2009年08月15日

HACHI 約束の犬

来年か再来年には TV で放映されるだろうから、その時でいいと思っていた。
予告編だけで泣きに泣いた話を映画館まで足を運んで観る、
などという勇気のいることはとても出来ないと思っていた。
「 HACHI 約束の犬」
今週はじめ、 劇場で鑑賞することになろうとは、
我ながら、思いがけぬ行動をとったものだと感心している。

1987 年に公開された「ハチ公物語」は、
忠犬と呼ばれた秋田犬(あきたいぬ)ハチの物悲しい姿をかわいそうに思ったのか、
ポロポロ泣いていた息子に少々気をとられた感もあったが、
物語が淡々と描かれていたからこその、切々と胸に迫るものがあった。

「 HACHI 約束の犬」は、舞台を東京からアメリカ東部の架空の街へ移し、
時代設定も、現在より少し前の話としてつくられている。
かつて忠義心の象徴として描かれていたハチの姿は、
国境を越え時空を越え、さらに種を越え、家族愛のひとつとして描かれていた。

大学教授パーカーと彼に育てられたハチとの、愛と絆を軸に、
パーカーとその妻、娘との愛もふんだんに描かれているあたりは、
さすがにアメリカナイズされた、解かりやすく受け入れやすいものだった。


ベッドリッジ駅で迷っていた秋田犬の仔犬を保護する場面から物語りは始まる。
連れ帰った仔犬を拒む妻ケイトのために、飼い主を探すこととなるが、
ハチにボール遊びを教えようと夢中になって地面に這いつくばるパーカーの姿を見て、
ケイトの頑なな態度も一転、ようやく家族の一員となる。
ハチを可愛がるパーカーの優しさは、
先住犬を失い、それ以来閉ざされていたケイトの心も解してしまった。

パーカーは、時に困った行動をとるハチに振り回されながらも
細やかで、暖かい愛情をハチに注ぐ。
成長したハチは、大学勤めのパーカーを誰に教わるということもなく
毎日駅へ、送り迎えをするようになるのだった。
駅周辺の人々もそんな「ふたり」を優しい目で見守っていた。

ところがある朝ハチは、駅までの見送りを躊躇する。
怪訝に感じるパーカーだったが、しかたなく駅へと向かう。
少し遅れて、ボールをくわえたハチが駆け寄ってきた。
これまで何度試みても「とってこい」をしなかったハチが、
ボールを投げてくれ、というのだ。
初めての出来事に喜ぶパーカーだったが、
ハチはこの日、何かを感じていたのだろう。
家を出るときためらったのも、ボール遊びをして気を引こうとしたのも、
パーカーをこのまま行かせたくなかったからに違いない。
いつものように、夕方にはハチに出迎えてもらう、そんな笑顔を残して
パーカーを乗せた列車はゆっくりとハチから遠ざかっていった。
その日、午後 5 時を過ぎ辺りが暗くなって、一人ぽつんと待っていたハチを
連れ戻しにきたのはパーカーの娘夫婦だった。

パーカーが亡くなった後、娘の家族と暮らすことになったハチは、
その家を飛び出し、ベッドリッジ駅へとパーカーを迎えにいく。
何度季節が移り変わっても、
「パーカーに会いたい」ただその想いで待ち続けるハチの姿は、
10 年という長い歳月に、ほこりにまみれ、うす汚れた老犬となっていた。
ある寒い冬の夜、ハチは夢をみた。
目の前に懐かしい靴。見上げればずっとずっと会いたかったパーカーがいる。
「ハチ、ずいぶん待たせたな」
愛するパーカーと、やっと会えたのだった・・・。


と、ストーリーを思い出しながら振り返ってみたが、
映画を観て驚いたことがあった。 
わが家には私が溺愛する猫、「 RONNIE(ロニー)」がいる。
ロニーの母猫の名前は「レイラ」、父猫の名前は「ルーク」、
うんと遡って小学生の頃に飼っていた雑種犬の名は「ケン」だった。
ここへきて「 HACHI 約束の犬」の裏方の話になるが、
ハチを演じた秋田犬(あきたいぬ)の成犬は 3 頭いて、
それぞれの性格から場面に応じて、つかいわけていたそうだ。
そのうちの 1 頭の名前は「レイラ」、
劇中、パーカーの孫の名が「ロニー」、
ケイトが可愛がっていた先住犬の名が「ルーク」、
パーカーの友人は「ケン」、
ここまでくると、何だか遠い親戚、身近にあった話のような気がしてくる。
だからかどうかは別として、
「 HACHI〜」を観てから、どうにも切なくてしようがない。


昭和のはじめ、実存したハチには忠犬説に対し異論があるという。
主人の死後も渋谷駅に現れる本当の理由は、
駅前の焼き鳥屋からのご馳走が目当てだった、あるいは、
ハチを可愛がる駅周辺の人達から食べ物をもらうため、というのだ。
私はこの説に、云いたい。
ハチは主人である大学教授の上野英三郎氏が亡くなってから、
落ち着き先を転々とすることになるが、最終的には、
上野宅出入りの植木職人、小林菊三郎氏のもとへいくことになった。
安心して眠れるであろう寝床も、食べる物にも困ることはないはずだ。
それでも上野氏が帰ってくる時刻にわざわざ渋谷駅まで出向いたのは、
ハチが上野氏に会いたかったからに他ならない。

人間はどこへ行ってもそれなりに、その場その場で付き合いもでき、
愛する人も含めて大勢と関わりをもって生きていくが、犬は違う。
自分を可愛がってくれる人、
本当に愛してくれる人がたった一人いれば幸せなのだ。
例えその人がいなくなっても、
強い絆で結ばれた愛が、心の中にありさえすれば幸せなのかもしれない。
その幸せを忘れたくないから、いや、忘れられないから、
ハチはあの場所に居続けたのではないだろうか。
上野氏、パーカーの愛を受けとるために。


11 日は結婚記念日だったので、夫婦で「 HACHI〜」を鑑賞した。
暗い映画館から明るい照明のところまで出て、お互いの顔を見て吹きそうになった。
「どんだけ泣いた?!」
私のメイクは見るも無残なことになっていた。
                             (コメント欄に補足あり)
posted by マキティ at 23:50| Comment(7) | TrackBack(0) | 可愛いモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

HACHI とリンダ

「ベッドリッジ駅、午後 5 時。駅にはいつも君が待っていた。」

このコピーで始まるわずか 1 分ほどの予告編を観て、涙が溢れた。
あまりに感動したものだから、家族にも観るようにすすめ、
家の者と一緒に、再度観ることとなったのだが、この時も涙が出た。
結局、予告編だけで 5〜6 回も泣いてしまった。

映画「 HACHI 約束の犬」は、
日本人なら誰もが知っている忠犬ハチ公の実話を、
1987 年に松竹が映画化した「ハチ公物語」のハリウッドリメイク版である。

8 月 8 日の全国公開を前に、7 月 7 日、
渋谷駅前において記念セレモニーが行われたが、
犬好きの私は、主演のリチャード・ギアが好きな俳優ということもあって、
片っ端からネットのニュースをチェックした。

オフィシャルの写真ギャラリーをながめているだけで、
すでに物語の内容を知っているだけに、またまた涙にくれてしまった。
こんなふうに私は、犬・猫が登場する話にめっぽう弱い。
映画やドラマを観ていても、主役そっち退けで端役の犬とか猫に気をとられ、
肝心のストーリーが頭に残っていないことさえある。

過去においても、例えば「禁じられた遊び」を
子供の頃に学校の映画鑑賞会で初めて観た時、
冒頭で、戦闘機からの銃撃で命をおとした仔犬?小型犬?のことが、
かわいそうでかわいそうで結局、戦争の悲惨さも何も理解できなかった。

地中から巨大なモンスターが出現し人々を襲う、
という、ある映画でも、登場していた 1 頭のワンちゃんが気になって、
話の展開も結末も、何という映画かさえ憶えていない始末なのだ。

こんなことを云いだすとキリがないので、「 HACHI〜」に話を戻そう。

毎日しごと帰りの主人を駅で迎え、亡くなってからも待ち続けた、
「ハチ」と名付けられた秋田犬(あきたいぬ)と、
ハチを可愛がっていた大学教授の愛と絆を描いたこの物語は、
22 年前、日本で「ハチ公物語」として映画化され、私はそれを TV で観た。
仲代達矢さん演ずる大学教授が帰らぬ主人となってからも、
そのことを理解できずに待ち続けるハチの晩年は哀れで、
健気な姿が愛おしく、胸が締めつけられるような切ない感動があった。
いっしょに TV を観ていた、まだ会話もままならないほど幼かった息子は、
ポロポロ泣きながら、しまいには号泣していたが、
ハチの姿は、こんな小さな子供の心までも動かしてしまうのだと、
私の記憶のなかで、感動の後押しになっている。

「 HACHI〜」の記念セレモニーがあった 7/7 は、
秋田犬の愛情深さや、犬と人との絆の普遍的な素晴らしさを、
あらためて想いおこしたり、
主演のリチャード・ギアの暖かい笑顔と人柄に惚れ直したり(笑)、
心優しい青年に成長した息子の、可愛い泣き顔を思い出したりして、
ひとり感慨にふけっていた。

犬の健気な可愛さに浸ったその翌日、
わが家のペキニーズ「リンダ」( 6 才、オンナのコ)に異変が起きた。
腰が立たず、後ろ足が麻痺してしまったのだ。
レントゲンを撮って見てみると、
本来ならば軟骨なので何も写らないはずの背骨と背骨の間の部分が、
1 個所だけ、うっすらと白くなっていた。
獣医師によると、おそらく椎間板ヘルニアではないかということだった。

応急処置としてレーザーを当て、神経を活発化させるビタミン剤をもらい、
数日は家でようすを見ることになった。

リンダは、自分に起こった異変に戸惑ったのか、痛みがあったのか、
初めのうちこそ大人しくしていたが、
足を引きずって移動することに慣れてくると、
それなりにピョンピョン跳ねたり、普通に食欲もあり元気なようすだった。
(安静にするよう云われていたのに、はっきりいって動き回っていた)

しばらく何度か通院し、今では麻痺していた足も徐々に動きだして、
幸い回復に向かっているようでホッとしている。

実は、6 月の半ば頃に遡るのだが、
猫のトイレの掃除をしていた私は、ギックリ腰になってしまい、
元々腰に疾患がある私は結構、ビビッていた。
悪くすると将来、下半身不随になる恐れがある、要は爆弾を抱えた腰だからだ。
今のところ日常生活に支障はないし、
ギックリ腰もずいぶん良くなってはきているが。

こんな話を聞いたことがある。
飼い主に降りかかるはずだった災いを、そこで飼われている犬や猫が
身代わりに受けるというのだ。

いつもはほったらかしにされて、
きちんとした世話もしてもらっていないリンダなのだが、
ペットショップで売れ残っていたリンダを私が気に入って
連れて帰ってきたことへの「恩返し」なのか。
私のギックリ腰が大事に至らなかったことと、
リンダのヘルニアのタイミングが、その話を思い出させた。

リンダは身を挺して私の痛みを引き受けてくれた、と云うと、
考え過ぎだろうか。

posted by マキティ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 可愛いモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

日本の暑さと行き倒れ猫

7 月 19・20 日の韓国でのショーに
美姫ちゃんが出演するかもしれないと知った時 
あれだけの故障をかかえているので 
まだ早いのではと心配していたのですが
6 月 27・28・29 日の横浜でのDOI 出演の情報には
驚きと心配を通り越して固まってしまいました

美姫ちゃんの心情を想像するに
肩の手術を回避した理由のひとつでもあった
「リンクでの練習がながく出来ない」ことは
スケーターにとって不安で辛いこと以外何ものでもないこと
「早くリンクに立ちたい 早く滑りたい」と切実な想いが
美姫ちゃんを早くも次の段階へと押しやるのだと理解しました

アスリートの皆さんは素人が考えるよりも はるかに
怪我に対して いろんな意味で強いのかもしれません

ですが 身体が資本のアスリートだからこそ怪我に対して
誰よりも慎重であってほしいと思います
どうかこの先 大きな故障にみまわれることのないように
 美姫ちゃん いちファンからの切なる願いです・・


さて 話はガラリと変わりまして(いつものこと(笑))

美姫ちゃんの愛犬ミコちゃん・モコちゃんは最近の暑さに
どう対応しているのでしょうか
名古屋の暑さもハンパではないでしょうから

人間が感じるより犬・猫にとって日本の夏は蒸し暑くて
老犬・老猫などは特に体力維持が大変だそうです

私のリンダ(ペキニーズの女のコ)も
梅雨どきから「ハッハッハッ・・」と いかにも暑そうで
仰向けで大の字になって寝ている時以外は
「ハッハッハッ・・」が耳について非常に煩いです(笑)

家には今年で 11 歳になる猫がふたりいるのですが
それぞれ原産がアメリカ北部のメイン州とノルウェーという
極寒の地なので日本の蒸し暑さがこたえるようです

ノルウェジアン・フォレスト・キャットの ロニーは
部屋の真ん中だろうが何処だろうが
「行き倒れ」状態で寝ていることもありドキッとさせられます
もともとはノルウェーで暮らす猫ですから さぞかし暑かろうと
「行き倒れ猫のロニー」に「ガンバレ」と声をかけて
厳しい日本の夏を乗りきってもらっています(笑)

今年は梅雨明けが早くて真夏の暑さが長いそうです
posted by マキティ at 00:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 可愛いモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

愛する者

美姫ちゃん応援blog のはずが
いつ頃からか私が応援される側になってしまっています
そう感じる程コメントをお寄せ下さいました方々には
優しく暖かい言葉で慰めていただいています
皆様 本当にありがとうございます

今年の世界選手権は残念な結果に終わってしまいましたが
今はただひたすら美姫ちゃんの心と身体が元気に
回復されるよう願います

さて
私の涙の理由にはもうひとつあって・・・

「この地球上で一番愛おしい人物については語りません」 
と言っておきながらコメント欄では話している人物・・・
彼が3 月の中頃 私の元を離れ1 ヶ月になろうとしています

寂しさは しだいに慣れて薄れるものと思っていましたが
日を追うごとに切なくてどうにもなりません

順風満帆とは程遠い私のこれまでを支えてくれた彼

気がつけばいつも傍らで冗談を言って笑わせてくれた彼

今日もメールでのやりとりをしましたが
この寂しさはやはりどうしようもなく・・・



「アホ〜 今日の晩御飯なんや
カレー? それやったらそれで はよ言えアホ」

いつもこんな感じで言葉の最初と最後に「アホ」をつける
口の悪いヤンチャな次男坊は
その言動とは反対に心根の優しい可愛らしい性格で 
私の心臓そのものなんです

心臓が私の身体から離れているようなこの感覚に
戸惑いながら今はまだ慌しく
新生活の準備や学校に必要な書類やらを
こちらで手配して郵送したりしています

「絢香の三日月知ってるやろ?
『今度いつ会えるんだろ それまでのママの電池は』
どないしてくれるん?」とメールをしたら

「アホか そんなもん言うてんと しっかりせぇアホ」
最も愛する者からの返事がこれですから(笑)
posted by マキティ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 可愛いモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

可愛いモノ

プロフィールで
「 フィギュアスケートをするために生まれてきた
安藤美姫選手を心から愛し 応援しています 」
となっていますが 同時に
「 可愛いものが大好き 」ともあります

blog を始めて2 ヶ月になった今日
カテゴリを増やして「 可愛いモノ 」についても
今後 時々ではありますが お話しようと思っています

「 可愛いモノ 」というと漠然としてしまいますが
私が可愛い!と感じる あらゆる者 物 モノです

例えば・・・
犬や猫 ジャイアントパンダ レッサーパンダ等の赤ちゃん

人間の赤ちゃん

野鳥 ヒナ

世界名作劇場「 あらいぐまラスカル 」

Hello Kitty

ぴよだまり

Sylvanian Families ・・・等々です

もちろん美姫ちゃんも可愛いから大好きなのですが
美姫ちゃんと もう一人
私がこの地球上で一番可愛いと思っている というより
一番愛おしい人物については 敢えて語りません


これからblog タイトルとは かけ離れた記事が 
ごくたま〜に 顔を出すかと思います(笑)
どうなりますことやら・・・
・・乞うご期待?
posted by マキティ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 可愛いモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。