2008年03月15日

Carmen

美姫ちゃんの今季のFS は
「 Carmen 」(カルメン)

Prosper Merimee (プロスペル・メリメ)の小説を元に
Georges Bizet (ジョルジュ・ビゼー)が
作曲したオペラです

物語はスペインのセビリア
煙草工場で働くジプシーの美女 カルメンは
真面目な伍長のドン・ホセの気を引こうと
歌を唄い花を投げつけ誘惑します
ホセにはミカエラという許婚者がいましたが
居酒屋「リリャス・パスティア」で
カルメンの魅力と誘惑に負け
ジプシーの密輸団の一員となってしまいます
山奥で密輸団が休憩しているところで
カルメンは仲間とトランプ占いをするのですが
何度占っても「死」ばかりを暗示するのでした
すでにホセへの愛が冷めてしまったカルメンは
闘牛士のエスカミーリョに乗り変えます
ホセは母危篤の報をもって現れたミカエラと共に
カルメンへの想いを断ち切れぬまま山を降ります
闘牛場前の広場で待ち伏せしていたホセと
カルメンが再会します
よりを戻したいと懇願するホセでしたが
カルメンは拒絶し 
エスカミーリョへの嫉妬と絶望で逆上したホセは
カルメンの胸を短刀で刺して殺してしまいます


この物語もファム・ファタール
「恋心を感じた男を破滅させるために
運命が送り届けてきた女」カルメンと
カルメンに翻弄させられる悲しい男ホセを
描いたものです

今シーズンの美姫ちゃんのPG は
SP もFS も
ファム・ファタール「運命の女」なのですが
純真で素直でお人好しの美姫ちゃんにとって
随分とかけ離れた悪女に挑戦するのは
モロゾフコーチによる美姫ちゃんへの
意識革命なのでしょうか(笑)
それとも単純に 大人の表現力を身につけるには
もってこいの題材だったからでしょうか・・・


美姫ちゃんの衣装はカルメンの定番「赤と黒」です
美姫ちゃんが身につけて
一番よく似合う色がこの「赤」と「黒」です
それに「青」も・・・
昨年の世界選手権ではそれまでの衣装とは
違ったもので圧巻の演技を魅せてくれましたが
もう間近に迫った今年の大会でも
SPECIAL 衣装に変えるのでしょうか(笑)楽しみです

そして妖艶で気迫の込もった度胸の女 カルメンを
心のままに演じてほしいです

スウェーデンの地は 美姫ちゃん演じるカルメンの美しさに
身震いするようなENDING を待っています
posted by マキティ at 00:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

Samson et Dalilah

今シーズンの美姫ちゃんのSP は
「 Samson et Dalilah 」(サムソンとデリラ)

旧約聖書の「士師記」の中
13 章から16 章に記された物語に基づいて
Saint = Saens (サン・サーンス)が作曲したオペラです

その昔 ペリシテ人に支配されるヘブライ人のサムソンは
神に選ばれし者として誕生し
その怪力により反乱軍の英雄と もちあげられますが
ペリシテ人のデリラの誘惑に堕ちてしまいます
騙されたサムソンは
怪力の源である髪を切られたために
神より授かった力を失くし両目を潰され 
牢獄で石臼を引かされるという地獄を
味わうことになってしまうのです
そして最後には神に祈って怪力を取り戻し
神殿の柱を倒して ペリシテ人を巻き添えにして
自らも命を落として幕切れとなります

「バッカナール」は
サムソン率いるヘブライに勝利を収めたペリシテ人が
ダゴン神殿で美酒に酔う場面を描いたもので
オリエンタルでエキゾチックな旋律が大きな特徴です

美姫ちゃんがSP で演じるのは
中近東を舞台に妖しい魅力で男を惑わせ破滅に追い込む
ファム・ファタール「運命の女」デリラです

何か美姫ちゃんの可愛い性格とは遠くかけ離れていますが・・・

昨年10 月の日米対抗での衣装は
くすんだワインレッドでしたが
GP シリーズからは紫がかったブルーに変わりました
どちらも妖艶な雰囲気を漂わせ
誘惑する挑発的な表情と
冒頭の腰を回転させる悩ましい振り付けに
同性の私でも悩殺されてしまいそうです(笑)


話は戻りますが サムソンは 
ペリシテ人からは恐ろしい敵として
ヘブライ人からは敵の女に恋をする裏切り者として
どちらからも疎外された孤独な存在で
神に選ばれてしまったがゆえの運命が悲しく
また デリラは
容易に自分に堕ちなかったサムソンを憎み
復習を果たすのですが 
サムソンには神をも裏切らせたい 意のままにしたい
という彼女なりの歪んだ愛だったように
私には思えてなりません

私はオペラを鑑賞したことがありませんので
間違った解釈をしていましたら ご容赦願いますが
これを機会に 勉強するのもいいかもしれませんね・・・
posted by マキティ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

You can leave your hat on

私は音楽が好きで 
ジャンルを問わず好き! と感じたままに
聴いていることは前にお話しましたが
美姫ちゃんファンになってからは どの曲を聴いていても
曲に合わせて美姫ちゃんが滑っているところを
想像しながら聴くようになりました

SP とFS には無理があっても EX やショーなら
アレンジしだいで素敵なPG になるんじゃないかと・・

20 年ほど前の映画に
Mickey Rourke とKim Basinger が共演した
「 Nine 1/2 Weeks 」がありましたが 
Kim Basinger がMickey Rourke の前で
少しづつ服を脱いでいく・・
というエロティックなシーンで使われていた
Joe Cocker の「 You can leave your hat on 」
という曲も私の想像力をかきたててくれます

Joe Cocker といえば 
1982 年の「 愛と青春の旅立ち 」が有名ですが
最初のデビューはというと1964 年になります 
初めは鳴かず飛ばずで 
1968 年に再デビューし Beatles の
「 With a little help from my friends 」
をカヴァーして全英No.1 に輝き 
翌年のWoodstock Festival にも出演し
アメリカでも注目を浴びるようになります

魂から搾り出すようなハスキーヴォイスと
独特のステージアクションは 
かなりのインパクトがあります

「 You can leave your hat on 」は 
ブラスセクションと黒っぽい女性コーラスが入った
ミディアムテンポの曲で
抑揚の効いたJoe Cocker の歌い方が 
とてもsexy で 何ともいえず官能的な曲です

私はこの「 You can leave your hat on 」を
美姫ちゃんのEX のナンバーとして見てみたいんです

「 Handcuffs 」はクールでかっこよくてsexy で 
それでいて終始笑顔で滑る美姫ちゃんが
いたずらっぽい小悪魔のように可愛くて
大好きなナンバーのひとつですが
「 You can leave your hat on 」で
さらにsexy になった大人の美姫ちゃんの演技を
是非見てみたいです・・


以前記事にした「 Stargazer 」はハードロックでした
今回はR & B になるんでしょうか・・
いずれにしても フィギュアスケートの世界では
斬新ともいえるような発想で(笑)
PG をつくるのも いいことではないでしょうか・・
美姫ちゃんには
同じような曲で 同じような演技ばかりではなく
多彩な表現力をもったスケーターになって欲しいと
私は思っています
posted by マキティ at 14:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

オランダ スウェーデン

美姫ちゃんは世界選手権へ向けて
ブルガリア オランダ スウェーデンと
ヨーロッパの各地を北上しています

そもそもフィギュアスケートなるものが
発展していくのに重要な役割をはたしたのは
オランダとイギリスだったそうですが・・・・

オランダといえば
風車とチューリップ畑と民族衣装を纏った女性を
まず思い浮かべます(単純な発想)
そして忘れてはならないのが 張りめぐらされた運河の存在です

この運河が冬には結氷してスケート遊びが盛んに
行われていたというのです

ただ遊びで滑ることに飽き足りなかったオランダ貴族は
両腕を前で組み 背筋を伸ばして
片足で氷上に弧を描き もう一方の足でバランスをとる
「ダッチロール」という滑走を生み出したそうです
オランダ貴族はこの優雅な滑り いわば芸術性を
楽しんだようですが
ダッチロールはその後 イギリスに渡っていき
イギリスでは技術の方に興味が傾き
「曲線滑走術」がいくつも考案されたそうです

かたや バレエのポーズやダンスステップを取り入れ
華やかなスケートの発展に大きな役割をしたのは
ニューヨークのジャクソン・ヘインズというバレエ教師で
ヘインズ氏によって
音楽がスケートに取り入れられるようになり
今日のフリースケーティングの原型となったとされています
さらに シットスピンを考案したのも
ヘインズ氏であったそうです


話は飛びますが
世界選手権が初めて開かれたのは 1896 年で
この頃すでに アクセルジャンプは開発されていました

1901 年から1911 年までの10 年間( 1906 を除く )
優勝し続けたスウェーデンのウルリッヒ・サルコウが
サルコウジャンプを開発したことはいうまでもありません

美姫ちゃんが女子では初めての4 回転サルコウを
成功させたのは 5 年3 ヶ月前の2002 年12 月
オランダでのジュニアグランプリファイナルでした
中学3 年生だった美姫ちゃんが
今では 日本が誇るトップスケーターとして
昨年には世界チャンピオンに輝きました

そして今年の世界選手権も もう間近に迫ってきました
オランダの地で練習をし 開催地はスウェーデン・・・・
何か予感めいたものを感じずにはいられませんが
美姫ちゃんには あまり深く考えずに
とにかく「 Enjoy 」で臨んで欲しいです・・  
posted by マキティ at 14:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

My Goal

「 Miki, don’t think !
You gonna relax skate, and everything go all together. 」

「考えすぎるな
リラックスしてやれば すべてうまくいくから」

先日のTV 番組「 夢の扉 」で
4 大陸選手権前の中京大学での練習中に
ニコライ・モロゾフコーチが美姫ちゃんに檄を飛ばしていました

モロゾフコーチは
美姫ちゃんや高橋選手をはじめ
7 ヶ国20 名の選手を指導する鬼コーチとして知られていますが
自分が考えた振り付けを自ら滑ってみせる というやりかたで
選手にとっては イメージしやすく
まさに「手となり足となり」で呑み込みやすい指導をしています

また 選手のモチベーションを高めることにも
優れた指導力を発揮する方のようです

番組の中で モロゾフコーチの選手に対するコメントに
「 彼らのスケートが上手くなるためなら何でもする
なぜなら 彼らは人生を私に委ねてくれるから
私にとって 選手を一つ上のステップに上げる事が大切 」と
ありました
美姫ちゃんのことについては「難しい事に挑戦させたい 」とし
中京大学での4 回転の練習は
さらなるステップに到達するために敢えて挑むものでした

美姫ちゃんはモロゾフコーチのことを
「 今の自分にとっては いなきゃいけない存在 」と
言えるほど信頼をしていて 4 回転の事は
「 乗り越えないといけない階段の一つ
一歩階段を上るために壁になっているライバル
乗り越えないといけない技 」と捉えていました
4 大陸選手権では残念ながら 不発になってしまいましたが
「 挑戦する姿勢できちんと臨めた 気持ちの面で成長できた 」
と話していました


モロゾフコーチが自宅のあるニュージャージーで過ごすのは
一年のうちの半分程度で
コーチをするようになってからの9 年間は
選手のことが気がかりで 休みをとっても
心配な選手には すぐに電話をしてしまうそうです
それほどまでに選手のことを想うのは
「 コーチというのは選手の人生を変えてしまう
彼らが本当だったら達成できる事が
私のせいで達成できない事もある だから責任がある 」
という考え方からのようでした

そんなモロゾフコーチの教え子の一人に 
村上大介君という17 歳の選手がいて
美姫ちゃんや高橋選手と共に練習をしていましたが
村上選手に
「 ニコライも時々子供だよね 」と言われていたのが
少し可笑しく 微笑ましくもあり
普段のモロゾフコーチの優しい笑顔が何とも素敵でした

番組の最後のMy Goal で
「 教え子すべての才能を開花させ幸せにしたい
安藤と高橋にバンクーバーオリンピックで
素晴らしい演技をさせたい
コーチは自分の人生をなげうって
選手に尽くす事が一番大切 」というコメントをしていました

ニコライ・モロゾフというコーチにめぐり会えた事で
美姫ちゃんにとってのMy Goal が
満面の笑顔と金色の輝きに彩られますよう
祈っています・・・・
posted by マキティ at 00:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

ゆっくり ゆっくりと・・・

1 月11 日にblog を始めて2 月29 日までの50 日間
「 毎日かかさず更新する事に意義がある 」とばかりに
意地と根性と 美姫ちゃんへの熱い想いだけで
記事数60 に到達しました

ところが ここへきてやっと気づいたというか・・・

そもそも何処へ向けての意地だったのか
はたまた 何を思っての根性だったのか

このblog を振り返って
あまりの稚拙さに恥ずかしくて恥ずかしくて
自己嫌悪に陥ってしまいました

美姫ちゃん応援blog には 
ずっと以前から真摯に続けてきた方々の
立派なサイトがいくつもあって
皆さんは それぞれに素晴らしく
感銘を受ける事ばかりだというのに・・・

私のblog は
美しい画像があるわけでなく
盛りだくさんな情報があるわけでもなく
独自の観点から分析をするような事もない
何の取り柄もないものです

それなのに一体全体
何のための「 毎日更新 」だったのか・・・・

ネットの社会で
謂れのない誹謗中傷を受ける美姫ちゃんに
心からの熱い声援だけでも届けたくて
そのためには毎日毎日を称賛の言葉で埋めつくそうと
間違った使命感に操られていたのかもしれません

何かに追いたてられるように・・・・

今後は「 何か記事にしなければ 」などという
半ば強迫観念に囚われた「 毎日更新 」は止めます

間違った使命感に操られて綴った言葉では
誰の心にも届かないという事にやっと気づきました

これからは もう少し言葉を暖めてから
美姫ちゃんの「 一歩づつ前へ 」に習うよう
焦らずにいきます 

ゆっくり ゆっくりと・・・


今回 これだけは言っておきたいのですが
これまでの記事( 記事と言うのも恥ずかしい )で
美姫ちゃんに対しての私の想いに
ただの一つも嘘はないという事・・・
その事だけは断言しておきます
さあ・・
今後はゆっくりとしたペースでいきましょう
posted by マキティ at 00:03| Comment(8) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

アニシナ&ペーゼラ

スケーターといえば
ジャネット・リンとカタリナ・ヴィットぐらいしか
知らなかった私が
フィギュアスケートを真剣に見るようになったのは
2002 年のソルトレイクシティのアイスダンスからでした

フランスのグウェンダル・ペーゼラとマリナ・アニシナに
くぎ付けになってしまったんです

グウェンダル・ペーゼラ( Gwendal Peizerat )は
1972 年4 月21 日フランス出身
パートナーの
マリナ・アニシナ( Marina Anissina )は
1975 年8 月30 日ロシアで生まれ
イリヤ・アベルブフと組んでいましたが
アベルブフがロバチェワと新しいチームを組んだことにより
1993 年にペーゼラを新たなパートナーとし
フランス国籍を得ることになります そして二人は
1998 年長野オリンピックで銅メダルを獲得し
2000 年世界選手権では優勝をしています

アニシナにしてみれば
ソルトレイクシティで かつてのパートナーであった
アベルブフを抑えて優勝できたことは
大きな意味があったと想像します

そんな裏側のドラマもありましたが
この時のオリンピックでは
ペアとアイスダンスの採点疑惑が浮上して
後味の悪いものになってしまいました

私はアニシナ&ペーゼラ以外に金メダルに
相応しい演技をしたものはいなかったと思っていますが・・

その後二人は オリンピック終了と同時にプロに転向し
赤毛のロングヘアがトレードマークの 情熱的なアニシナと
思慮深く知性的な金髪のイケメン ペーゼラは
今ではショーにおいて その個性的な容姿とともに
華麗な演技で楽しませてくれています

日本女子フィギュアスケートオフィシャル応援ブック2006の
23 ページに
美姫ちゃんとペーゼラの2 ショットの写真を見つけた時は
大興奮してしまい 
どちらにヤキモチを焼けばいいのかと迷ってしまいました(笑)
かっこいいペーゼラと
V サインをして満面の笑顔が可愛い美姫ちゃん・・
素敵な2 ショットです
posted by マキティ at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

カタリナ・ヴィット

美姫ちゃんの今シーズンのFS は「カルメン」ですが
「カルメン」といえば
カタリナ・ヴィット( Katarina Witt )を
思い浮かべる方が多いようです

記憶に残るスケーターの名前としてまず浮かぶのも 
札幌の恋人と呼ばれたジャネット・リン( Janet Lynn )と
「カルメン」を演じたカタリナ・ヴィットだと思います

美姫ちゃんは尊敬するスケーター あるいは
目標とするスケーターにジャネット・リンを挙げていました
また 今季のPG に「カルメン」を使用することとなって
カタリナ・ヴィットの演技を繰り返し見たそうです

カタリナ・ヴィットは
スケート好きなら誰もがよく知るほど知名度が高く
HP や blog でも語られていることが多いので
今さら記そうとは思いませんし
私などの浅い知識では 記事にもなりません

ですが ごく簡単にだけ触れさせてください

ヴィットは
1965 年12 月3 日 旧東ドイツに生まれ
5 歳頃からスケートを始めました
数多くのオリンピックメダリストを育てた
ユッタ・ミュラー女史の指導を受け 
才能を開花させた後は
84 85 87 88 年と世界選手権で4 回優勝し
オリンピックでは
84 年サラエボと88 年カルガリーで2 連覇を達成します

プロに転向後 94 年のリレハンメルで
オリンピックに復帰しますが7 位という結果でした
その時のFS 「花はどこへいった」には
技術を重視するフィギュアスケートに
芸術性を取り戻したいという思いと
反戦メッセージをが込められていたそうです

美しい容姿と高い表現力で
多くのファンを魅了したヴィットですが
07〜08 シーズンを最後に引退をするとされています

氷上のグレース・ケリーと言われたそうですが
私にはブルック・シールズのような美しさを
感じさせます

ヴィットがオリンピックに出たのは 18 歳と22 歳の時でした
美姫ちゃんもトリノでは18 歳
バンクーバーでは22 歳となります

記憶に残るスケーターとして名を連ねるのは
ジャネット・リン カタリナ・ヴィット
そして日本の宝 安藤美姫・・・
いずれ そうなることと私は確信しています

・・・・以上ですが
カタリナ・ヴィットファンの方がご覧になったら
あまりにも軽薄な記事(記事とも言えない)に
なってしまいました(汗)

美姫ちゃん・・・今頃はブルガリアの地で
深夜に練習をされているようですね
元気にしているかしら・・・恋しいです
posted by マキティ at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

神様からの贈り物

私は音楽が好きで 少しの間でしたが
歌唱のレッスンに通っていたことがありました
( ほとんど思いつきで始めて 上達することもなく
レッスン料を滞納して 強制的に辞めさせられましたが笑)

この歌唱レッスンが 私の最後の「習い事」でした
それまでは といっても子供の頃のことになりますが
まず ピアノに始まり
お習字 そろばん(今となっては懐かしい)
華道 英語etc...

親に勧められるがままだったり
友達とダラダラ遊び感覚で行っていただけだったりと
どれもこれも
中途半端な気持ちでしかありませんでした
何かひとつでも本気で取り組んでいればよかったと
後悔しきりです(笑)

美姫ちゃんも小さい頃に
いろんな「習い事」をされていたそうですが
( 私と同じようにピアノ 英語
他にも水泳 絵画 確か体操も・・?)

スケートを始めた年齢が 案外遅いことには
驚きでした
普通は5 〜6 歳 早い人になると4 歳からなんて
英才教育なみの場合もあるそうですから
美姫ちゃんがスケートを始めた8 歳という年齢は
かなり遅いスタートといえます

にもかかわらず
今や日本が誇るトップスケーターなんです
それは もって生まれた抜群の身体能力のなせる技なんでしょう

何で目にしたのかは 忘れてしまいましたが
美姫ちゃんのことを
「生まれつきの天才」だと記していました

それには「天才型」と「努力型」のことについて
触れていたように記憶しますが
何時の 何の本だったのかも 覚えていないので
詳しいことまでは わかりませんが
私は 
美姫ちゃんには もって生まれたスケートをするための
特別な「才能」のようなものがあったと
思えてなりません

類まれな身体能力と 他の誰よりも美しい容姿・・

その両方を 持ち合わせた美姫ちゃんを
「フィギュアスケートをするために生まれてきた」
神様からの贈り物のように
思えてならないんです

「フィギュアスケートをするために生まれてきた安藤美姫」に
熱い声援を送ることのできる今を 
大切にしたいと 心からそう思います
posted by マキティ at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

応援する事・その2

美姫ちゃんは今 ブルガリアに滞在されているそうで
その後 オランダで練習をし スウェーデンへと
向かうようです

世界選手権へ向けて 
充実した日々が送れることを願っています


今日は前回の続きを少々・・

ファン心理というのは微妙なもので
自分のお気に入りの選手を誉めてもらえたりすると
発言をしたその人までも 
「この人は見る目がある いい人だ」となり
ちょっとでも貶されようものなら
その発言者が嫌いになってしまうことさえあります

ファン心理と言いましたが これは私のことです(笑)

私はいたって単純です
美姫ちゃん好きが昂じて このblog を始めた
根っからの美姫ちゃんファンだと自覚しています

ですから
美姫ちゃんを賞賛する言葉は心地よくても
非難に対しては 受け入れられない
いわば 頑固者だということも
認めなければならないでしょう(笑)

けれど 私はそれでいいと思っています
このblog が美姫ちゃんに対しての
ラブレターであっても何の問題もない
むしろ もっと賞賛の言葉で埋め尽くしてもかまわない
とさえ思っています

ファンは 選手の心の部分を支える存在であって
それ以上でも それ以下でもありません

前回の記事に示したとおりです
「応援する事」に徹する
これが 私のstanceです 
美姫ちゃんの 可愛らしい人柄も
心配ばかりかけるところも
すべてを心から愛して応援していきます




posted by マキティ at 14:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

応援する事

人の好みがさまざまで 理解に苦しむようなこともあると
以前 記事にしましたが
理解に苦しむというのは ただ単に好みだけではなく
同じ選手を応援しているファン同士でさえ 
感じ方の違いからなのか
それぞれの想いが交錯して・・
私は最近 そのことで頭を痛めています 

何のジャンルにおいても
最年少記録を出したとか こんな良い成績をあげたとか
記録や成績に注目が集まり
ちょっとでもミスをしようものなら
ここが悪かった あれに問題があったなどと
好き勝手なことを言い出したりしがちですが
これがまず 私には理解できません

人間は誰でもミスをします
「ミスをすることなど1度たりともない」
そんな人間はいないはずです
また 失敗していないように見えたとしても
すべてが完璧なことなどありえないんです

それなのにミスのない 完璧なものを求めようとします

「あなたには出来るのか」と言いたいです

何のジャンルにおいても としましたが
私が記事にするぐらいですから
フィギュアスケートにおいては特に と言いたいんです

3 分弱 4 分強の時間のなかで
どれだけ神経を研ぎすませて どれだけ高度な技術を
観衆とJudge の前で披露しなければならないか・・

超人的ともいえるスケーターに
出来もしない人間が偉そうに苦言を呈するなどと
ましてや
ファンだといいながら 選手に注意をしたりする・・
私には とうてい理解できません

選手の皆さんは 
コーチやトレーナーの方々の指導のもとで
厳しいトレーニングをしています
注意をしたり ときには叱ったりするのも
コーチや近しい方々の考えのもとになされているはずです

ファンは「応援する事」に徹していればいいんです
応援する事で選手の皆さんを少なからず「支えてあげられる」
私はこう考えます


美姫ちゃん 
私はあなたにとびきり気のきいた事など
何一つ言えない いちファンにすぎません
「応援する事」それだけしかできません
けれど こういうファンが大勢いることを
忘れないでいて欲しいです
posted by マキティ at 15:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

さあ きたきたきたきた

今回は実況アナウンサーの言葉を集めてみました

まずは06 全日本SP から
「辛いままに終わったオリンピック・シーズン
語りつくせぬ想いはやがて 東の空を赤く染めていく
夜明けのミキティ・・
千夜一夜物語 シェヘラザード」に始まり

翌日のFS では
「運命のめぐり合わせに 逆転の手札は
ミキティロワイヤル・・4 回転です」
でしたが 結局4 回転はしませんでした
演技の途中で肩を痛め
それでも最後まで滑りぬき世界選手権への
切符を手にします

07 世界選手権SP は
「祈りとともに幕を開けたシェヘラザード
 ・・・・・・
オリンピックで傷ついた心と全日本の肩の痛みに耐えぬいて
この笑顔が見たかった」
のように このシーズン安定したSP の演技を見せてくれました

FSを滑り終え
「世界はもうミキティしか見ていない
金メダリストは決まっているが誰なのかはわからない
どちらに微笑むんだ キス&クライの桜は
どちらに満開を告げるのか」
いうまでもなく優勝を決めて
最高のかたちでシーズンを終えました

07 全日本SP は
「迷いなきゴールドの輝きとともにサムソンとデリラ
・・さあ きたきたきたきた
力の英雄サムソンを惑わせて・・」

FSでは
「クイーンの登場は浮気心を許しません
私だけを見つめてくれればそれでいい
世界女王の18 番 カルメン
女王の妖しき笑みとともに・・
・・世界のヒロインに迷いなし」

08 4 大陸SPからは
「安藤の登場で場内の雰囲気はガラリと変わってきました
ボルレージは上がってきている
ゴールデンエイジに迷いなし」
と頭痛にもかかわらずまたもや2 位発進をし

翌日のFSでは
「滑走順を決める抽選で 引いて思わず苦笑いの最終滑走
また引いてしまったわ いつか だからこそいけるに変わります
運命の4 回転 ここからおよそ45 秒後です
さあファムファタル運命の女カルメンが動き出しています」
4 回転への挑戦は回りきらずに不発となり
残念ではありましたが
その後はたて直し銅メダルという結果でした 


選手の演技を言葉にして伝えて下さる
実況アナウンサーの「名ゼリフ」を
あらためて聞いてみると 違った楽しみ方ができました(笑)
posted by マキティ at 16:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

Hurt

美姫ちゃんの今シーズンのナンバーに
Christina Aguilera の「Hurt 」があります

Christina は1980 年12 月18 日 
ニューヨークで生まれました
アメリカ陸軍軍曹のお父さんと 
ヴァイオリニストのお母さんの仕事の関係でしょうか 
子供のころは日本を含めた
世界中の様々な場所で暮らしたそうです

10 歳頃からオーディションを受けたりしていたようですが
デビューアルバムの発表は1999 年 
Christinaが19歳 の時です
(1997 年に中西圭三との
コラボレーションシングルは出していますが)

デビュー当時は清純なイメージでしたが
2002 年のセカンドアルバム
「Stripped 」から まさに彼女自身も
全てをさらけだしたようで
自由奔放な言動をとるようになります
(でもそれがかっこいいんですけれど)

Christina の歌声はとびきりのパワフルさと
折れそうなほどの繊細さを併せ持つ
誕生日が同じだからというわけではないでしょうが
美姫ちゃんのスケーティングにも通じるものを
感じてしまいます

「Hurt 」は
失った人への悲しみを歌ったものですが
胸の奥深くに突き刺さるような切ない曲です

美姫ちゃんは昨年のNHK 杯のEX で
星を散りばめたような黒い衣装で
この曲を滑りました

前日には演技直前に思いがけない怪我をして
転倒を繰り返し 失意とまでは言えないものの
この日の「Hurt 」はなおさら切なく悲しいものに
見えました

星を散りばめたような・・としましたが
あれは星が煌めいているのではなく
「悲しいカルメン」を演じた美姫ちゃんの
涙のようでもありました
  
美姫ちゃんの心の奥にある「傷」が見えてしまうようで
この日の「Hurt 」を 繰り返し見る事はしていません・・
posted by マキティ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

愛情

美姫ちゃんが優しい心根の女性だということは
何度か記事にもしましたが
「優しさ」って生まれつきの性格だけではなく
後天的なもの 例えばその人物を育てた環境
成長過程におけるいろいろな経験も含めて
個人特有の「優しさ」ができあがっていくものだと思います

今日は 周知の事とはいえプライベートに触れてしまう事を
まず先に謝罪しておきたいと思います 


美姫ちゃんには数年前に突然の不幸がありました・・

お母様が まだ小学生だった美姫ちゃんに
寂しい想いをさせないために
どれだけ心を砕いたか・・・ 
お爺様もおばあ様も どんなに美姫ちゃんを愛し
可愛がって育ててこられたか・・・
美姫ちゃんには弟さんもおられるので
お二人に注がれた愛情は 人並み以上のものであったと
想像します

たくさんの愛情を感じて育った人は
「愛情」というものを本当によく知っています
そして愛情の尊さをよく知る人は
「優しさ」も十分に備わった人となります

美姫ちゃんのご家族の方が 今日までを 
めいっぱいの愛情で支えてこられたという事が
美姫ちゃんを見ていて感じられるんです

以前のことになりますが
トゥウィンクルバンドの売上金を
ユニセフ協会に寄付をしたことも
難病に苦しむ宗太郎君への一途な想いも
小さい子供を放っておけない美姫ちゃんの優しさから出た
自然な行為だったに違いありません

それは
競技者としてはハンデにもなりかねない美姫ちゃんの
「優しい性格」を物語っています

そしてその優しさが美姫ちゃんの
人の心を惹きつける魅力でもあるのです

私は心の優しい美姫ちゃんが大好きです
愛情に溢れた優しい笑顔が輝き続けますように
これからも 揺るぎない心を送りたいと思っています

スケートから離れた事を お話してしまいました事を
美姫ちゃん ご家族の方々 関係者の方々に
深く深くお詫び申しあげます
posted by マキティ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

心のつながり

世界選手権が3 月17 日〜3 月23 日に
スウェーデンのイエテボリで 開催されます

(今からおよそ1 ヶ月後ですが 
すでに緊張している私があります
こんな事で試合のある日まで大丈夫かと思います)

スウェーデンといえばウルリッヒ・サルコウが
Salchow jump を開発した地だそうです 

美姫ちゃんがこの世界選手権で4 S に挑むかどうかは
私の知るところではありませんが
内心 気になって仕方がありません

できれば 今シーズンのすべてを出しきれるような
美姫ちゃん自身が悔いの残らない演技を見たいので
肩の故障を抱えた今は大技は避け 
確実で丁寧な それでいて心から楽しめるような
そんな大会になってくれる事を望みます

美姫ちゃんはモロゾフコーチと共に
厳しいトレーニングの毎日を過ごすわけですが
厳しい中にも 昨年末の全日本に向けての時のように
R&B でも流しながら 楽しく充足感のある時間を
多くもつことができれば
きっと満面の笑顔で終わる事ができるんじゃないかと
思います

期待と不安の入り混じった何ともいいようのない
世界選手権までの日々・・・
楽しみである事には間違いないのですが
やっぱり毎試合 恐いです(笑)


話題は変わりますが 以前の記事で
難病と闘う 各務宗太郎君のことをお話しました
彼は今日渡米して ドナーが現れるのを待って
手術を受けるそうです

美姫ちゃんが彼と面会した時の写真をみましたが
8 歳の宗太郎君の可愛らしさと
美姫ちゃんの優しい笑顔に
言葉では言いつくせない
人と人との「心のつながり」を見たような
暖かい気持ちにさせてくれるものでした 

本来 人間には「心のつながり」というものが
漠然としてはいても 必ず存在すると思うのです

そして美姫ちゃんは たくさんの優しくて暖かい
「心のつながり」を結ぶことのできる女性だと
確信しています

宗太郎君と美姫ちゃんが暖かな光に包まれる事を
笑顔で再会する事を 願ってやみません
posted by マキティ at 00:03| Comment(8) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

誰が何と言おうと

HP やblog や掲示板などに自分の思いとか意見を
自由気ままに書き込む人は 数え切れないほど
たくさんいます
この「なんてったって安藤美姫」も 
その数あるblog の中のひとつで
美姫ちゃんへの応援メッセージを乏しい文章力なりに
真摯な気持ちで綴っています

同じような気持ちをもって下さっている
美姫ちゃんファンの方が
チラッと覗いて共感してもらえたとすれば
それはとても嬉しい事ですが
現実はそうとばかりはいきません

某サイトの美姫ちゃんを応援するための掲示板に
しばしば 不快な書き込みをする人間が出没します

めったにそういう事はないのですが
ごく稀に とても不快な発言を残していく
失礼極まりない人間が存在するんです

美姫ちゃんを応援しているファンばかりの掲示板に・・です

それは嫌がらせ以外の何ものでもありません

このblog にしても然りです

美姫ちゃんファンばかりの心の拠りどころに
わざわざ気を悪くする言葉を書き込む
その根性が私は許せません
少しばかり丁寧な言い方をしようが
理路整然と ごもっともな言いまわしをしようが
結局は 嫌がらせなんです
ファンの気持ちを不快にするだけのことです

そういう事は「他所でしてきて下さい」と言いたいです


少し感情的な記事になってしまいました・・
美姫ちゃんに対しての誹謗中傷 嫌がらせは
冷静に対処しようと思ってはいるのですが
どうしても腹が立ってしまって・・
心の貧しい「悲しい人間」には付き合いきれません


気分を変えて・・・・
先日心温まるコメントを寄せていただいたんですが
そのコメントで私のblog のことを
「ラブレター」と表現して下さっていました
あまりにも的確に心の内を見抜かれて(笑)
自分でもラブレターそのものだと認識しています(笑)

私は美姫ちゃんが大好きです
美人は性格が悪いという一般論を
見事に覆してくれる 正直者でお人好しさんの
気立ての可愛い美姫ちゃんがたまらなく好きなんです
誰が何と言おうと「安藤美姫」です
「なんてったって安藤美姫 !! 」なんです(笑) 
posted by マキティ at 00:02| Comment(10) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

Handcuffs 再び

韓国での 4 大陸選手権も無事に終了し
17 日に行われたEX での映像は
動画サイトで見る事となりました
(私の住む地域では演技の全部は放映なし)

外国のTV 局の映像を動画サイトで見るのですから
綺麗な画は期待できません
それでも美姫ちゃんが見られるだけで
私にとっては貴重です

公開練習の時からチラッと見かけていましたし
試合前のバックステージでの美姫ちゃんの
ようすからも予測はできていましたが
EX のナンバーは
私の大好きな「Handcuffs 」でした

昨年末の全日本選手権でのMOI で
初めて見て以来 
すっかりお気に入りの曲になって 
しばらくの間は 四六時中
この曲が頭の中で流れている程でした

先月のSOI でこのナンバーでの衣装にも
大興奮していた私でしたが
ひとつだけ私の中でささやかな希望があったんです
それが今回の韓国でのEX で叶えられました

美姫ちゃんが黒髪を下ろして
「Handcuffs 」を滑って(踊って)くれたんです
正直に言うとポニーテールは
何か違う気がして違和感がありました

クールでかっこいい衣装に黒髪を下ろした美姫ちゃん
・・もうそれだけで満足してしまうほど
「これでどう?」とでも言わんばかりのSEXY さです
動きにまかせてその黒髪が
美しい美姫ちゃんの顔にかかるたびに
同性の私でも思わず感嘆の声がもれてしまいました

前にも言いましたが「Handcuffs 」は
美姫ちゃんだからこそのナンバーです
ただ可愛いだけでは 似合いませんし
細いばっかりのメリハリのないスタイルでも
まったく魅力的には見えないはずです

美しい顔立ちと女性らしいシルエットの
美姫ちゃん以外には 誰にもできないナンバーなんです
私にとっての美姫ちゃんは
絶対美を体現している唯一無二の存在です

こんなに愛されている美姫ちゃん(笑)
4 大陸選手権 本当にお疲れさまでした
少しの間でしょうけれど 疲れた心と身体が 
十分に癒されるよう願っています・・・・
posted by マキティ at 00:04| Comment(2) | TrackBack(1) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

愛すべき simple - minded 安藤美姫

美姫ちゃんを応援するようになって
どれ程涙を流したか わかりませんが
何故こうも美姫ちゃんに心惹かれてしまうのか
自分でも不思議なぐらいです

今回の4 大陸選手権での 4 S への挑戦に対して
いろんな方のコメントを見ましたが
美姫ちゃん賛美には単純に喜んで涙し
批判的なものへは自分でも驚くぐらいの怒りの感情が
湧いてしまったり・・
本当に疲労困憊してしまう程(笑)
美姫ちゃんへの想いに日々明け暮れています


シーズン後 手術をしなければならないくらいの肩の故障と
いまだにテーピングをしたままの右脚でありながら
4 S に挑むという「離れわざ」をやってのけられたのは
繊細で傷つきやすい美姫ちゃんの 
アスリートとしての強い一面も窺い知る事となりました
そのうえ表彰台にも上れたのは
美姫ちゃんだからこそだと思うのです

深刻な故障や怪我を抱えながらの大技への挑戦・・
4 S 以降での見事なたて直し・・そして表彰台・・
美姫ちゃん以外に誰ができるでしょう

「( 4 S を)回りきったのではなく 2 S になった事が悔しい」
と演技終了後の頼もしい発言をも聞く事ができました

美姫ちゃんにとっては確かに悔しかったでしょうけれど
私には 闘う者として強くなりつつある美姫ちゃんを
いちファンとしてですが誇らしく感じました
前向きな姿勢だからこそ出る言葉に 本当に嬉しく思いました

メディアはとかく成績の良い選手をこぞって応援するよう
煽りがちですが
美姫ちゃんのように正直で不器用な人柄と
たくさんの試練を乗り越えようとするひたむきさを
どうして理解してあげられないのかと思います
それどころか 不当な評価が目立つ事に
憤りを感じてならないのです

美姫ちゃんはリンク上の至宝です
このblog の「モロゾフコーチ」( 1 / 28 日付)
でも記事にしましたが
メディアの方々には日本の宝である美姫ちゃんを
一緒に支えてあげて欲しいのです

美姫ちゃんの純真で素直で正直な人柄の良さを
もっと理解して 暖かく見守りながら
傷つけるなどという事のないようにお願いしたいです

今回の記事の冒頭で
何故こうも美姫ちゃんに心惹かれてしまうのか
としましたが その答えの 1 つは
正直で不器用だから誤解されやすい美姫ちゃんが
いじらしくて愛おしくてならないからだと思います

放っておけない「愛すべき simple - minded 安藤美姫」
だからでしょうね・・・!
posted by マキティ at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

08 4 大陸選手権FS

4 大陸選手権FS の美姫ちゃんは 117.59
Total 177.66 で 3 位という結果でした

肩の故障を抱えての出場
さらには4 Sへの挑戦と
どこまでも前向きな姿勢に拍手を送りたい気持ちで
今はいっぱいです


美姫ちゃんの発言に対して
某サイトで ちょっとしたやりとりがありました
SP 終了後「頭痛がして激しく滑ると頭に響く」
とコメントした事を「言い訳」だと捉えられたようです
このblog にもそういったコメントを
寄せられた方がいました

私は美姫ちゃんのことを正直者のお人好しだと
理解しています
自分の状態 精神的なことまでも
無防備にさらけ出してしまうところがあるようです
どう捉えられるかまで考えが及ばないのは
二十歳といっても まだまだ子供だからでしょう
美姫ちゃんは本当に
純真で素直で正直で不器用で要領が悪いんです

そういう愛すべきところを知らない人にとっては
「言い訳」に聞こえる発言もあるのかも
知れません・・・
私が言う事ではありませんが
わかってあげて欲しいと思います


今大会で挑んだ4 S ですが
回転が抜けて2 S になり転倒してしまったようです
(まだ演技は見ていません)
美姫ちゃんにとって またも悔いの残る結果となり
残念ではありますが 試合で挑戦していく事が大切なのであって
肩を治して練習量が増えれば 今後は
成功する確率も高くなるだろうと思います
美姫ちゃん自身が本気で4 S に挑み続ける限り
必ず 成し遂げる時がくると信じています


現在時刻は 16 日20 時58 分です
これからTV で美姫ちゃんの演技を見ようと思います


・・・・・・
TV を見ての感想です
始めの3 Lz+3 Loの失敗と4 S を除けば
後の3 F . 3 Lo . 3 Lz . 3 T+2 Lo+2 Lo . 2 A+2 Loは
綺麗に決まり スピン スパイラル ステップでは
活き活きとした素晴らしい演技で魅せてくれました

演技の後での爽やかな笑顔が嬉しかったですし
怪我なく終えた事が何よりでした

4 S への挑戦はこれからも
私達ファンに「勇気」を与えてくれる
美姫ちゃんからのメッセージでもある事を
今回の4 大陸選手権を見て感じました

美姫ちゃん「勇気ある挑戦」をありがとう!

posted by マキティ at 00:42| Comment(6) | TrackBack(1) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

状態が悪いなかでの演技

2008 2 月14 日のSP 「サムソンとデリラ」での美姫ちゃんを
昨日に引き続き お話したいと思います

韓国入りしてからの公式練習のようすでは
4 回転も調子が良さそうでしたが
徐々に疲れが出てきたのか SP 前日は
練習も早々に切り上げたようでした

当日は偏頭痛があったらしく 激しく動くと頭が痛むなか
本番でよくあれだけの演技ができたものだと
感心させられました

美姫ちゃん本人のコメントでも
「体調が万全でなくても100 % に近い演技ができた」
とあったように
状態が悪いなかでの演技とは思えない
力強く美しいデリラ姫でした

3 Lz+3 Lo のセカンドが回転不足だった事と
その他の要素での細かいミスのため 
厳しい採点をされ 60.07 と伸びませんでしたが
首位とは僅差の 2 位につける事が出来ました

もともと4 大陸選手権は順位を気にせず
4 回転をPG に入れる事と
世界選手権へ向けての調整として臨んだ試合でもあるので 
14 日のSP の結果は「よかった」ということでしょうか・・


今日16 日 FS があります
肩や脚の状態 本番を迎えての体調 仕上がり具合などを
十分に考慮して 無理のない範囲で4 回転に挑戦してほしいです

4 回転については・・・跳んで欲しい・・・
でも転倒して肩をさらに痛めやしないか・・・・
と 私自身の心の中でも揺れ動きます

美姫ちゃんとモロゾフコーチが決めることですから
いちファンの私がヤキモキしても仕方がないのですが(笑)


現在時刻は 15 日23 時56 分

「サムソンとデリラ」の美姫ちゃんを思い出しながら
そしてまた
「カルメン」を思い描きながらPC と向き合っています

美姫ちゃんが辛い時は ご家族の方 コーチ
スタッフをはじめとする近しい方々は当然の事
私も本当に辛いです

他の選手を応援するより辛い想いを
多く味わうことになるのに
どうして美姫ちゃんファンになってしまったんでしょう(笑)

美姫ちゃんに心を奪われた日から
どれだけ泣いたり喜んだりを繰り返してきたか・・
これはもう ほとんど修行の世界ですね(笑)
posted by マキティ at 00:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。