソチ五輪にも意欲を示しているという。
とすれば、心配でならなかった右肩の具合は、
今にも壊れそうで深刻な状態ではない、ということか。
何度も安藤選手を苦しめた右肩であったが、
ソチへの出場が実現するかどうかは別としても、切羽詰った故障でないとすれば
嬉しい。



安藤選手はファンの気持ちを大切にしてくれるスケーターだ。
そんな安藤選手だからこそ応援をする側は、
自分達の気持ちはいいから安藤選手の思い通りにしてくれるのが 1 番嬉しいと云う。
それを受け「五輪には、応援してくれる人の気持ちをもっていきたい」と
安藤選手が応えてくれる。
その気持ちが嬉しくて、自分自身のために滑って欲しいとファンが挙って口にした。
お互いを思い、お互いに出来る限りのメッセージを届けあう。
こんな素敵な関係を築いてくれた安藤選手に、心から感謝をしたい。
私たちの気持ちはもう、五輪までもっていってくれたから十分、と伝えたい。

3 週間後に迫ったバンクーバ−五輪。
傷つき泣いて、闇のような苦悩の日々を潜り抜けてきた安藤選手。
万がいち、問題が発生して悩んでいたとしても、
もしも不安が襲ってきたとしても、
リンクに立った時には全てをニュートラルにすればいい。
応援するファンの気持ちも、その瞬間には忘れてしまっていいのだ。
全てを脱ぎ捨てた、ありのままの「安藤美姫」を解き放して爆発させて欲しい。

云い尽くされた言葉だけれど。
リンクに立った安藤選手の心が澄みきっていることを願って、
想いを繋いでくれる空に向かって、私もまっ新な気持ちで送ろう。

「美姫ちゃん、ガンバッ!」


posted by マキティ at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
50おじさん、まいさん、はぴらきさん、まこっちゃんさん、瑛日さん、
あっきぃさん、kotarako さん、キャリーさん、char さん、

コメントをお寄せ下さりありがとうございました。
お返事もせず、そのままにしていたことを心よりお詫び申し上げます。

マキティ

Posted by マキティ at 2010年02月05日 19:40
いつも心温まるブログありがとうございます。もうすぐですね。心踊りながら、心配です。トリノの時も、2007年の世界選手権の時も朝早くに起きて、暗い中テレビを付けるととてもつらい安藤選手がいたから。でも今回は早起きしなくてもいいからきっとOKでしょう。DRUG STORESというブランドの豚さんのフィギュアスケートのプリントがNHK杯の時の衣装とよく似ていて、きれいだったので買ってしまいました。OP観戦時に着ようと思っています。
昨日、全日本のEXの時のクレオパトラのステップを見ました。あんな、軽やかな微笑みを浮かべながらOPで演技してくれたらクレオパトラに魅せられる観衆はいっぱいいると思います。ガンバ!
Posted by むっか at 2010年02月06日 09:19
「マキティさんも、ガンバッ!」

私は語彙力ゼロなので上手く言葉にできません。 なので、絢香×コブクロの『WINDING ROAD』をマキティさんに送ります♪

きっと美姫さんも、この曲を何度も聞いてますよね。 わたしは、何度もこの曲に気持ちを奮い立たせられました。 

あと人様のブログで大変恐縮なのですが、charさん、気にして下さってて本当にありがとうございました。 生きてます、私(笑)

では、わたしも空に向かって美姫さんにエールを送ります。
FIGHT〜!!!!!!!
(因みに、私は息子さんと同じ東京に住んでます。 本日の東京の空は少し風が強くて寒いけど、素晴らしく晴天です♪)

 

Posted by キャリー at 2010年02月06日 15:59
初めまして
ずっとこっそりマキティさんのブログを楽しみにみていました。
ここから Miki Ando & Fans も知り、本当に感謝しっぱなしです。
素敵なブログをありがとうございます。
けれども 続けることでいろいろ葛藤もあったのですね〜。
どうぞ 無理はせずに続けていってほしいと思います。
 美姫ちゃんは今モロゾフコーチという心強いコーチがいて、今回のオリンピックも最近頼もしい映像がみられ嬉しい限り。とっても心配していましたが、良かったです。
オリンピックは参加することに意義がある!ですから あとは Enjoy♪ぜひ楽しんで欲しいものです。


Posted by mintotea at 2010年02月07日 16:02
マキティさん、私もキャリーさんと一緒に「マキティさん!ガンバッ!!」です。何度も読み返させて頂き、暫く考えてコメント出来ずにいました。コレって?ある意味ブログ主様として凄くないですか(笑)。これからもマキティさんペースで大丈夫です。楽しみに待っている者がここに(私)居ますから…
共通の元気の源である安藤選手!! もう直ぐですね〜。私は「やっと、来たか! 二度目のオリンピック。たどり着いたぞ!バンクーバー!! ちゃんと、見ててよ! やれば出来るんだから、安藤美姫は!!」と声を大に誇りたいです。
Posted by Char at 2010年02月10日 02:05
オリンピックの開会式があり、いよいよ始まりましたね。
マキティさまが新型インフルエンザだと聞き、案じ申し上げておりましたが、もうすっきりされましたか?
ブログ継続には神経をすり減らすことが多いのでは、と私もうすうす思っておりましたが、やはり大変なのでしょうね。
いつも読み応えのある文章と安藤選手への思いに、感動させていただいています。
マキティさまがブログを開設してくださったおかげで、こうして安藤選手への応援の気持ちをいろんな方と分かち合うことができます。ありがとうございます。

実は私も今カゼをひき、検査をしてもらいましたが、ふつうのカゼとのこと。でも思考力が低下してしまって、ぼうっとしています。若い頃にくらべて、治るのが確実に遅くなっているように思います。
娘にうつしてからは少し楽になりましたが、当然のことながら娘の方は苦しんでおります(^_^;)
しかし、オリンピックが始まってしまったからにはのんびり寝こんでいるわけにはいきません!
安藤選手には、カゼなどひくことなく、ベストの状態で試合に臨んでほしいです。(カゼは、マキティさまと娘と私が、安藤選手のかわりに引いたので、安藤選手はかからないということで…神様が配慮してくれないかなあ…どうでしょうか?)
安藤選手の体力が試合の最後までありあまるほどでありますように。つらかった思い、トラウマから開放されて自由な気持ちで演技できますように。肩が痛くなりませんように。緊張や恐れなく、平常心でのびのびと演技に臨めますように。
…祈ることがたくさんあって… 

Posted by 瑛日 at 2010年02月13日 23:29
マキティさん、本当にいつも心あたたまる文章をありがとうございます!

バンクーバー五輪、私も声を大きく応援させていただきます。

「安藤美姫選手、がんばれっ!!」
Posted by まこっちゃん at 2010年02月15日 07:59
お元気ですか?
オリンピックも世界選手権も終わりましたね。
美姫ちゃんはトリノで素晴らしいフリーを見せてくれました♪
笑顔がほんとに美しかったです。
表現する力は間違いなく世界bPだと確信しています。
これに小塚選手のようなうまい滑り方を習得できたら鬼に金棒だと思います。←古い(笑)

今のままでも美姫ちゃんは大好きなんですけども
今後SOIアメリカツアーや日本のショーにも参加されるようで安藤美姫さんから 世界のMiki Andoになってゆくのですね。
ずっと応援し続けたいと思っています。
マキティさんがまた美しい日本語で美姫ちゃんを語って下さる日を心待ちにしております。
Posted by mintotea at 2010年03月28日 12:40
本日此方のサイトに辿り着き、こんなに安藤選手の人間性を熱く語る書き込みは始めて拝読させて頂きました。

人間は挫折を乗り越えてこそ人の痛みが分かるので、順風満帆なアスリートには理解できないと思います。

残念なことは、長く傷めている肩関節が悪化していることです。
ある記事で「寝返りをしても関節が外れ、手術してビールマンスピンが出来るようになりたと」とコメントがありました。
けれど、現在の医学で肩関節の軟骨破壊を伴う故障を手術で普通に戻れる保証は困難です。

持っている才能を発揮できないミキちゃんの気持ちを考えると胸がつまります。
今後の選手生活を縮める起爆剤になりかねなく、今の自分を大切に、フアン・家族・コーチ・支えてくれる友達に感謝の念で精一杯頑張っている姿に引かれ、直向きな繊細さと人間性に引かれフアンになったばかりの私です
正しくは(オリンピック後のレクイエムを観てからです)

生きている喜びを味わえる日になりました。
ちなみに身体障害者一種一級のメダルを下げて命の期限と向き合っている私を勇気づけてくれているのも美姫フアンになってからです。
ありがとうこざいました。
Posted by sei at 2010年05月11日 16:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。