2008年03月27日

伝説を継ぐ者

美姫ちゃんは27 日に精密検査を受けるそうです

今現在の状態を自分自身がしっかり把握することは
今後のために一番大切ですから
じっくり腰を据えて治療にあたって欲しいと思います


前回の「心の在り方」の中でも少し触れましたが
フィギュアスケートは
ジャンプ スピン ステップ スパイラルなどの技術と表現力を
観客とjudge に披露して採点され順位を競うスポーツです

(例として) 
2 A より3 A を跳べる方が高得点を得られますし観客も喜びます

同じように高難度のジャンプを跳んだ際には
そのジャンプの質が細かく採点され勝敗は分かれます

スピンでいうならば
回転軸がしっかり定まり回転速度が落ちないこと
手足のポジションが綺麗であることが必要となります

表現力においては 振り付けや表情で
観る者をいかに感動の領域まで高められるかが求められます

それには内面表現が優れていなければなりません

個々のもつ内面から滲み出る表現・・・

・・・表現力を高めるために
日頃から音楽や絵画 舞台 映画などの
芸術性に優れた作品に触れることは
感性を養うために大きな意味をもつのは当然として

感性の鋭さ 豊かさというのは人それぞれで
延いては心の在り方まで 
人はそれぞれに もって生まれたものがあります

もって生まれた心
その心が美しい人は感性が豊かで
優れた内面表現ができる人です

それが安藤美姫というスケーターだと私は思います


今回の途中棄権に賛否両論がなされていますが
初めからFS を棄権していたとしたら
美姫ちゃんは「傷口を広げないですんだ」はずです
精神的にも肉体的にも・・・
 
その両方で自分自身にとって辛い選択を
敢えて選んでリンクに立ったのは 
美姫ちゃんが日頃から口にしている「感謝の気持ち」が
心から離れなかったから・・・
この気持ちが美姫ちゃんをリンクに向かわせたのです

「感謝の気持ち」
それを表すことは簡単なようで本当は難しいものです 
あの状況で周囲やファンのために
自分を追い込んでまで伝えようとした美姫ちゃんに
人としての「美しい心」を見ました

表現者としてだけじゃなく人としても美しかった・・・


私は前の記事の中で心に残るスケーターとして
ジャネット・リンとカタリナ・ヴィットの名前をあげました

ただ技術と表現力に優れていただけではない
鮮明に観衆の脳裏に焼きつく
「何か」があったからだと思います

そしてジャネット・リンもカタリナ・ヴィットも
伝説となって私の心に今も残っています


昨年末の全日本で美姫ちゃんは135.50 という
国内大会とはいえ驚異的な得点でFS では1 位になりました

総合結果は わずかに及ばず2 位になりましたが
この時の美姫ちゃんは
嫌な顔もせず悔しがることもなく爽やかな笑顔で
勝者を称えていました

順位にこだわるのではなく
演技内容に満足をした結果だったからです

自分自身が満足のいく演技 それが
「心からのスケーティングをすること」
「心で滑ること」なのだとすれば
心のある者だけが観る側の脳裏に
鮮明に焼きつく「何か」をも
感じさせることができるのだと思います

私にとってスケーターの在るべき姿は
心からのスケーティングをして「何か」を感じさせ
「感謝することを忘れない 人として美しい心」
をもっている安藤美姫 そのものなんです


ジャネット・リン カタリナ・ヴィットの後
心で滑ることによって観る者に勝敗だけではない「何か」を
鮮明に強烈に訴えかけることのできるスケーター 
すなわち伝説を継ぐ者は 安藤美姫より他にいません
posted by マキティ at 00:02 | TrackBack(1) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

貴方は火の鳥!!!安藤美姫ミキティ、不死鳥たれ!!!!!
Excerpt: まず安藤美姫ミキティのファンの方、そしてフィギュアスケート好きの方、多くのコメントとトラックバックありがとうございます。さて今回の美姫Chanに自分なりに想うことですが、まずはいつものように時系列にお..
Weblog: マスターTURKEYの今日のカクテル(おつまみ話)
Tracked: 2008-03-28 00:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。