2012年05月27日

第2回「安藤美姫らしさを求めて」

前回のテーマでは、いろいろと意見交換ができて良かったと思います。
ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。
また、投稿はまだでもフォーラムを見守ってくださる方々にも御礼を申し上げます。
文章に悩む必要なんてありません。
志が同じであれば、たとえ短いコメントでも、簡単な意見でも心は通じ合います。

前回は僭越ながら仮説を提示させていただきました。
皆さんのご意見は、立ち位置は別々でも視線の向かう方向はほぼ共通していると感じました。

 安藤選手が悩んでいる原因はひとつではない。
 複数の要因が絡み合っている。
 その中でも仮説2と3が一番影響しているのではないか。

というところでしょうか。
皆さんも「なるほど」と感じられることが多かったのではないでしょうか。



さて、ここ1週間で「動き」がありました。

既報の通り、5/21に2012/13シーズンのGPアサインが発表されました。
安藤選手のエントリーは、第3戦中国杯と第5戦エリックボンパール杯(TEB)です。
先のWTTで「GPにエントリーは出しておく」と安藤選手が予告していたので
アサイン自体に特別驚いたり、浮き立つこともないかと思います。

一方で、ご覧になっている方も多いかと思いますがツイッターでは
「スケートに向かう苦悩」を安藤選手が吐露しています。
このつぶやきを読むと、安藤選手は自分自身が心底願ってGPエントリーを決めたとは
とても思えません。いまだに安藤選手の目に映る空は晴れていないようです。
「戦う意欲が湧かなければキャンセルする」という気持ちはまだ残っているかのようです。

このフォーラムも現実を見据えて前に進まなければなりません。
GPエントリーは事実なのだから、それはそれとして疑うことなく認識しましょう。
安藤選手は今、動き出そうとしているのだと信じましょう。
「スケートは大好き」という言葉もそのまま受け止めましょう。
しかし、今も安藤選手が悩んでいることも忘れてはなりません。
安藤選手が悩んでいる姿を見るのは辛いからと言って、見て見ぬ振りをしてはいけません。

これまでの皆さんのコメントに散見される言葉から、
私たちには共通する思いがあることに気づきます。
それは皆さんが「安藤美姫の世界」に惚れ込んでいるのだということです。
ジャンプなどのエレメンツも魅力的ではありますが、それは要素のひとつであって、
トータルで「安藤美姫の世界」に魅せられているんだと。

安藤選手の言葉にもそれに符合するものが見られます。
例えば最近の日経新聞のインタビューでは、
「女子で憧れるのは居るだけで会場の色が変わるような存在感のある選手」と語っています。
また、これまで安藤選手が快心の演技をした後には、「ジャンプが成功した」とか
「レベル4の評価をもらえた」とか、まして「〇〇点を超えた」なんて言葉は出てきません。
納得のいく演技、快心の演技ができたときに出てくる言葉は
「今日は自分らしさを出せたかな」です。

安藤選手のスケートのモチベーションは
「自分らしさ」、「安藤美姫らしさ」が根源にあるような気がします。
私たちの「心が震える」とき、そこにはいつも「安藤美姫らしいスケート」があったと思うのです。
逆に考えると、「安藤美姫らしさ」が出せなかったときは(怪我を除けば)
安藤選手自身のモチベーションに問題があったときではないでしょうか。



「安藤美姫らしさ」って何だろう?

一言で規定できるものではありませんが少なくともそれは安藤選手自身のものであり
誰のものでもありません。誰かに作ってもらったり、後から付け加えられたものでもないのです。
コーチが創作したり、振付師が演出したものではなく、安藤選手自身の中から生まれるもの、
多少の「手助け」があったとしても、安藤選手自身のポテンシャル、パーソナリティが
生み出すものだといえます。
私はたとえコーチが変わっても、振付師や練習拠点が変わっても、
安藤選手が「安藤美姫らしさ」を追い求めていくことに変わりはないと思うのです。

そこで、本フォーラムの第2回テーマは、「安藤美姫らしさを求めて」です。

安藤選手が生き生きと滑るとき、生命力あふれる演技をしているとき、
全身の力がみなぎっているとき、
そのときは間違いなく高いモチベーションに支えられているはずです。
そして、そのとき安藤選手は「安藤美姫らしいスケート」ができていると実感しているはずです。
また「安藤美姫らしいスケート」はショーでも見られることもありますが、
その土台は競技会で培ってきたものです。
即ち「安藤美姫らしいスケート」は競技会で生まれ、成長してきたのです。

「安藤美姫らしいスケート」を思い出してもらうことで不安を払拭し、自信を取り戻す。
「安藤美姫らしいスケート」をもっと競技の世界で追い求めていくことがモチベーションになる。

皆さんと一緒に「安藤美姫らしいスケート」を描くことで、
安藤選手のモチベーション向上の一助になればと願い、
第2回のテーマとさせていただきました。
ただ、このテーマは単なる「昔を懐かしむ」企画ではありません。
過去の大会、演技を振り返ることは便宜的な手段であって、
目的は「安藤美姫らしさをもっと成長させるため」です。

最初は、あなたが「これが安藤美姫だ!」という演技をどんどん投稿してください。
ジュニア時代でもシニア時代でも順不同でけっこうです。
ただし、対象とするのは「競技会の演技」です。
ショープログラムの場合は必ず競技会と関連づけてください。
(例えば、2011ワールドのEXアンコールのレクイエム)
最初は「この演技が好き」というだけでもかまいません。
でも、その次には「もっとこういう演技が見たい」「もっとこういう演技ができるはず」
というあなたの願いを是非書いてください(何回に分けて投稿してもけっこうです)

さあ、みんなで「安藤美姫らしさ」を探す旅に出ましょう!


なお、意見交換はコメント欄で行ないます。
あなたのご意見をどんどんコメント欄に投稿してください。
よろしくお願いします。



posted by マキティ at 00:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
要素のひとつではあるけれどフィギュアスケートはジャンプだけじゃない。

勿論です。

でも私が「安藤美姫らしいスケート」でまず頭に浮かぶのは
「男前な」ジャンプを跳んでいる姿なんです。

「火の鳥」
全日本の「カルメン」
GPファイナルの「オルガン」のように、
跳ばなくちゃ、成功させなくちゃ、ではなく自ら攻めていくようなイメージでしょうか。

Posted by マキティ at 2012年05月27日 09:11
私にとっての「安藤美姫」って何なんだろうか。
「安藤美姫らしさ」って、そのまま安藤美姫の魅力だと思うので、まずは私が感じている美姫ちゃんの魅力を順不同で挙げてみようと思います。

まず、シンプルに容姿!www
フィギュアスケートは氷上で美を競うスポーツです。だからどんなに理屈を並べようとも美姫ちゃんの容姿は間違いなく魅力のひとつです。
でも美姫ちゃんの場合は単純に「見た目」がきれいとか、かわいいとかという言葉で言い切れない「美しさ」がありますね。
存在感が違う。空気感が違う。私の知人で初めてスケートを見に行ったとき(2006全日本かな?)、6分間練習を見ていて「安藤美姫って映えるね。なんか一人だけ違うって感じ。どうしても目が行ってしまう」と言ってました(ちなみにこのとき知人は御贔屓の選手は特にいませんでした)
容姿を含めた全体の雰囲気が特別なんですね。これがまずファーストインプレッションの美姫ちゃん。

私が初めて「動く安藤美姫」を見たのは、2002NHK杯のテレビ放送で。
ホスト国の特別招待で出場したEXで、4Sを決めて見せたあの演技です(たぶんこのNHK杯が「安藤美姫が全国放送に登場した最初」だったと思います)

最初は「4回まわった」ことにも気づきませんでした^^;
それくらい無理なく4回転を跳んでいたように記憶しています。
そしてテレビ画面からも伝わってくるあの雰囲気。曲がドビュッシー「月の光」ということもあって、「一人だけ月光に照らされている」感じがよく表れていて引き込まれました。

「へえ、これで14歳なの? シニアでもこの雰囲気は出ないよな」と思いました。

「14歳」と言えば、「かわいい」の一言で済んでしまうような選手がほとんだと思うけど、美姫ちゃんは違ってましたね。ここからですよ、美姫ちゃんのことが気になり始めたのは。(熱く応援し出すのは実はもう少し後から)

私は(今でも)あまりノービスとかジュニアの育成年代を一所懸命見ることはしないんです。特に女子は。だってその後どうなるか分からないし、あくまでも「これからの年代」だから。まあ、人並みに注目くらいはしますけど。

というわけで、私にとっての「安藤美姫らしさ」はまずこの空気感。他と違う存在感がスタート地点になってます。

続きはまた次回で。
Posted by Go! Miki at 2012年05月28日 14:03
美姫さんの演技で最も記憶に残るのは、2008ワールド途中棄権から復活の演技。2009年ロスワールドSP【SAYURI】です。派手さのないプログラムなんですが、ステップの独特の流れ、それといつも思うのですが、とても彼女の演技はリンクの使い方がきれいなんですよね。氷上に余韻を残しながら描くラインがきれいでした。
そして、あの日は忘れもしない、その日の試合で初めてスタオべを獲ってくれた選手だったんです。それも、ワーッという感じではなく、ジワーってアメリカのお客様も自分の気持ちの中に残った余韻を確かめながらスタオべをしてくれました。ああ、この感覚だよね。これは安藤美姫にしか出せないよと思ったのを覚えています。多くの人の記憶に残る演技です。
そして、FPは圧巻のジャンプ・スピードあふれる演技で銅メダルを獲得してくれました。スモールメダルセレモニーの時、司会の方が「グレートカムバックスケーターMIKI ANDO」ってコールしたときのはにかんだうれしそうな笑顔が忘れられません。スモールメダルセレモニーで言えば、モスクワワールドの時も会場のファンから「ありがとうございました」って言われた時もはにかんだうれしそうな笑顔でした。私にとっての美姫スマイルのだんとつ一番はこの時の笑顔です。
 
2007年から4年間を経て、日本中がまだ悲しみの中にいたときのロシアの地での演技は哀しみも怒りも喜びも内包されて凛として静かに心に染み渡るような演技でした。ただ単にきれいなだけじゃない。人間の喜怒哀楽を素直に真心を込めて一流の技で鍛えられた身体で表現できるのは安藤選手だけでしょう。だから世界中のみんなが彼女を見たいと思う。と思うし、復帰を心から待ち望み、GPSアサインを本当に喜んいるのです。
Posted by Michiyo0801 at 2012年05月30日 22:19
Michiyo0801さん。こんばんは。

>人間の喜怒哀楽を素直に真心を込めて

おっしゃるとおりです。
ただ上手に滑るのではない、綺麗に見せようとするのではない、もっと何か生きている感情を感じさせてくれるのが彼女のスケートですね。
「喜怒哀楽」をリンクに描いてくれる稀有なスケーターだと思います。
Posted by マキティ at 2012年05月30日 23:00
私が好きな安藤選手の演技はいくつもありますが、印象に残っているのはまず『チェアマンズワルツ』。あのあざやかな衣装とともに花の舞のような演技は素敵でした。最後のレイバックスピンは、ジャッジはあまり高レベルの判定ではなかったように記憶していますが、私は好きでした。
それから2010年の全日本の演技です。特にフリーは気迫あふれる演技なのか、または演技に解けこんで無心なのかわからないくらいでした。とにかくパーフェクトで、キス&クライの安藤選手が「やりきった」嬉しそうな表情で、点数は全く気にしていない様子を見て、
「ああ、やはり自分の納得の演技ができたから、もう点数の問題ではないのだな」
と思ったのを覚えています。
安藤選手が「やる」気のときは表情が違いますね。
どういったらいいのか、アテナのような戦いの女神が、4頭だての白馬の馬車を操りながら剣を高くかかげて、空から翔け降りてくる印象があります。本当に凛々しい。

実は私は時々、母親のような気持ちになるんです。
「もういいよ。良く頑張ったね。喜びも大きかったけれど、辛いこともたくさんあったよね。もういいから、これからはいつも笑顔で、楽しいことだけ考えて生きていいんだよ」
と、娘の頭をなでるようにして言ってしまいたくなるんです。
でも、そう言ってしまうには、あの美しい引き締まったジャンプといい表現力といい、安藤選手にはあまりにも才能がありすぎて。
だから復帰して再びあの勇姿を見せて欲しい。
けれど復帰するからには、例えば練習不足が露呈するような中途半端な演技は見せてほしくはない…
「復帰なんて考えなければよかった!」と、氷を叩いて大声で叫びたくなる瞬間も何度もあるだろうと思うのです。けれどそれを乗り越えて、競技に戻り『戦いの女神』の本領を発揮してほしい。

「天才とは1%のインスピレーションと99%の汗(努力)である」
と言ったのは誰だったのでしょうか?
天才というのは、ただ技術や表現力が並外れて優れているだけではない。それに至る辛い過程も血を吐くような試練も乗り越える力を備えている人のことだと思います。
そして、安藤選手は、そういう『天才』だと信じています。

  

Posted by 瑛日 at 2012年05月31日 08:14
瑛日さん。おはようございます。

「もういいよ。良く頑張ったね。喜びも大きかったけれど、辛いこともたくさんあったよね。もういいから、これからはいつも笑顔で、楽しいことだけ考えて生きていいんだよ」
と言ってあげたい。そういうお気持ち、痛いほどわかります。
このフォーラムについても、安藤選手の心に踏み込んでいいものか、傷つけたり、必要以上に苦しめたりしないかと思ったりしました。
その上で私が辿り着いたのは、苦悩を知ろうとすること、突き詰めて考えること、迷路からの抜け道をいっしょに探すことで、安藤選手の手助けになれば。の思いでした。
決して簡単な気持ちで競技に戻って欲しいと言っているのではありませんし、まして現状をただ分析しているだけではありません。
私たちファンもただ簡単に「競技に戻って」と言葉にするのではなく、共に悩み、共に苦しんで、そういう声を届けること、「ひとりじゃないよ。何時もあなたを見守っているよ」と発信することで、
少しでも安藤選手の力にならないかと思っているのです。

第2回のテーマとは少し違いますが、フォーラムにはそういう思いも含まれています。
瑛日さんの温かいお気持ちも、ご一緒に届けさせて下さいね。




Posted by マキティ at 2012年05月31日 11:03
こんにちは。
これは楽しく悩んでしまうテーマですね。好きな競技の演技が多すぎて!

私が好きな演技のタイプを分類すると、いくつかあります。

1.ジャンプ失敗する気がしない!とばかりに勢いよくバンバン跳んでいく演技
シェエラザードとか、全日本のカルメン、グリーグとか…
気迫が演技に漲っていて、堂々としてますよね。試合の中でも格別の存在感。ジュニアの頃はリアルタイムで見ていないのですが、火の鳥あたりから片鱗が見えている気がします。

2.心底楽しそうに滑っている演技
世界選手権のオルガン付、クレオパトラとか
笑顔がすごーくいいんですよ。動きも滑りも活力に満ちている感じ。人を楽しませるというより、自分がすごく楽しんでいる、そういう意味では自分のために演技できる状況だからこそ出てくるものなんじゃないかと思います。

3.独特の情感を伝えてくれる演技
以前は、競技の安藤選手を技術だけだと批判する人がたまにいました。演技が洗練されエレガンスが加わったことでそういう評価も覆ったと思いますが、彼女には以前から心を伝える演技ができていたと私は思っています。
それこそジュニア時代のEX『月の光』の頃から!
もちろんその容姿の魅力もあるのですが、ただの「きれいなもの」と違う、血の通った体温のある演技なのです。

チェアマンズワルツやミッションなどはそれが競技プログラムとして遺憾なく表現された傑作だと思います。

ちょっと話がそれますが、私は安藤選手がこういった資質をより多くの人に伝えられるようになったのは、表現する技術を厳しい練習の中で一つ一つ身につけていったからだと思います。厳しい批判もあったでしょうが、それを受け止めながら努力したことが、我が身を削ってこそ輝くダイヤモンドのように結実したんだろうと。
世界選手権のミッションには、本当になんというか「敬服」という感じの思いを持ちました。
安藤選手のような才能に恵まれたアスリートが、競技を通じて一歩ずつ努力して苦労してひとつの高みに達したのだという証を感じました。
それこそ勝ち負けだけでない、スポーツ競技というものの意義深さの一つだと思います。

だから、私は競技者としての安藤選手と表現者としての安藤選手は分かちがたく、競技者として頑張ることがきっと表現者としても彼女を輝かせるに違いないと確信しているのです。
もちろん、競技では厳しい状況の中で辛い思いをする機会はうんと多くなります。
安藤選手に、無責任にそれを強いたくはないと思ってしまうのですが…
Posted by menomosso at 2012年05月31日 20:42
menomosso さん。おはようございます。

ジャンプの失敗がないとばかりに勢いよくバンバン跳んでいく演技
動きも滑りも活力に満ちて人を楽しませるというより自分がすごく楽しんでいる演技
血の通った体温のある演技

どれも安藤選手らしい演技ですね。とくに
血の通った「生きている」感情が込められた演技は安藤選手ならでは、だと思います。

Posted by マキティ at 2012年06月01日 10:40
みなさん、こんばんは。

今回のテーマは書きたいことがありすぎて、選ぶのが大変ですね(まあ、楽しくもあるけど)

「安藤美姫らしさ」のベースにあるのは、彼女の内側から発せられるオーラとかパッションみたいなものだというのは皆さん一致するところでしょうか。
もっともそれで片付けてしまうと、言うことがなくなってしまうので、少し演技内容のことを書こうと思います。


演技のベースになっているのはやはりジャンプでしょう。
ノービスのときから3Lz+3Loを跳び、ジュニアのときには4Sまで跳んでしまったのは、やはり「ジャンプの天才」であることは間違いなく、安藤美姫と言えばまずジャンプ。それも女子で世界一難しいジャンプを跳ぶ選手というのは美姫ちゃんの(初期の)イメージを決定付けたでしょう。

ジャンプにも選手それぞれの個性がありますよね。同じジャンプでも選手ひとり一人印象が違います。
美姫ちゃんのジャンプは「キレ」がある。フワっというのでもなく、ドーーンというのでもなく、シュパッって感じの、空気を切り裂くようなキレがある。
たとえスローな曲調でも情感あふれるメロディーのプログラムでも、このジャンプが入ると締まる。ピリッとアクセントができる。だから美姫ちゃんのスケートは、どんなスローナンバーでも甘ったるくなることがない。スパイスが効いている。

今はもちろんジャンプだけではなく、すべてのエレメンツの質が上がり、プログラム全体で魅せるスケーターに成長しました。ジャンプも流れの中で跳び、あくまでもプログラムの中のエレメンツのひとつとして自然なものに見えてくるようになりました。私もそういうスケートが好きなんです。大切なのは「クリーンなプログラム」なのだと、クリーンに滑りきったときほど観る人の感動が大きくなるのだと、私はそう思っています。


(長くなりそうなので2回に分けて投稿します。続きはまた後で)


Posted by Go! Miki at 2012年06月01日 23:30
「Miki Ando」 とコールされるのを聞くのが大好きです。
今まで これはすごい、これ以上の演技ってないんじゃないかと思うと、次のシーズン それ以上のものを観せて下さる、毎回嬉しい悲鳴をあげてます。
その中でも一番と言えば、今は2011世界選手権SP「ミッション」でしょうか。
あの頃、まだ東北は混乱の中で余震も多く、TVを見ることさえ気がひけるような状況でした。
それでもTVにかじりつき観た美姫ちゃんは まるで天使のようで、優しい頬笑みに「大丈夫 ねっ だいじょうぶ」って言ってくれてるようで涙がとまりませんでした。
あのように癒しの感覚を受けた演技は今まで数多くの選手を見てきましたが、初めてでした。
きっと復興できるって元気がでてきたのを覚えています。
いつもはキレのあるジャンプも柔らかく感じさせるってすごいです。
美姫ちゃんはやっぱり類稀なる方なのだと思った演技でした。
Posted by mintotea at 2012年06月09日 09:44
mintoteaさん。ありがとうございます。

「ミッション」の柔らかさ、優しさ、癒しの感覚は美姫ちゃんの身体中から発せられていましたね。
何度もこの言い方を使いますが、血の通った「生きている」表現は彼女ならではだと思います。

Posted by マキティ at 2012年06月09日 23:28
力強いジャンプも、しなやかな表現力も、華麗なスピンも、全て、美姫さんらしいスケートだと思います。
これまで、練習と努力で積み上げてきたものは、全て美姫さんらしいスケートだと思います。
もし、それで違和感があるとするなら、それは美姫さん自身の気持ちの問題だと思います。
私達見る方は、本当に大人に成長したなー と思うのです。
せっかく自分のスケートに取り入れたのですから、これが私のスケート と思っていればそれでいいことだと思います。
努力してきたものは、全て美姫さんのもの。
だから、今の美姫さんのスケーティングが一番美姫さんらしいと思い、これからも練習と努力を積み上げて、もっと磨こうとするなら、それが一番美姫さんらしいスケーティングなのだと思います。
Posted by 美空 at 2012年09月25日 06:28
美空さん。ありがとうございます。

コメントをお寄せ頂いていたことを、たった今気づきました。公開が遅くなってしまい、申しわけありません。
Posted by マキティ at 2012年10月06日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。